ナビゲーションをスキップする

Azure Ebsv5 VM によるリモート ストレージのパフォーマンス向上 - 一般提供開始

2022年4月5日 に投稿済み

Senior Program Manager

Microsoft は 2021 年 11 月の Microsoft Ignite で、第 3 世代 Intel Xeon Platinum 8370C プロセッサ ベースのメモリ最適化 Ev5 Azure 仮想マシン (VM) シリーズを発表しました。Ev5 VM は、メモリ集約型のビジネスクリティカルなアプリケーション、リレーショナル データベース サーバー、インメモリ データ分析ワークロード向けに設計されています。

本日、Ev5 Azure VM ファミリに新たに加わった Ebsv5 VM シリーズの一般提供を開始することを発表します。Ebsv5 および Ebdsv5 VM は、最大 120,000 IOPS、4,000 MBps のリモート ディスク ストレージのスループットを提供します。また、最大 512 GiB の RAM とローカル SSD ストレージ (最大 2,400 GiB) が搭載されています。この新しい VM シリーズは、前世代の VM と比較してリモート ストレージのパフォーマンスが最大 3 倍向上しており、既存のワークロードをより少ない VM または小さい VM サイズに統合して、潜在的なコスト削減を達成することができます。さらに、Ebdsv5 シリーズはローカル ディスクを搭載しており、Ebsv5 はローカル ディスクを搭載していないため、お客様のワークロード要件に最適にマッチさせることができます。リージョンごとの提供状況を確認するには、リージョン別 Microsoft Azure 製品をご覧ください。

Ebsv5 および Ebdsv5 VM シリーズ

お客様がビジネスクリティカルなアプリケーションをクラウドに移行する際、可用性、ビジネス継続性、耐障害性、パフォーマンス、コスト、複雑さなど、さまざまな要件のバランスをどのように取るかという疑問が生じます。Microsoft は、お客様にクラス最高のサービスを提供するために、Intel などのテクノロジ ベンダーと提携し、彼らの最新のイノベーションを Azure IaaS に組み込んでいます。この強力なコラボレーションにより、Azure は、お客様がクラウドに期待するインフラストラクチャの効率とパフォーマンスの改善を継続的に実現します。

たとえば、お客様は通常、オンライン トランザクション処理システム、データ ウェアハウス アプリケーション、分析アプリケーションなどの大規模なデータベース ワークロードを、メモリ最適化 Ev5 VM シリーズにデプロイしています。Ev5 VM は多くのビジネスクリティカルなアプリケーションのパフォーマンス要件を満たしていますが、ワークロードによっては、VM からディスクへのスループットと 1 秒あたりの入出力処理 (IOPS) パフォーマンスに対してさらに高い要求がある場合があります。これは現在、Ebsv5 VM シリーズによって提供されています。より高いスループットと IOPS を必要とするワークロードを、前世代の Ev4 VM シリーズやコア vCPU に制約のある Azure VM から Ebsv5 VM に移行することで、インフラストラクチャおよびそれらのインスタンス上で実行するライセンス付与型商用ソフトウェアの両方のコストを削減できるようになりました。

Ebsv5 シリーズ VM の仕様:

サイズ

vCPU

メモリ
GiB

キャッシュが無効な場合の最大ディスク スループット:IOPS/MBps
(Premium SSD)

キャッシュが無効な場合の最大ディスク スループット:IOPS/MBps
(Ultra Disk)

キャッシュ不使用時の最大バースト ディスク スループット (IOPS/MBps)
(Premium SSD)

バースト キャッシュが無効なディスクの最大スループット
IOPS/MBps
(Ultra Disk)

Standard_E2bs_v5

2

16

5500/156

7370/156

10000/1200

13400/1200

Standard_E4bs_v5

4

32

11000/350

14740/350

20000/1200

26800/1200

Standard_E8bs_v5

8

64

22000/625

29480/625

40000/1200

53600/1200

Standard_E16bs_v5

16

128

44000/1250

58960/1250

64000/2000

85760/2000

Standard_E32bs_v5

32

256

88000/2500

117920/2500

120000/4000

160000/4000

Standard_E48bs_v5

48

384

120000/4000

160000/4000

120000/4000

160000/4000

Standard_E64bs_v5

64

512

120000/4000

160000/4000

120000/4000

160000/4000

Ebdsv5 シリーズ VM の仕様:

