ハイブリッドでマルチクラウドの世界における安全でコンプライアンスに準拠した API

2019年11月6日 に投稿済み

Product Marketing Manager, Microsoft Azure

API はどこにでもあります。大企業全体でのアプリケーションの急速な増加により、不透明なプロセスやサービスの大規模なサイロが生まれることがよくあります。これにより IT 担当者が API をシステム的に管理、統制することが難しくなり、開発チームにとっては、既にある API に対する可視性を確保したり使用したりすることが困難になっています。

金融サービスなどの業界全体では、たとえば、オープン バンキング イニシアティブなど、手段としての API の採用がよりオープンになってきています。オープン バンキングは、よりオープンで機能豊富なエコシステムを作成するための API ファーストのアプローチで、サードパーティの参画を促進し、以前は注目されていなかったサービスの使用を金融業界に促します。

Azure API Management などの製品は、これらの問題に対処するために作成されました。すべての API を 1 つの中央の場所で管理できるようにすることで、お客様は認証、認可、スロットリング、変換ポリシーを適用し、アプリケーションに関連付けられた API の使用状況を簡単に監視することができるため、アプリケーションのポートフォリオに関して非常に重要である可視化をマクロレベルで実現することができます。

ますます接続された世界で成功するためには、次のようなことが実現できる API ファースト アプローチを採用することが重要です。

  • 活気に満ちた API エコシステムを形成してイノベーションを促進する。
  • ハイブリッドの世界で API をシームレスに保護し、管理する。

API は不確かな未来への懸け橋となり、荒々しい流れを安全に渡ることができます。

活気に満ちた API エコシステムを作成してイノベーションを促進する

Microsoft は、新しい機会がビジネス シーンに現れたら、それを即座に資本化できるようにするための、あらゆるツールを提供します。Microsoft のインフラストラクチャ テクノロジ (Kubernetes やサーバーレス コンピューティングなど) により、開発のベロシティは加速し、開発者は以前よりもはるかに高速に動くことができます。API 管理などの Microsoft の API テクノロジにより、新しい機会が影響を与え始めるまでのスピードが加速します。これは、パートナー、開発者、お客様、その他のサードパーティに、作成された新しいテクノロジを活用することができるチャネルをすばやく提供することで実現します。これらの種類のアクティビティは多くの場合、API 開発者ポータルなどのツールで行われます。

Azure API Management の開発者ポータルを使用すると、API に対するアクセス (およびコントロール) を簡単に付与することができます。開発者ポータルでは、API の使用方法に関するドキュメントが提供され、ユーザーはシンプルかつ簡単に作業を開始することができます。開発者ポータルは API ファースト アプローチの根幹をなす部分です。そしてこれが、Microsoft が大幅に改善された開発者ポータル エクスペリエンスの一般提供開始をお知らせしている理由です。

視覚的なユーザー インターフェイスを使用して開発者ポータルを簡単にカスタマイズできるようになり、ブランドを反映したエクスペリエンスを作成することができます。開発者ポータルはオープンソースで、拡張性を念頭に作成されています。Microsoft の厳密なリポジトリを利用して、それをお客様のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。最新の JAMstack テクノロジを使用して作成されており、ページの読み込み回数を大幅に減らし、可能な限りフリクションレスなユーザー エクスペリエンスを実現することができます。

このお知らせについての詳細情報は、リリースの Azure 更新情報をお読みください。

ハイブリッドの世界で API をシームレスに保護し、管理する

現在、最もよく使用されている API 管理ソリューションは、パブリック クラウドで実行されています。純粋なクラウドベースの API 管理サービスを利用することは、ほとんどのシナリオにおいて機能しますが、それが常に最適な選択であるとは限りません。コンプライアンスの要件により、情報は企業ネットワーク上に留めることが義務付けられる場合があり、また、クラウドへのアクセスが会社のポリシーで禁止されていることもあります。理由が何であれ、このようなシナリオではパブリック クラウドで実行されている API 管理サービスを利用することができず、サービスはオンプレミスで実行する必要があります。

お客様のハイブリッドの要件に応えるため、Microsoft はセルフホステッド型 API ゲートウェイである Azure Arc 対応 API Management のプレビュー開始をお知らせいたします。新しいセルフホステッド型 API ゲートウェイは、プライマリのクラウドベース API 管理サービスに置き換わるものではなく、ソフトウェアでの API 管理について不可欠な要素を提供することで、このサービスを強化します。また組織は、希望する場所で実行することができます。

Azure Arc 対応 API Management

オンプレミスやその他の環境でホストすることができる、Azure API Management ゲートウェイのコンテナー化したバージョンも追加され、Docker コンテナーのデプロイをサポートすることができます。内部のみ、および内部と外部の API に対する、より効率的な呼び出しのパターンがサポートされます。これは、クラウドベースの Azure API Management インスタンスから管理されます。Azure Arc 対応 API Management を使用すると、セルフホステッド型 API 管理ゲートウェイを自分のオンプレミス データセンターで実行したり、セルフホステッド型 API 管理ゲートウェイを別のクラウドで実行したりすることができます。

リリースされた Microsoft のホワイトペーパー「API management in a hybrid and multi-cloud world (ハイブリッドおよびマルチクラウドの世界での API 管理)」をお読みください。Azure Arc 対応 API Management についてのより技術的な詳細情報と、このアプローチを採用することによるお客様への戦略的なメリットが記載されています。

または、無料の Microsoft Azure 試用版を開始し、ご自分で API Management を確認することもできます。

未来へ向けて一歩踏み出す

API は、ビジネスで通信を続けるための方法です。API はますます成長を続けており、API 製品は今現在も増え続けています。多くのさまざまな企業が API ファースト製品を提供しており、それは、API 戦略を熟考することが、あらゆるビジネス戦略を前に進めるための鍵となることを強く裏付けています。

お客様に適切な API と API Management についての詳細は、Azure での API Management をご覧ください。


Azure。目的を持って創造する。