マイクロソフトのクラウド サービス継続性に関する最新情報 第 2 回

2020年3月28日 に投稿済み

先週の更新以降も、グローバルなパンデミックは規模の大小を問わずあらゆる組織、その従業員、そしてサービスを受ける顧客に影響を与え続けています。私ども一同は、すべてのお客様、とりわけ世界中のクリティカルな医療および安全機関様に、この未曾有の時期においても業務を継続していただけるよう、必要とされるクラウド サービスを通じた支援に精力的に取り組んでいます。またもう一方では、マイクロソフト製品を接続性の維持や、リモートでの仕事と気晴らしのためにお使いの数億人の方々も同様に支援すべく、サービスの提供に懸命に努めています。

マイクロソフト CEO の Satya Nadella も述べているように、「このような時期は、私たち一人ひとりが何らかの貢献を果たせること、そしてコミュニティとしての一致団結が大事であることを再確認するきっかけとなっています」。昨今の社会的な大混乱の中でも、マイクロソフトは皆さまが現状を切り抜けられるように支援するというコミットメントを堅持しています。

今週の更新では、お客様とパートナー様からよく寄せられているご質問や、そうした疑問への対処に役立つ情報についてお知らせしたいと思います。即時の対応が必要な何らかの問題がある場合は、以下のリソースをご参照いただくようお願いします。

Azure Service Health – お客様のワークロードに影響を与えている問題をすべて追跡し、Azure サービスの正常性を把握できます。
Microsoft 365 サービスの正常性および継続性 – Microsoft 365 サービスの正常性を追跡、把握できます。
Xbox Live (英語) – ゲームとサービスの状態を追跡できます。

先週にかけてはどのような状況が確認されましたか
医療当局によって社会的距離の重要性が強調されていることを受け、そのようなシナリオに対応する Microsoft Teams、Windows Virtual Desktop、Power BI といったサービスで使用量の増大が確認されています。

  • 社会的距離やシェルター イン プレイス (屋内退避) といった措置を発令している地域で、マイクロソフトのクラウド サービスの使用が 775% 増加しています。
  • 社会的距離やシェルター イン プレイス (屋内退避) といった措置が発令されているイタリアでは、Teams の通話と会議の月間ユーザー数が 1 か月で 775% 増加しています。
  • Teams の使用量が極めて著しく増加しており、1 日のユーザー数が 4,400 万人以上に達しています。これらのユーザーにより、Teams では 1 週間で 1 日あたり、のべ 9 億分間の会議と通話が発生しました。Teams のデータの詳細については、こちらの記事 (英語) をご覧ください。
  • Windows Virtual Desktop の使用量は 3 倍以上になりました。
  • 市民との COVID-19 関連ダッシュボードの共有を目的とした、政府による公開の Power BI 利用が、1 週間で 42% 急増しました。

先週に大枠を固めた優先規準に変更がありましたか
変更はございません。マイクロソフトでは引き続き、クリティカルな医療および安全機関へのサポートと、Teams のコア機能によるリモート ワーカーの活動維持を最優先事項としています。

特に、当面は以下に対して最高レベルのモニタリングを提供していきます。

  • ファースト レスポンダー (消防、救急医療、警察の派遣システム)
  • 緊急通話のルーティング用および緊急通報用のアプリケーション
  • 医療物資の供給管理および配送用システム
  • 事故や火災といった問題の発生時に緊急対応チームに向けアラートを発信するアプリケーション
  • 医療ボット、医療スクリーニング用のアプリケーションおよび Web サイト
  • 健康管理用のアプリケーションおよび記録システム

優先規準の設定によって、Azure の顧客はどのような影響を受けますか
マイクロソフトでは、すべてのお客様に最良のエクスペリエンスを提供するための調整を目的とした、若干の一時的な制限を実施しています。既存のお客様に向けたキャパシティを優先させるため、無料オファーに制限を加えています。また、新規のサブスクリプションにも一定の制限を課しています。これらは "ソフトな" 割り当て制限であり、お客様にはこうした制限の緩和に向けたサポート リクエストを上げていただけます。リクエストへの即時対応が不可能である場合は、(稼働中の 54 リージョンのうち) 需要の増大が比較的緩やかな、代替リージョンのご利用を奨励しています。需要の急増に対応するため、マイクロソフトでは早急に、適切なリージョンに新しいキャパシティを設けていく予定です。

