ナビゲーションをスキップする

新しい Azure VMware Solution の更新とグローバルな拡張により、お客様の成功に貢献

2021年10月5日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Dedicated

今回のパンデミックを受けて、多くの組織がデジタル トランスフォーメーションやクラウド導入の取り組みを大幅に加速させ、混乱を緩和し、効率性を高め、スケーラブルなインフラストラクチャを活用できるようになることを求めています。Microsoft は、お客様のビジネスに適した方法でクラウドを導入するための柔軟性と選択肢を提供しています。

お客様のクラウドの開始方法はそれぞれ異なるため、Microsoft は、お客様が自分の条件でクラウドに移行し、現在のビジネス プラットフォームや投資のサポートを維持できるよう支援します。Azure VMware Solution は、お客様に選択肢を提供するための主要な手段の 1 つであり、Microsoft は提供リージョンの拡大、新機能の追加、さらなる統合の提供を継続して行っています。

Azure VMware Solution は、既存の VMware Private Cloud を拡張および移行し、Azure 上でネイティブに実行するための簡単な方法です。Azure VMware Solution はオンプレミス環境との対称性を提供しているため、データセンターの移行を加速させ、クラウドのメリットを早期に実現することができます。この対称性は、IT チームが、オンプレミスの VMware 環境で行った時と同じ VMware のスキル、プロセス、投資を活用できることにもつながります。Azure ハイブリッド独自のメリットや、Windows Server および SQL Server の拡張セキュリティ更新プログラムと組み合わせることで、Azure VMware Solution は、クラウドで VMware をシームレスに移行して実行するための、最も高速でコスト効率の高い方法の 1 つとなります。

Microsoft のアプローチは、旅行、教育、テクノロジなど、さまざまな業界のお客様から明確に共感を得ています。

Microsoft のソリューションにより、当社のデジタル トランスフォーメーションが加速しています。既存のアプリケーションのセキュリティを最大化し、運用コストを削減することは、その行程の重要な要素です。そして Azure VMware Solution を使用することで、これらをコスト効率よく、簡単かつ迅速に Azure に移行することができました。」 — Juan Pablo Sanchez Gandur 氏 (クラウド プラットフォーム マネージャー、Avianca Airlines)。

Azure VMware Solution には VMware のライセンスが含まれているため、そのコスト削減だけでも大きな効果がありました。ネットワーク機器やストレージ ハードウェア、デプロイのプロフェッショナル サービスが不要になり、大学にとっては 6 桁のコスト削減になりました。」 — Mari Lovo 氏 (クラウド インフラストラクチャ サービス担当ディレクター、マイアミ大学)

当社のクラウド移行では、データ センターでのハードウェアの運用および保守に伴うコストを削減する必要がありました。当社が Azure VMware Solution を選択したのは、ユーザーへの影響を軽減し、大規模な移行の課題を回避しながら、当社の仮想サーバー資産の既存の運用および管理システムを維持できるからです。Azure VMware Solution によって、当社の VMware 仮想化環境の運用を中断することなく、VM の一括移行を同時に行うことができました。同時に、古いバージョンのゲスト OS から移行することもでき、もちろん Azure PaaS サービスとの統合のメリットも活用できました。」 — 木村良仁氏 (情報システム サービス部企画室、日本ユニシス)

グローバルな展開

1 年前に Azure VMware Solution の提供を開始して以来、Microsoft は地理的な拡大を図りながら、グローバルにお客様をサポートしてきました。本日、Azure VMware Solution に 2 つの新しいリージョン、 ブラジル南部と米国東部 2 が追加されました。これにより、Azure VMware Solution を世界の 17 の Azure リージョンで利用できるようになりました。

VMworld Blog の地理的な提供状況

お客様は、クラウドへの移行を加速させるリフトアンドシフト オプションを探していますが、リージョンの可用性は最も重要な検討事項の 1 つです。サービスの拡大に伴い、今後予定されている提供状況の詳細については、リージョン別の Azure 製品の Web ページをご覧ください。

プラットフォームの機能強化

Microsoft は、VMware のエンジニアリング チーム、お客様、規制機関と緊密に連携し、Azure VMware Solution であらゆる業界の企業に堅牢でコンプライアンスの高いプラットフォームを提供できるようにしています。

Azure VMware Solution は現在、50 以上のグローバルおよび業界の認定を受けています。最近では、Azure VMware Solution は Microsoft Azure において、FedRAMP Joint Authorization Board (JAB) が発行する Federal Risk and Authorization Management Program (FedRAMP) High Provisional Authorization to Operate (P-ATO) を取得しました。この認証は、非常に機密性の高い個人および公共部門のデータを扱う、公共部門、業界、企業の幅広いユース ケースに対して、Azure VMware Solution のセキュリティとコンプライアンス遵守を証明するものです。

また、Microsoft と VMware とのパートナーシップは、お客様のコアなニーズを満たすプラットフォームを実現するために不可欠です。両社のエンジニアリング チームは、VMware Cloud Foundation をベースとしたソリューションの開発において緊密に連携しており、お客様は Azure 上で動作する VMware オファリングの最新ポートフォリオで環境を拡張することができます。この分野での最新の更新は以下の通りです。

