ナビゲーションをスキップする

Azure Purview での Azure SQL Database からの動的な系列抽出の概要

2022年3月8日 に投稿済み

Chief Technology Officer, Azure Data

技術者およびビジネス ユーザーを含むデータ市民は、根本原因分析、影響分析、データ品質トレースなどのデータ ガバナンスのアプリケーションにデータ系列を利用しています。データが場所 (オンプレミスから、およびクラウド間) やデータ プラットフォームやアプリケーションをまたいで流動的に移動する現在のデータ環境では、データの系列をマッピングすることがますます重要になっています。これが、現在プレビュー中の動的な系列抽出を導入する理由です。

従来のシステムでは、データ変換スクリプト (別名静的コード分析) を解析することで系列を割り出していました。これは単純なシナリオではうまく機能します。たとえば、SQL スクリプトを使用して、Customer と Sales という 2 つのテーブルを結合して、Customer_Sales というターゲット テーブルを作成する場合、静的コード解析でデータ系列のマッピングが可能です。しかし、多くの実際のユース ケースでは、データ処理のワークロードは非常に複雑です。スクリプトは、パラメータ化され、動的 SQL を使用するストアド プロシージャにラッピングされている可能性があります。実行時に異なるスクリプトを実行する if then else ステートメントを持つデシジョン ツリーが存在する可能性もあります。または、単純にデータ トランザクションが実行時のコミットに失敗している可能性もあります。

これらのすべての例では、系列を効率的に追跡するために動的な解析が必要です。さらに重要なことは、静的な系列解析では、データとプロセスをランタイム メタデータと関連付けることができないため、お客様のアプリケーションに大きな制約が生じるということです。たとえば、ストアド プロシージャがいつ、誰によって、どのアプリケーションから、どのサーバーで実行されたかを動的にコード化することで、お客様はプライバシーを管理し、規制に準拠し、分析情報を得るまでの時間を短縮し、データとプロセス全体をよりよく理解できるようになります。

動的データ系列 - Azure SQL Database

本日、Azure Purview での Azure SQL Database からの動的な系列抽出のプレビュー リリースを発表します。Azure SQL Database は、企業で最も広く利用されているリレーショナル データベースシステムの 1 つです。ストアド プロシージャは、ダウンストリーム アプリケーション向けに SQL テーブル上でデータ変換や集計を実行するために一般的に使用されています。今回のリリースでは、Azure Purview Data Map がさらに強化され、Azure SQL Database で SQL ストアド プロシージャを実際に実行した際の実行状況、影響を受けた行数、ストアド プロシージャが実行されたクライアント、ユーザー情報などの運用の詳細など、動的な系列メタデータを利用できるようになりました。

静的系列と動的系列

静的コード分析からの系列メタデータの制限 *

実際の実装では、Azure Purview Data Map が SQL エンジンのインストルメンテーション フレームワークを利用し、実行時ログを抽出して動的な系列を集計しています。実行時ログには、データ操作用に SQL エンジンで実際に実行されたクエリも含まれており、Azure Purview を使ってデータ系列をマッピングし、さらに詳細な来歴情報を収集することができます。Azure Purview のスキャナーは 1 日に数回実行され、Azure SQL Databases の動的系列と来歴の鮮度が維持されます。

動的な系列抽出のための SQL インストルメンテーション フレームワーク

Azure SQL Databases からの Azure Purview 動的データ系列の詳細については、ビデオをご覧ください。

クリックしてビデオを視聴

Azure Purview を使用して今すぐ開始する

Azure SQL Databases とのネイティブな統合による動的系列と来歴の抽出は、この種のものとしては初めてであり、Azure Purview がその行程をリードしています。開始するには、次の手順をご覧ください。

  • Azure Purview のアカウントをすばやく簡単に作成し、一般提供開始されている機能を試すことができます。
  • Azure SQL Database を Azure Purview アカウントに接続し、動的なデータ系列を行う方法については、クイックスタート ドキュメントをご覧ください。