ナビゲーションをスキップする

Synopsys Cloud で Azure 上のシリコン設計のイノベーションを加速する

2022年3月30日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Hardware Systems and Infrastructure

半導体とシリコン テクノロジは、あらゆる業界や日常生活で起こっているデジタル トランスフォーメーションの基盤であり、私たちの働き方、学び方、遊び方に影響を及ぼしています。シリコンのパフォーマンスとパワーを継続的に向上させることが、このイノベーションを可能にする鍵となっています。Microsoft は、半導体業界の長年のパートナーに、Azure のクラウド インフラストラクチャを採用してもらい、電子設計自動化 (EDA) をスケールアウトできるように支援してきました。Azure 上で動作する EDA に最適化された新しいクラウド環境である Synopsys Cloud は、シリコン設計チームが開発サイクルをスケーリングおよび加速できるようにし、クラウドがコンピューティングを変えたようにチップ設計を変えるという、業界にとって大きな節目となるものです。

Azure でシリコン開発の柔軟性と効率性を高める

世界的なチップ不足とコンピューティング需要の増加による市場投入までの時間短縮のプレッシャーの高まりにより、チップメーカーはシリコン設計プロセスにおける柔軟性と効率性を求めています。チップ設計を Azure の最適化されたインフラストラクチャに移行することで、重要な設計と検証のワークロードをクラウド上で実現し、この方程式の一部に対応することができます。結果として、より短い時間で、より良い品質を、より低コストで実現することができます。Azure 上に構築された Synopsys Cloud を使用すると、チップ設計者は、インフラストラクチャと EDA ツールの自動プロビジョニングを提供する新しい従量課金制モデルも利用できるようになり、増大するシリコン設計の需要に対応することができます。

この「従量課金制」モデルは、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) ベースのアプローチで、あらゆる規模の企業の障壁を取り除き、顧客と EDA ベンダーにとって同様に大きなイノベーションと価値を実現するものです。Azure のワークロード スケーリングと仮想マシン (VM) 選択機能の力を利用することで、Synopsys Cloud をお使いのお客様は、重要な EDA ワーク — ロードを最適化できます。これにより、検証タスクの処理時間が短縮されるだけでなく、実行時間を短縮し、ライブラリ特性に対するデザイン コンバージェンスを高速化できます。

クラウド上のチップ設計へのアクセスを拡大

Microsoft は長年にわたり、あらゆる規模の企業がクラウド上でより多くの可能性を解き放つことができるよう支援してきました。Azure の信頼性の高い包括的なクラウド プラットフォーム上で動作する強力なチップ設計/検証ツールを提供する Synopsys は、クラウド上で EDA を提供する Microsoft の推奨パートナーです。Synopsys のソリューションを利用することで、スタートアップ企業から大規模な設計企業のお客様まで、あらゆるチップ設計ニーズに対応したカスタム インフラストラクチャへのアクセスが容易になり、これまで不可能だったシリコンの構築や設計への取り組みができるようになります。

広範囲に影響を与えるイノベーション

EDA リソースのインテリジェントなスケーリングから、AI や機械学習モデルの活用による設計やリソース管理の変革まで、シリコン製造は既にクラウドの導入により大きな改善を見せています。クラウド中心のシリコン設計へのシフトにより、コンピューティング、ストレージ、ツール リソースへの新たなアクセスが可能になりました。最終的には、結果を得るまでの時間、結果の質、結果コストの改善は、クラウド対応 EDA が提供する機能強化のほんの始まりに過ぎません。クラウド上での設計がますます普及するにつれ、シリコン業界が Microsoft Cloud の力を利用して、新たなレベルの創意工夫に向けて革新を続けることを期待しています。

 

SNUG 2022 カンファレンスで、Synopsys の会長兼共同 CEO Dr. Aart de Geus 氏の基調講演と、Microsoft の会長兼 CEO サディア ナデラとの対談をお聞きください。

Synopsys 会長兼共同 CEO の Aart de Geus 博士と Microsoft 会長兼 CEO のサティア ナデラの写真

さらに学ぶ