ナビゲーションをスキップする

Azure IoT はどのようにしてビジネスの回復性を実現するか

2020年9月24日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure IoT

世界中の企業は、モノのインターネット (IoT) を利用して、運用コストを削減し、画期的なカスタマー エクスペリエンスを促進し、新しい収益源を生み出しています。現在、前例のない現代の課題に直面していますが、従業員の仕事への復帰に応じてより安全な職場を作り、低迷を乗り越えるために費用を削減し、環境への影響を軽減したり持続可能性の目標を支援したりし、IoT がビジネスを運営する標準的な方法になっているので競争力を維持するためにも、企業は IoT を利用しています。

Microsoft は IoT で認められたリーダーです。Microsoft の使命は、IoT をシンプルにし、規模や技術的能力に関係なく、世界中のすべての組織で利用できるようにすることです。そして Microsoft はそこに留まっていません。お客様やパートナーがクラウド ソリューションの開発スキルなしで使用できる、Azure IoT Central のようなコードなしやロー コードのオファリングによって IoT をシンプルにしました。

Microsoft は、課題に対処し、機会を見極めるために、Tech Intensity を活用したりデータと AI を使ったりする価値を深く理解しています。Azure IoT は、組織が提示された分析情報に基づいて行動できることに関して確信を持てるエッジとクラウドの手法によって、この変革における先導的な役割を果たしています。

Azure IoT は、産業用途に及び、開発プロセスをシンプルにする、完全にオープンで柔軟なプラットフォームとして独自に位置付けられています。今週の Microsoft Ignite では、Azure IoT の最新情報と、パートナーやお客様がこれらのイノベーションをどのようなすばらしい方法で使用しているかをご紹介しました。

安全を向上させるために Azure IoT を頼りにしている RXR Realty

職場への安全で持続可能な復帰を可能にするためには何が必要かという質問に直面したときに、ニューヨークを拠点にした RXR Realty では、従業員の丸 1 日 (起床から、オフィス ビルに入って生産的な 1 日を過ごし、帰宅するまで) に及ぶ総合的なエンドツーエンドの手法をサポートするために、スマート ビルディングを中心として行っていた業務をすばやく方向転換できる方法を検討しました。その結果が RxWell プログラムです。これは、Azure IoT に基づいた、接続された環境ソリューションで、Microsoft、McKinsey、Infosys との提携によって 6 か月未満で開発およびデプロイされました。

RXR Realty では、オフィスに復帰する会社員 1 人につき、食品サービスや児童保育施設などの 5 つのサービス業が利用されるため、地域経済の活性化に役立つことを認識していました。Azure のテクノロジによって、物理的資産とデジタル資産を統合するエッジとクラウド間のソリューションをすばやく構築でき、オフィスの従業員に職場を安全に移動するツールと安心感が与えられました。このテクノロジは、従業員の異動の管理や、ビルおよびエレベーターのタッチレス アクセスを可能にするのに役立ちます。

さらに、リアルタイム分析によって建物内の人の密度、空気の質、湿度、公衆衛生に関する分析情報が提供されるため、企業や従業員は、情報に基づいた意思決定を行い、オフィス ビル内を安全かつ自信を持って移動することができます。RXR Realty のお客様事例をお読みになり、RXR Realty を取り上げた「Microsoft Mechanics - 構築方法」のビデオをご覧になって、RxWell のソリューションのデモを多く含む技術的概要をご確認ください。

Azure Digital Twins を使用して航空機をデジタル モデル化および観察している GE Aviation

接続されたソリューションが成長し続けるにつれて、企業は接続されたビジネス環境全体のより充実したモデルの作成方法を模索しています。現在、企業は Azure Digital Twins を利用して、スマート ビルディング、公益事業、工場、農場、鉄道、都市全体を含む、接続された環境全体で使用できる、資産、環境、ビジネス システムの高度なデジタル レプリカを設計および構築することができます。

多くのお客様とパートナーが、既に Azure Digital Twins の恩恵を受けています。Azure Digital Twins を使用することで、GE Aviation は、個々の航空機とそのコンポーネントのデジタル表現をモデル化して、資産のパフォーマンスの追跡、コンポーネントの使用状況の監視、メンテナンスの履歴の表示を行うことができます。だれかを現場に送ることが必ずしも可能ではない現状では、これらの分析情報によって、GE Aviation は航空機の内外を観察し、問題を事前に軽減できるため、必需品や商品が消費者に届くのに役立っています。