キャッシュされない IOPS/スループットの仕様は、Ebsv5 VM と同じです

サイズ

vCPU

メモリ
GiB

一時ストレージ
GiB

最大キャッシュ ディスク スループット: IOPS/MBps

Standard_E2bds_v5

2

16

75

9000/125

Standard_E4bds_v5

4

32

150

19000/250

Standard_E8bds_v5

8

64

300

38000/500

Standard_E16bds_v5

16

128

600

75000/1000

Standard_E32bds_v5

32

256

1200

150000/1250

Standard_E48bds_v5

48

384

1800

225000/2000

Standard_E64bds_v5

64

512

2400

300000/4000

お客様導入事例

プレビュー期間中は、さまざまな Azure のお客様とコラボレーションする機会が得られました。SAS、Blue Yonder、Silk などの企業が、新しい VM の性能をテストしてくれました。

図 7

SASは、分析のリーダーです。SAS は、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中のお客様に、データをインテリジェンスに変える力と影響を与えています。

「Microsoft は、大量のデータを処理するために高い IO スループットを必要とするアプリケーション向けに、Ebdsv5 Azure Virtual Machines シリーズを発表しました。同時実行の混合分析ワークロードのパフォーマンスを測定するために、いくつかのコンピューティングと IO 集中型のテストを実行しています。Ebdsv5 VM は、外部ストレージへの IO スループットを向上させ、当社の SAS アプリケーションの要件を満たす優れた総合パフォーマンスを提供することができます。Ebdsv5 VM を使用して、Azure 上で SAS データおよび分析ソリューションを実行し始めることを楽しみにしています。」 - Bryan Harris 氏 (Executive VP 兼 CTO、SAS)

図 8

Blue Yonder は、サプライチェーン管理、製造計画、小売計画、店舗運営、およびカテゴリ マネジメントの各サービスを提供しています。

「Blue Yonder では、自社のアプリケーションを Azure 上のサービスとしてのソフトウェア デプロイ モデルへ移行することに成功しました。当社は、提供するサービスのスケーラビリティとコストを継続的に改善しています。そのため、新しい Ebdsv5 Azure VM のプレビューに参加することができ、とても嬉しく思っています。これらの新しい VM シリーズは、私たちのワークロードに最適なサイズを提供し、強力な CPU パフォーマンスと大きなメモリ フットプリントで高い IO スループット要件を満たすことができ、コスト効率の良い価格になっています。新しい Ebdsv5 Azure VM を使用すると、ソリューションの実行を最大 20% 高速化し、より大きなワークロードを実行すると同時に、全体の総保有コストを削減できます。」 - Jan Karstens 氏 (CVP SaaS、エバンジェリスト、Blue Yonder)

図 9

Silk Platform を使用すると、お客様が大規模なデータベース ストレージ ソリューションを拡張し、パフォーマンスの向上を実現することができます。

「Silk は、Ebsv5 Azure VM シリーズを Silk Cloud Platform で使用し、ミッションクリティカルなデータベース ワークロードを実行することを検証しています。これらの VM の素晴らしいパフォーマンスは、大量のデータを処理する必要があるアプリケーションに理想的です。私たちは、SQL Server データベース ワークロードを使用して、Silk Cloud Platform から単一の Ebsv5 シリーズ VM に 10 GB/秒以上の持続的スループットを確認してきました。Silk Cloud Platform は、複数の VM のエグレス パフォーマンスを集約して、データベース VM へのイングレス パフォーマンスを最大化することができます。新しい Ebsv5 VM の一般提供が開始されたときに、それを搭載できることを楽しみにしています。」 - Tom O’Neill 氏 (CTO、Silk)

使用を開始する

Ebsv5 および Ebdsv5 VM の詳細については、今後開催されるウェビナーに登録し、ドキュメントをお読みください。WindowsLinuxの価格を確認することもできます。

お客様のワークロードに最適な VM を選択するためのヘルプが必要な場合は、仮想マシン セレクターを使用してみてください。