Linux on Azure App Service Environment の一般提供

2018年8月8日 に投稿済み

Program Manager, Azure App Service

Azure 仮想ネットワークでの Linux Web アプリまたはコンテナー化された Web アプリのデプロイにご関心をお持ちでしょうか。Azure App Service チームは、App Service on Linux の機能と App Service Environment の機能が組み合わされた、Linux on Azure App Service Environment (ASE) の一般提供を発表します。パブリック プレビューをリリースしたときに発表したとおり、Linux をご利用のお客様が、App Service Environment で Linux アプリとコンテナー化されたアプリをデプロイできるようになります。これは、アプリケーションを VNet にデプロイして安全なネットワーク アクセスを実現したり、アプリを大規模に実行したりするのに最適です。 

Linux on ASE でできること

Linux on ASE では、ご自分のカスタム コンテナーを持ち込んで Linux Web アプリケーションを Azure 仮想ネットワーク (VNet) にデプロイしたり、組み込みのイメージのいずれかを使用してご自分のコードのみを持ち込んだりできます。

  • ご自分のカスタム Docker コンテナーを持ち込みたい場合は、DockerHub、Azure Container Registry、またはご自分のプライベート レジストリからイメージを持ち込むことができます。
  • 組み込みのイメージのいずれかを使用したい場合は、Node、PHP、Java、.NET Core など、人気のある多数のスタックがサポートされており、今後も増える予定です。

Windows Web アプリケーション、Linux Web アプリケーション、コンテナー化された Web アプリケーションを同じ ASE にデプロイして、それらに共通の VNet を使用できます。Windows Web アプリと Linux Web アプリは同じ App Service Environment にデプロイできるものの、それぞれ別の App Service プランを使用する必要があることに注意してください。Linux on ASE では、Dv2 VM と追加のスケーリング機能 (1 つの ASE において、Windows と Linux の間で最大合計 100 の App Service プラン インスタンス) を備えた Isolated SKU を使用することになります。

どの種類の ASE がお客様のユース ケースに最も適しているかを決定するには、ASE でホストされるアプリの公開に使用する IP の種類を考慮する必要があります。パブリックとプライベートのどちらになるでしょうか。インターネットでアクセス可能なエンドポイントを必要とするかどうかに従って、2 つの異なる ASE を作成できます。

  • インターネットでアクセス可能なエンドポイントを使用する外部 ASE
  • 内部ロード バランサー (ILB) を備えた VNet 内でプライベート IP アドレスを使用する内部 ASE

Microsoft のドキュメント ページで、作業を開始する手順のほか、ASE のネットワークを構成する方法の詳細をご確認いただけます。

プレビューからの料金の変更

App Service Environment にデプロイされた Linux アプリとコンテナー化されたアプリの料金は、App Service on Linux と App Service Environment の通常の料金に戻っています。パブリック プレビューにおける Linux App Service プランの 50% 割引は一般提供では削除されており、利用できなくなっています。

追加された新しいリージョンおよび国

Linux on ASE を利用できるリージョンおよび国は、パブリック プレビューから、20 を超える App Service on Linux のすべてのリージョンおよび国に拡大されました。

  • オーストラリア東部
  • オーストラリア南東部
  • ブラジル南部
  • カナダ中部
  • カナダ東部
  • インド中部
  • 米国中部
  • 東アジア
  • 米国東部
  • 米国東部 2
  • 東日本
  • 西日本
  • 韓国中部
  • 韓国南部
  • 米国中北部
  • 北ヨーロッパ
  • 米国中南部
  • インド南部
  • 東南アジア
  • 英国南部
  • 英国西部
  • 米国中西部
  • 西ヨーロッパ
  • インド西部
  • 米国西部
  • 米国西部 2

開始方法

新しい Web アプリを作成して Linux を OS (組み込みのイメージ) として選択し、Docker (カスタム コンテナー) を選択するか、または新しい Web App for Containers (カスタム コンテナー) を作成するだけで、Linux Web アプリを新しい ASE に作成できます。

より詳細な手順が必要な場合は、こちらの手順に従って作業を開始し、最初の Linux Web アプリやコンテナー化された Web アプリを ASE に作成してください。

皆様からのご意見やご要望をお待ちしています。Web Apps フォーラムを使用して、ぜひ Linux on ASE に関するフィードバックをお寄せください。

概要

こちらのブログ記事では、Linux on App Service Environment の一般提供に関してよく寄せられる質問とその回答をご確認いただけます。