Microsoft Azure Modular Datacenter のご紹介

2020年10月20日 に投稿済み

General Manager, Azure Global Industry Sovereign Solutions

Microsoft では、僻地を含むハイブリッドまたは厳しい環境でクラウド コンピューティングの機能を必要とするお客様向けに、Azure Modular Datacenter (MDC) を設計しました。今回の発表内容は、世界中のどこにでも人工衛星による接続性を拡張できる Azure Space のオファリングとパートナーシップによって完全なものとなります。シナリオは、移動式指令拠点から、人道支援、軍事的任務のニーズ、鉱物探査や、Azure での強力かつ安全なコンピューティングを必要とするその他のユース ケースに及びます。

MDC によって、アプリを Azure に移行する方法がお客様に提供されると同時に、独自のデータセンターへの待機時間の短い接続を使ってこれらのワークロードをオンプレミスで引き続き実行できます。これにより、ワークロードを Azure API に転換させるための足掛かりが提供され、これらのアプリをオンプレミスで継続して実行するか、パブリック クラウドまたはソブリン クラウドで実行するかを選択できます。

Azure を必要とする場所で

僻地での Modular Datacenter

世界中には、通信が低質だったり、ネットワークの利用が妨げられていたり、専用のインフラストラクチャへのアクセスが制限されていたりすることで、以前はクラウド コンピューティングが活用できなかった悪条件の地域で、クラウド コンピューティングとストレージに対する大きなニーズがあります。MDC により、Azure がこれらの環境に導入され、データセンター規模のコンピューティング リソースが、それを必要とする場所の最も近くで提供されるので、そのことが解決されます。

MDC を利用すると、自給式のデータセンター ユニットと野外で運搬可能なソリューションをデプロイでき、ほぼ即座に価値がもたらされます。このユニットは、広範な気候と過酷な条件で動作できる、耐久性を高めた、無線周波数 (RF) を遮蔽するユニットです。デプロイされると、温度や湿度だけでなく、水平面でさえも障害となる可能性がある場所で、重要なインフラストラクチャとしての機能を果たすことができます。

MDC によって、コンピューティングおよびストレージ機能の現場での増強、野外での高パフォーマンス アプリケーションの管理と運用、非常に短い待機時間が要求される IoT およびリアルタイム分析ワークロード、重要なインフラストラクチャの回復をサポートするクラウド アプリケーションの立ち上げが可能になります。

接続性

MDC の主な差別化要因は、お客様が完全にネットワークに接続、断続的に接続、または完全に切断された状態でユニットを実行できることです。これは、お客様の条件に従って Azure クラウドの機能にアクセスすることを可能にする、唯一の強力な機能です。

衛星通信のオプション

飛行場にデプロイされた Modular Datacenter

Microsoft は、野外にデプロイされた MDC ユニットへの安全で信頼性の高い接続性のためのオプションを提供するために、衛星事業者と提携しています。

この接続性は、ネットワークのパフォーマンスを継続的に評価するネットワーク高可用性モジュールによって実現されます。ネットワークの中断が発生した場合、ネットワーク高可用性モジュールによって、トラフィックが影響を受けたネットワークからバックアップの衛星接続に移されます。この回復性により、Azure を通じた必須のハイパースケール サービスの提供を確実に継続できます。また、MDC では他のネットワークが利用できない場所で衛星通信をプライマリ接続として使用することもできます。

準備はできています

ビルに隣接した Modular Datacenter

MDC ユニットは、防衛分野および民間組織において使用が始まったところです。詳細については、Microsoft の担当者にお問い合わせください。