"Azure Digital Twins を使用すると、資産レコード システムであっても、EMS システムや別のシステムであっても、重要なデータを結合させて、任意の時点で資産の状態を表示するために作成している新しい資産ライフサイクル製品に必要な、資産中心の観点にすることができます。Azure Digital Twins では、高度な分析のためにコンポーネントのプロパティや関係性の経時的な変化をすぐに追跡できる機能も用意されています。これは、翼の部品をより長く使用し続けるかどうかなど、航空会社がメンテナンスに関する重要な決定を行うのをサポートするだけでなく、メンテナンスの負担、コスト、航空機の不稼働時間や使用不能時間の削減を支援するうえで、有益であることがわかっています。" - GE Aviation、デジタル グループのシニア プロダクト マネージャー、Nate Hicks 氏

現在プレビュー中で間もなく一般提供になる Azure Digital Twins は、多くの新機能に加えて、お客様が運用環境に対応したソリューションを構築するのに必要なスケーリングや信頼性を備え、より広範な市場で利用できるようになります。パートナーは、柔軟な統合機能を使用して、エッジ デバイスと任意のビジネス システムから、あるいは Azure の外部からでも、あらゆるサービスとデータ ポイントをまとめることができます。オープン モデリング言語である Digital Twins Definition Language (DTDL) が使用されているので、企業は、Azure エコシステムの他の部分との互換性を維持しながら、接続された環境のカスタム モデルを作成できます。

Azure Time Series Insights によってエネルギー生産の脱炭素化を支援する ENGIE

接続された環境の出現は、資産が接続されてまとめられるため、大量のデータが継続的に生成されることも意味します。本当に恩恵を得るには、大規模な IoT データ セット全体での包括的な分析が企業に必要です。ヨーロッパの再生可能エネルギー供給企業である ENGIE Digital は、Azure Time Series Insights を Azure IoT Edge と統合して、数百もの再生可能エネルギー拠点にわたって堅牢なデータおよび AI 駆動型の分析プラットフォームを提供しています。これにより、履歴データの分析をサポートし、コンテキスト化された分析情報を生成しながら大量のデータに対応できるようになりました。Azure Time Series Insights によって、常に最新のデータが確実に手元にあります。

Azure Time Series Insights Gen2 は、IoT データをコンテキスト化して実用的な分析情報に変えられるよう作成された、強力なフル マネージド IoT 分析プラットフォームです。7 月に一般提供になった機能には、短期間分の高度に対話的な分析と、数十年に相当する履歴データの高度な分析の両方に対応した、多層式のスケーラブルなストレージ オプションが含まれています。充実したセマンティック モデリングによって、何百万もの IoT センサーにわたる何十億ものイベントを分析して、傾向や異常を特定し、根本原因の分析を行い、オペレーショナル エクセレンスのための分析情報を提供することもできます。

Azure Sphere を利用して携帯通信対応ガーディアン モジュールを構築した AT&T

すべての IoT デバイスを設計上セキュリティで保護することは必須なので、Microsoft にとってセキュリティは引き続き重要な投資分野になります。  そのため、AT&T と Microsoft が提携したという Microsoft Ignite からのニュースをお伝えできることは非常に喜ばしいです。それにより、企業は非常に安全なグローバル ネットワーク接続によってマシンと機器をシームレスにクラウドに接続できるようになります。携帯通信対応の新しいガーディアン モジュールは、お客様がより多くのことを実現し、同様にその顧客にイノベーションや機会を提供するのを、Microsoft がどのように支援しているのかを示しています。発表全文のブログ記事をご確認になって、生み出された機会をご覧ください。

お客様とパートナーに関するすべてのすばらしいお知らせに加えて、次の製品イノベーションが発表されました。

Azure Stack Hub でのオンプレミス Azure IoT Hub

お客様とパートナーは、Azure IoT Hub によってクラウドに導入される機能と生産性を必要としていますが、オンプレミスのサポートも求めています。Microsoft では、オンプレミスの Azure IoT Hub を Azure Stack Hub に導入します。これは Azure IoT によるもう 1 つの業界初のことで、お客様は製造業の作業現場やリモートの工業用地など、時々接続されるか完全に切断された環境で Azure IoT Hub を活用できます。10 月に利用できるようになるプレビューで最終調整が行われます。