当社と Microsoft のパートナーシップは、常にお客様の課題解決を中心に据えています。Azure VMware Solution に対する我々の共同の取り組みは、お客様がアプリケーションやクラウドのモダン化の取り組みを、従来のアプローチよりも少ないリスクと優れた経済性で加速できるように設計されています。お客様の関心が Azure VMware Solution の急速な成長と拡大を後押ししており、今後も Microsoft と共にお客様をサポートしていきたいと思います。」 — Mark Lohmeyer 氏 (シニア バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャー、クラウド インフラストラクチャ ビジネス グループ、VMware)

シームレスな Azure エクスペリエンス

Azure の幅広いサービスを活用する上で、リソースの一元管理、最適化、モダン化を継続的に行えることが、お客様からの要望の中心となっていました。  Azure VMware Solution は Azure であり、クラウド上で VMware を実行するファーストパーティの Azure サービスです。また、その他の Azure サービスと同様に、Microsoft は Azure portalを介して Azure VMware Solution リソースの管理を簡素化することに注力しています。本日は、Azure portal を通じて、IT プロフェッショナルのエクスペリエンスを簡素化するためのいくつかの発表をご紹介したいと思います。

  • Azure VMware Solution の Run コマンドのプレビューの提供が開始されました。Azure VMware Solution のポータルで公開されたこれらの Run コマンドは、vCenter 上での特定の操作の実行を簡素化するのに役立ちます。この機能により、お客様は高い権限を必要とする管理タスクを Azure から簡単に実行できるようになりました。詳細についてはこちらを参照してください
  • Azure VMware Solution のプレースメント ポリシーのプレビューが開始され、Azure VMware Solution プライベート クラウド内で仮想マシン (VM) を割り当てる際に、管理者が制約やルールを指定するプロセスが簡素化されました。これにより、VM のパフォーマンスと可用性を容易に向上させることができ、ソフトウェアによるデータ センター (SDDC) の保守運用時にホスト グループを更新する複雑さが軽減されます。詳細についてはこちらを参照してください
  • Azure VMware Solution の Azure ディスク プールのプレビューが開始されました。これにより、お客様に永続的なストレージ オプションが提供され、Azure 上で動作する VMware ワークロードのためのスケーラブルでコスト効率の高いクラウド ストレージにより、お客様のデータ ニーズに柔軟に対応できます。詳細についてはこちらを参照してください
  • Azure NetApp Files 上の Azure VMware Solution Network File System (NFS) データストアは、現在プライベート プレビュー中です。Azure ディスク プールと同様に、お客様の Azure VMware Solution ソリューション環境のストレージをコンピューティングとは別にスケーリングすることができます。詳細についてはこちらを参照してください

パートナー エコシステムの統合と拡張

Azure VMware Solution のパートナー エコシステムは、お客様がクラウド移行の目標を達成するために不可欠です。現在、Microsoft は VMware エコシステムの主要な独立系ソフトウェア ベンダーのソリューションを統合しており、この Azure VMware Solution のパートナーから成る素晴らしいネットワークを拡大し続けています。

Microsoft はパートナーとの連携をシステム インテグレーター (SI) にも拡張しており、Azure SI コミュニティと緊密に連携して、Azure VMware Solution への対応を進めています。Microsoft の SI パートナーにとっての成功要因の 1 つは、Azure VMware Solution アドバンスト スペシャライゼーションの開始です。これによりパートナーは、Azure VMware Solution イニシアチブを実行するために必要なスキルの検証、構築、開発を行うことができます。

  • Citrix VDI on Azure VMware Solution が Azure VMware Solution でサポートされるようになりました。特に最近では、仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) のワークロードのクラウド移行とスケーリングがビジネスの優先課題となっています。Microsoft は現在の Citrix とのパートナーシップを拡張しており、お客様が VMware 上で稼働している Cirix VDI を Azure に簡単に移行するための選択肢が増えました。Citrix は、Azure VMware Solution の公式サポートを発表しました。
  • Jetstream DR for Azure VMware Solution のプレビュー版が公開されました。これにより、ビジネスやミッションクリティカルなアプリケーションに必要なディザスター リカバリー (DR) 保護がお客様に提供されるとともに、Azure Blob Storage などのクラウド ストレージを活用してコスト効率を高めることができます。詳細についてはこちらを参照してください

さらに学ぶ

Azure VMware ソリューションは Azure portal で今すぐご利用いただけます。試用版にご興味のある方は、担当の Microsoft アカウント チームにお問い合わせください。

Azure VMware Solution の詳細については、Azure VMware Solution の Web サイトをご覧ください。Azure VMware Solution の最新のリリース情報をご希望の方は、Azure の更新情報をフォローしてください。

VMware vRealize は、米国およびその他の国および地域における VMware, Inc. またはその子会社の登録商標です。