サービス中断は発生しましたか
需要の大幅な増大があったにもかかわらず、重大なサービス中断は発生しておりません。先週にかけて使用量が急増した結果、一部のリージョン (北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、英国南部、フランス中部、アジア東部、インド南部、ブラジル南部) で大きな需要が発生しており、ある種のコンピューティング リソースのデプロイに関しては、こうしたリージョンでの成功率が通常の値である 99.99% を下回っています。

大部分のデプロイは依然として成功していますが (そのため割り当ての失敗が起こっているお客様には、デプロイの再試行をお勧めします)、マイクロソフトは問題が繰り返し生じているお客様に適切な緩和オプションを利用していただくためのプロセスを既に策定しています。マイクロソフトではこういった短期的な割り当て不足をサービス インシデントと見なしており、プラットフォームの既知の問題に向けた標準プロセスに従って、影響を受けているお客様には Azure Service Health を通じて対象ごとの最新情報と緩和ガイダンスを提供しています。

そうしたサービス インシデントの発生時に、マイクロソフトは顧客やパートナーとどのようにコミュニケーションを取っていますか
マイクロソフトは緩和とコミュニケーションの両方をどのように管理するか定めた、標準的な業務手続きを用意しています。影響を受けているお客様とパートナー様には、Azure ポータル内のサービス正常性エクスペリエンスや、Microsoft 365 管理者センターから通知を受けていただけます。

キャパシティの制限を防ぐためにマイクロソフトはどのような措置を講じていますか
マイクロソフトは新しいキャパシティの大幅な追加を急いでおり、それらは今後数週間のうちに利用可能となる予定です。それと同時に、マイクロソフトはサポート リクエストを監視し、必要があれば、お客様のスケジュールや要件に合わせて、代替のリージョンやリソース タイプの検討をご提案しています。このような需要の緩和に向けた取り組みが追いつかない場合、お客様にはデプロイ関連の断続的な問題に見舞われる可能性がございます。そういった問題が実際に生じた場合、影響を受けるお客様には Azure Service Health を通じて情報が提供されます。

Teams のエクスペリエンスに変更を施す必要はありましたか
Teams をお使いの世界中の皆さまに最良のサポートを提供するとともに、新たな利用拡大と需要増にも対応するため、マイクロソフトは一部の本質的ではない機能に対し、若干の一時的調整を施しました。その対象には、ユーザーのプレゼンスを確認する頻度や、相手がタイピングしている旨の表示間隔、そしてビデオ解像度などが含まれます。こうした調整によって、エンド ユーザーの皆さまの日々のエクスペリエンスが重大な影響を受けることはありません。

Xbox Live は Azure 全体のキャパシティに負担を与えていますか
マイクロソフトはパフォーマンスと使用傾向を積極的に監視し、世界中のゲーマーの皆さまのためにサービスを最適化できているかを確認しています。それと同時に、私たちは使用量の多い時期に備えて事前の措置を講じています。例えば、ゲーム更新のような多くの帯域幅を利用する活動はオフピークの時間帯に実施するなど、パブリッシング パートナーと共同で入念な対策を講じています。

家庭内のブロードバンド利用は、サービス継続性やキャパシティにどのような影響を与えていますか。何か ISP との特別な取り組みは行われていますか
マイクロソフトは世界中の ISP と定期的なコミュニケーションを取っており、必要に応じてキャパシティを拡張できるよう、共同の取り組みを積極的に進めています。特に、マイクロソフトが話し合いを続けてきた ISP のうち数社は、現在、平日のネットワーク パフォーマンスを確保するため、動画ソースに由来する帯域幅を低減させる措置を取っています。

私たちは今後も、Microsoft Azure ブログを定期的に更新していきます。


この記事は箇条書きの最初の内容を明確にするため、3 月 30 日に更新されました。