CyberX の機能を備えた Azure Defender for IoT

IoT セキュリティは基礎的なものであり、組織の資産、データ、ブランド、全体的な評判が危険さらされているため、エコシステム全体で対処する必要があります。このセキュリティの契機と、IoT の導入において 97% の企業がセキュリティを懸念事項だと強調していることを示している調査に基づいて、Microsoft では業界最高レベルの既存の IoT セキュリティ オファリングを拡張しています。

まず、Azure Security Center for IoT のブランドが変更されて Azure Defender for IoT になりました。既に一般提供になっているこのオファリングは、Azure IoT Hub とシームレスに統合でき、IoT および IoT Edge デバイスとクラウド ソリューションを予防的に監視し、セキュリティに関する推奨事項とアラートを提供します。

次に、Azure Defender for IoT の CyberX の機能が利用できるようになります。これには、最近買収した CyberX のエージェントレス テクノロジが組み込まれており、運用技術環境で使用されている非管理対象ブラウンフィールド デバイスをセキュリティで保護するための新機能が提供されます。デバイスでのエージェントベースの監視と、新しいエージェントレスの CyberX の機能の組み合わせにより、Azure Defender for IoT は、業界において最も機能が完全で洗練されたセキュリティ オファリングの 1 つになっています。

最後に、Industrial Internet Consortium (IIC)IoT Security Maturity Model (SMM) の改善ために、業界との提携を継続していきます。これにより、セキュリティに対する投資とニーズを釣り合わせる一貫した手法が確立され、ガバナンス、プロセス、テクノロジ、運用などの分野に対応できます (そのための「Practitioner’s Guide」 (実践者ガイド) の共同執筆および編集を Microsoft が行いました)。

Azure IoT Central の新機能

Azure IoT Central は、Azure IoT プラットフォームをベースに構築された IoT アプリケーション プラットフォームです。これは、IoT ソリューションの構築、管理、運用を簡単に行うコスト効果の高い方法です。業界で最も高度な IoT アプリケーション プラットフォームの 1 つで、アイデアから始まって、概念実証 (PoC)、エンタープライズ規模へと数週間で進むことができます。

Microsoft Ignite では、次のような一連の重要な Azure IoT Central の新機能が発表されました。

  • ビデオ分析用の新しい Azure IoT Central アプリケーション テンプレート - この新しいアプリケーション テンプレートを使用して、Intel AI モジュールによる AI を利用したビデオ分析ソリューションを迅速かつ簡単に開発およびスケーリングできます。Azure Media Services と Azure Storage で既存の IP カメラを活用して、ライブ ビデオ フィードとライブ ビデオ分析の関連部分を格納およびストリーミングできます。
  • 継続的なデータ エクスポート - ほぼリアルタイムでクラウドの送信先へ、フィルター処理およびエンリッチメントが行われたデータがデバイスから送信されるため、IoT データによるビジネスの分析情報を得ることができるようになります。新しいデータ エクスポート機能を使用すると、送信先を再利用したり、特定のデータ ストリームだけを送信したり、Azure IoT Central アプリケーションからのデータによってデータのエンリッチメントを行ったりすることができます。
  • ジョブを使用したデバイスとのやりとり - Azure IoT Central のジョブ エクスペリエンスが、ジョブの作成、実行、保存ができる新しいウィザードで再設計されました。UI には、デバイス群にわたってジョブの進行および完了状況を監視するための充実したグラフと対話機能が含まれています。来月には、ジョブのスケジュールとバッチを含む追加の機能がリリースされる予定です。
  • コマンド ライン インターフェイス (CLI) の強化 - Azure IoT Central CLI 拡張機能には、az iot central useraz iot central api-token、プロビジョニング時に使用されるデバイス SAS キーを生成するための az iot central device compute-device-key など、一連の新しいコマンドが用意されています。
  • 生データ ビュー - 新しい生データ ビューを使用して、テレメトリがデバイスから送られるときにリアルタイムで検査できます。
  • ファイルのアップロード - 接続されたデバイスから直接メディアやその他のファイルをアップロードすることが、Azure IoT Central でサポートされるようになりました。

