メイン コンテンツにスキップ

Microsoft が IDC MarketScape: Worldwide General-Purpose Computer Vision AI Software Platform 2022 Vendor Assessment (ドキュメント #US49776422、2022 年 11 月) でリーダーに選出されたことをお知らせします。

IDC MarketScape ベンダー分析モデルは、特定の市場における ICT サプライヤーの競合的適応の概要を提供するように設計されています。この研究手法では、定性的と定量的の両方の条件に基づく厳密なスコア付け方法を採用しており、特定の市場における各ベンダーの位置付けを 1 つのグラフィックで示すことができます。機能スコアは、ベンダー製品、市場進出、ビジネス実行を短期で測定します。戦略スコアは、3 年から 5 年の期間における顧客の要件に応じたベンダー戦略の調整を測定します。ベンダー マーケット シェアは、アイコンのサイズで表されます。

2022 IDC MarketScape Computer Vision AI Software Platforms では、能力と戦略によってランク付けされたリーダーが明らかにされています。リーダーには、Microsoft、Google、AWS、Clarifai、Chooch、Cogniac が含まれます

ディープ ラーニングと AI 研究を基盤にした Azure Cognitive Services for Vision は、幅広いお客様のニーズに対応できるよう、柔軟性がありスケーラブルな設計となっています。Microsoft の Vision サービスは、画像およびビデオ解析、テキスト認識、顔認識、画像キャプション、モデルのカスタマイズなど、開発者がアプリケーションに簡単に組み込めるよう、ビルド済みおよびカスタム API のコレクションを提供しています。Microsoft は、コンピューター ビジョンの研究コミュニティに積極的に貢献し、この分野をさらに発展させ、最先端のコンピューター ビジョン テクノロジへのアクセスを民主化することを促進してきました。

Microsoft の強み

IDC MarketScape レポートでは、Microsoft の戦略と能力が評価され、Microsoft はリーダー カテゴリに認定されました。今回の認定は、あらゆる規模、あらゆる業種の組織に、最先端かつ責任のある、顧客を中心に据えた AI 製品を提供するという Microsoft のコミットメントを証明するものだと考えています。

1) 最先端テクノロジでお客様をサポート

Microsoft を差別化する大きな強みのひとつは、お客様の最先端テクノロジの商品化をお手伝いすることだと考えています。次に例を示します。

  • Uber は、ビジョン サービスの顔認識を使用してセキュリティをサポートしています。
  • H&R Block は、テキスト認識を使用して税申告を変革しています。
  • KPMG は、テキスト、画像、映像の分析を使用して、銀行の顧客が金融リスクを特定できるよう支援しています。 
  • Territorium は、リモート試験監督プラットフォームの構築と提供、および学生の本人確認を行っています。

Dall-EFlorence などの最近の進歩により、Microsoft は業界のリーダーとしての地位を確固たるものにしています。さらに、Microsoft の OCR と Azure Form Recognizer の機能が大幅に強化され、300 以上の言語と、契約書、請求書、W2s、ID 文書、領収書、名刺などの幅広いビルド済みおよびカスタムのフォーム モデルがサポートされ、手書きとカスタマイズ機能もアップグレードされています。Microsoft は今後も、最新の OpenAI 言語モデルを Microsoft の Vision サービスに統合し、深い知識のクエリを可能にすることで、お客様向けのソリューションをさらに進化させていきます。

2) 責任ある AI

責任ある AI も、Microsoft が得意とする分野だと考えています。Microsoft は、倫理的で透明性の高い AI に取り組んでおり、Microsoft の製品やサービスが業界の基準や規制に沿ったものであることを確認するための強固なプロセスを導入しています。Microsoft は、公平性、信頼性、安全性といった AI の原則に基づき、AI ソリューションの開発やデプロイを進めています。Microsoft は、責任ある AI は旅であると認識しており、発見とお客様からのフィードバックに基づいて変更を加えることを恐れていません。たとえば、2022 年 6 月には、追加のセーフガードと公正なテストとツールを備えた新しい"責任ある AI の標準" を発表して実装しました。これには、画像が顔認識に適しているかどうかを開発者が判断できるようにするための新しい API が含まれています。また Microsoft は、人々がステレオタイプや差別、不当なサービス拒否にさらされることなど、感情に関する属性の悪用から保護するために感情検出 AI を段階的に廃止する計画も共有しています。

3) お客様とパートナーによるエコシステム

Microsoft はまた、お客様やパートナーの皆様との強力なエコシステムも、大きな差別化要因だと考えています。Microsoft は、Microsoft のテクノロジに信頼を寄せるパートナー、サービス プロバイダー、ISV のグローバル ネットワークを持ち、それぞれのビジネスを強化しています。Microsoft は、お客様と密接に連携し、お客様独自のニーズを理解し、測定可能な結果をもたらすカスタムのソリューションを開発するとともに、お客様がビジョン サービス オファリングを実験、採用し、スケーリングする機能をサポートしています。

コンピューター ビジョンと AI がデジタル時代においてますます重要な役割を果たす中、Microsoft は、あらゆる規模、あらゆる業種の組織がコンピューター ビジョンの力を活用し、生産性、効率性、安全性、持続可能性、包括性を向上できるような支援に力を入れています。画像キャプションによる検索エンジン最適化から、異常検知、本人確認のための顔認識、放射線治療、自律走行まで、Microsoft のプラットフォームはさまざまなユース ケースをサポートし、ビジネス価値を高める分析情報を提供します。

IDC MarketScape でリーダーに認定されたことは、最先端かつ責任感のある、顧客志向のソリューションを提供する Microsoft のチームの努力を証明するものだと思っています。Microsoft は今後も研究開発への投資を続け、お客様やパートナーと密接に連携しながら、AI を活用した次世代イノベーションを推進していきます。

Azure AI と Computer Vision がどのように道を切り開くかについての詳細情報

詳細については、IDC MarketScape: General-Purpose Computer Vision AI Software Platforms 2022 Vendor Assessment をご覧ください。また、お客様の組織がコンピューター ビジョンの力を解き放つのに Microsoft のプラットフォームがどのように役立つかをご確認ください。 

  • Explore

     

    Let us know what you think of Azure and what you would like to see in the future.

     

    Provide feedback

  • Build your cloud computing and Azure skills with free courses by Microsoft Learn.

     

    Explore Azure learning


Join the conversation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *