ナビゲーションをスキップする

Azure Well-Architected

継続的なビジネス ニーズに合わせて最適化された、適切に設計されたクラウド ワークロードの設計と構築

クラウド ワークロードの設計、テクノロジー、実装に関する情報に基づいた決定を行う

実績のあるベスト プラクティス、ガイダンス、リソースのセットである Well-Architected Framework を使用して、時間の経過と共にビジネス価値を継続的に達成する高パフォーマンスの Azure ワークロードを実行します。継続的なビジネス ニーズを満たし、投資の価値を最大化する、より安全で高性能なクラウド ワークロードを構築するために必要なドキュメント、ツール、評価、プログラムを入手できます。

高品質のワークロードに対する 5 つの柱を理解する

Azure Well-Architected フレームワークの 5 つの柱は、信頼性、コストの最適化、オペレーショナル エクセレンス、パフォーマンス効率、セキュリティです。いずれの柱も重要ですが、特定のワークロードに基づいて優先順位を付けることができます。

これら 5 つの柱に従って、Microsoft のベスト プラクティスに沿ったリソースを使用して、高品質のワークロードを構築および管理します。これらのツール、プログラム、 およびガイダンスは次のとおりです:

  • 「Azure Well-Architected のレビュー」
  • 「Azure Advisor」
  • ドキュメント
  • 「パートナー、サポート、サービスオファー」
  • 「Azure アーキテクチャ センター」
  • 「適切に設計されたレコメンデーション プロセス」

信頼性: ユーザーと顧客に対して行う確約を満たす

信頼性をアプリケーション フレームワークに組み込むことで、アプリケーションをあらゆる規模で障害から復旧できるようにします。従来のアプリ開発では、信頼性を得るのに、アプリの障害を完全に防ぐための冗長なハイエンド ハードウェアのレイヤーを購入しなければなりませんでした。障害は不可避的に発生するため、1 つのコンポーネントで障害が発生した場合の影響を最小限に抑えようとしています。クラウドで信頼性を確保するための構築を行えば、高可用性アーキテクチャを実現し、データ損失、重大なダウンタイム、ランサムウェア インシデントなどの障害からの復旧が保証されます。

コストの最適化: クラウドへの投資から最大限の価値を得る

適切に設計されたワークロードのコスト最適化とは、不要な費用を削減し、運用効率を向上することを意味します。ビジネス目標と予算の妥当性のバランスを取ることで、経済的に効率的なワークロードを作成します。ワークロードのコストを最適化し、コストを節約し、請求書を理解して予測するのに役立つツール、オファー、ガイダンスを使用して、Azure の支出を管理します。

オペレーショナル エクセレンス: アプリを期待どおりに実行し続ける

Well-Architected Framework では、オペレーショナル エクセレンスによって、運用環境でアプリケーションを実行し続ける運用プロセスを網羅しています。デプロイは信頼性が高く、予測可能である必要があります。大規模なアプリケーションでは、仮想マシンにログインして問題のトラブルシューティングを行ったり、ログ ファイルを選別したりすることは現実的ではなく、不可能な場合もあるため、すべてのシステムを監視できる必要があります。監視と診断は、障害が発生したタイミングと場所を把握できるように、システムに関する分析情報を提供します。

パフォーマンス効率: 需要に合わせて動的にスケーリングする

適切に設計されたワークロードのパフォーマンス効率を実現するには、ビジネス要件を満たすために、クラウド環境の負荷増加を予測できる必要があります。ただし、オンプレミス環境とは異なり、容量を確保するために、予想される変更について長期的な予測を行う必要がなくなる場合があります。Azure ソリューションを使用してスケールアップまたはスケールアウトする際には、適切に設計された原則を通じて、パフォーマンス要件と予算の両方を考慮してください。

セキュリティ: 態勢の強化

適切に設計されたワークロードは、安全性の高いサービスとプラクティスの基盤に基づいて構築されています。セキュリティは、組織が運用、イノベーション、スケーリングを可能にする基本的な柱です。セキュリティは、あらゆるアーキテクチャの最も重要な側面の 1 つとして、データやシステムの攻撃や悪用に対する機密性、整合性、可用性の保証を提供します。物理データセンター、インフラストラクチャ、運用全体にわたる Azure の多層セキュリティでワークロードを保護し、AI を使用して進化する脅威を常に先に進めます。さらに、8,500 人を超えるグローバルな Microsoft サイバーセキュリティ エキスパートのチームに登録して、Azure 内の資産とデータを保護し、SecOps チームがビジネスにとって最も重要なことに集中できるようにします。

クラウド ワークロードに対して効果的な設計の選択を行い、価値を提供する

クラウド ワークロードを計画する際に、設計上の決定の潜在的な影響と、Azure Well-Architected Review を使用して Well-Architected Framework の 5 つの柱に基づいて最適化する場所を見つけます。

IoT、SAP、データ サービス、機械学習など、ワークロードの種類に合わせた評価を受け取ります。さらに、アプリケーションを実装してデプロイする場合でも、既存のアプリケーションを確認する場合でも、対応できる特定のレコメンデーションを取得できます。

リファレンス ガイドを使用してワークロード アーキテクチャをすぐに開始する

参照アーキテクチャと実装を使用して、適切に設計されたクラウド ワークロードの設計と開発を開始します。実績のあるベスト プラクティスと設計パターンを使用して、お客様の選択がビジネス目標を達成することを同僚に確信させます。

Azure アーキテクチャ センターには何百もの参照アーキテクチャがあり、アプリの目的と固有のコンテキストを提供する設計原則と GitHub でホストされるコード サンプルが見つかります。

開始する:

ビジネス ニーズに合わせて最適化されたクラウド ワークロードを維持する

デプロイ後、Well-Architected Framework をベースにした Azure Advisor を使用して、ワークロードのあらゆる側面を監視します。業界のベスト プラクティスと共に、パーソナライズされた推奨事項を使用して、Azure にデプロイされたリソースの評価を取得します。

ビジネスに対する価値を継続的に示す

Azure Advisor スコアを使用して Azure Advisor からのレコメンデーションに優先順位を付けます。Azure のベスト プラクティスをどの程度適切に採用しているかを評価し、まだ実装していない推奨事項と既に従っている Azure Advisor のレコメンデーションの影響を比較および定量化します。ギャップ分析では、最も影響の大きいアクションを最初に実行することで、デプロイを最適化する場所が示されます。評価を以前の結果と比較して、時間の経過と共に変化を確認し、進行状況を評価し、発生した場合に最適化する新しい方法を学習します。

自信を持って問題を解決する

適切に設計されたレコメンデーション プロセスのガイダンスとツールを使用して、Azure Advisor および Well-Architected レビューからのレコメンデーションをより簡単に実装します。レコメンデーションをタスクとして Azure DevOps、GitHub、またはその他の作業管理ツールに取り込み、プレゼンテーションを自動生成して、推奨事項をチームと共有します。

顧客がどのように Azure ワークロードの価値を最大化しているかを確認する

どのようなご用件ですか?