Azure IoT Edge の新機能

Azure IoT Edge は、業界最高レベルのエッジ コンピューティング オファリングであり、比類のない運用環境への対応性とセキュリティを提供しています。Microsoft Ignite では、次のような一連の画期的な新機能が発表されました。

  • 入れ子になった Azure IoT Edge のプレビュー サポートにより、お客様は ISA-95 ネットワーク トポロジなどの階層型のレイヤーで構成されたネットワーク全体に Azure IoT Edge ノードをデプロイでき、リアルタイムの運用環境からクラウドまでどこでも安全な環境を確保するネットワークの厳しい要件を順守できます。
  • エンクレーブを使用した Azure IoT Edge のセキュリティが一般提供になったため、信頼できる実行環境が適切に備わったデバイスで信頼されたアプリケーションをデプロイおよび実行できます。
  • IoT デバイスのセキュリティ認定用の Edge Compute Node プロテクション プロファイルでは、業界標準の定義と慣行が組み合わさっているので、IoT の利害関係者がデバイスのセキュリティ要求を作成および使用する方法がわかります。
  • Azure IoT Edge の最新リリースによる業界最高レベルの監視により、IoT Edge システム モジュールから一連の豊富なメトリックを生成することで、Azure IoT Edge のフリートとアプリケーションの充実した監視を大規模に行うことができます。新しい監視のサポートは、既存の監視ソリューションと簡単に統合でき、オフラインのユース ケースにおけるローカルでの監視も実現できます。

統合された Azure Certified Device プログラムと IoT プラグ アンド プレイの最終認定

統合された Azure Certified Device プログラムは、IoT デバイスが特定の機能のニーズを満たし、Azure で最適に動作することを検証する、以前の Microsoft の認定オファリングを拡大したものです。このプログラムによって、デバイス ビルダーは製品の認知度を向上させることができると同時に、ソリューション ビルダーやお客様は Azure Certified Device カタログを通じて IoT ソリューションに適したデバイスを簡単に見つけることができます。

現在利用できる認定は以下のとおりです: Azure Certified Device、IoT プラグ アンド プレイ、Edge Managed。8 月に発表された IoT プラグ アンド プレイの最終認定は、デバイス ビルダーが市場投入までの時間を短縮するのに役立ちます。また、IoT プラグ アンド プレイ用の Azure IoT プラットフォーム サービスと SDK は、今月の終わりまでに一般提供になります。

詳細については、開発者向けドキュメントをご覧ください。また、IoT プラグ アンド プレイ用にデバイスの準備と認定を既に始めている企業に加わることができます。  さらに、技術的なブログの全文をご覧になって、これらの認定や開発中の他の認定の詳細をご確認ください。

Azure IoT Developer Specialty 認定資格と新しい学習コンテンツによる技術的なスキルの促進

お客様とパートナーの Tech Intensity を強める一環として、個人が機械学習や IoT などの高度なデジタル テクノロジを正常に使用できるようにするためのツールとリソースを提供しています。そうすることで、プロジェクトを実現までやり遂げることができます。Azure IoT Developer Specialty 認定資格は、革新的な新しいソリューションを構築するための取り組みにおいて、開発者が技術的な知識を身に付け、キャリアを積み、専門家として認識されるようになるのを支援する、大きな第一歩となります。

IoT に関する学習と認定資格に対する取り組みを始めようとしている開発者は、Microsoft Learn で無料のオンライン コースを見つけることができます。また、GitHub にある新しいモノのインターネット イベント ラーニング パスで、認定資格の準備を行うこともできます。この 5 つのビデオベースのモジュール シリーズでは、IoT デバイスの接続性、IoT データ通信戦略、エッジでの AI の使用、IoT データのデータ処理に関する考慮事項、Azure IoT リファレンス アーキテクチャに基づく IoT ソリューションなどのトピックについて掘り下げています。

これらの新しいリリースとイノベーションについて詳しく検討し、Azure IoT がビジネスの回復性や、接続されたエコシステムの将来に備えたアジリティの維持にどのように役立つかを詳しく確認することをお勧めします。以下をご確認いただくこともお勧めします

Microsoft Ignite のセッション:

その他の IoT の学習リソース:


Azure。目的を持って創造する。