Hannover Messe 2019:Azure IoT プラットフォームの更新により、安全性の高い新しい産業用 IoT シナリオを強化

2019年3月28日 に投稿済み

Director, Azure Internet of Things

Microsoft では、来週 Hannover Messe にまた出展できることを誇りに思っています。製造業は、さまざまなシナリオにおいて人やデバイスの安全性、効率性、信頼性を向上させるために IoT を継続的に導入する、主要な業界の 1 つです。私は毎年、パートナー様やお客様とお会いして、業務を継続的にデジタル化して Industry 4.0 の期待に応える際に、そのニーズやユース ケースがどのように増加し変化しているかをお聞きしています。彼らは、セキュリティをあらゆるレイヤーに深く組み込んで、エッジからクラウドに至るまで、さまざまな産業プロセスや運用からデータを保護することを望んでいます。概念実証によってイノベーションと学習のペースが迅速に向上し、それによりすばやく効果的にスケーリングできるようになることを望んでいます。さらに、多数のデバイスやセンサーではなく、デジタル資産を大規模に管理することを望んでいます。昨年、このようなニーズに対応するために、IoT プラットフォームを大幅に強化しました。たとえば、Azure Digital TwinsAzure Sphere のサービス開始や、Azure IoT CentralAzure IoT Edge の一般公開などです。来週の Hannover Messe では、一連の新しい製品機能とプログラムをご紹介します。クラウドの境界を越えてセキュリティとイノベーションの保護を確保しながら、オープン スタンダードのエンタープライズ レベルの産業用 IoT ソリューションを簡単に構築できるようにするものです。

IoT ソリューションのセキュリティ保護

IoT ソリューションのセキュリティを保護するには、エッジに配置された何千ものデバイスを保護するための新しい機能が必要です。IoT ソリューションを真にセキュリティ保護するためには、デバイス、それらのクラウドへの接続、クラウドで実行されているサービス、およびそれらの上に構築されたアプリケーションを保護する必要があります。

Hannover Messe では、世界初の IoT 向け包括的セキュリティ オファリングである Azure Security Center for IoT を発表いたします。

Azure Security Center for IoT を使用すれば、お客様は IoT セキュリティの全体像を把握することで恩恵を受けることができ、業界のベスト プラクティスに沿った対策を講じることができます。脅威が絶えず進化している状況では、お客様がはそれらよりはるかに先を行く必要があり、そのためには潜在的な攻撃に対するデバイスやワークロードのセキュリティ プロパティの調査と監視も必要です。Azure には、Microsoft が毎日収集している、6 兆を超えるシグナルを元にした独自の脅威インテリジェンスがあり、Azure Security Center のお客様が利用できるようにしています。

Azure Security Center で提供されているセキュリティ体制の管理や脅威防止機能以外にも、多くの SecOps チームは、企業全体の高度な検出と脅威の軽減のために SIEM ツールを活用しています。今月上旬の RSA ではAzure IoT Hub のセキュリティ ブレード、Azure Sentinel を発表しました。これは主要パブリック クラウド プロバイダーが提供する初のクラウド ネイティブ SIEM です。このたびは、お客様が自社の IoT セキュリティ データを企業全体のセキュリティ データと結合し、分析手法や機械学習を適用して脅威を特定して軽減できるようにすることを通じて Azure Sentinel の機能を強化することで、さらに一歩前進させました。

この発表により、製造業者は、すべての業務に渡って実行されている Azure IoT ソリューションの攻撃面を減らし、問題が深刻になる前に修正し、分析と機械学習を適用して攻撃を防ぐことができます。Azure は、エンドツーエンドの IoT ソリューション向けにこれらのセキュリティイ ノベーションを幅広く提供する、初の主要なパブリック クラウド プロバイダーです。IoT ワークロードに新しいセキュリティ レイヤーを提供するため、この発表は重要な前進となります。 詳細については、Channel 9 のビデオをご覧ください

また、IoT のイノベーションを継続的に推進したいと考えており、そのためにはお客様やパートナー様のイノベーションを保護するための対策を講じる必要があります。そのために現在、Azure に接続されている IoT デバイスと、Azure Sphere と Windows IoT を搭載したデバイスを使用して、Azure IP Advantage の利点を Azure のお客様に広めようとしています。ThyssenkruppBühler、および MediaTek の 3 社では、Industry 4.0 に移行して IoT ワークロードから価値を生み出しているため、知的財産に対するリスクからの保護を強化する利点を認識していらっしゃいます。このプログラムはお客様に、Azure Sphere および Windows IoT に対する無制限の補償と、Azure のお客様が利用でき、競合他社が特許侵害を訴えるのを阻止する際に必須となる可能性のある 10,000 件の Microsoft の特許へのアクセスを提供します。この新しいプログラムの詳細については、Microsoft on the Issues のブログをご覧ください。

オープン クラウド プラットフォーム、相互運用性のオープン標準、およびオープン ソースで産業用 IoT ソリューションを加速

Microsoft では、オープン クラウド プラットフォーム用の相互運用性のオープン標準 (OPC UA) に基づいて追加のオープンソース コンポーネントを開発することによって、革新を続けてきました。これらの新しいコンポーネントは、セキュリティ管理とパフォーマンスの最適化を行い、お客様のエクスペリエンスを簡素化します。Microsoft は今日、OPC Twin を発表しました。これは、OPC UA 対応マシン用のデジタル ツインを作成してその情報モデルをクラウドで利用できるようにし、クラウドからのマシン操作を可能にします。また、OPC Vault のサービスを開始することで、OPC UA のセキュリティと証明書管理も拡張しました。OPC Vault は、OPC UA 対応マシンの証明書の世界規模での作成、管理、失効によって、セキュリティ管理を自動化します。どちらのコンポーネントも、REST インターフェイスを提供することによって既存または新規のクラウド アプリケーションへの統合を簡素化しており、GitHub で現在入手可能です。さらに、接続済みファクトリ ソリューション アクセラレータの機能強化も発表しました。これには OPC Twin ダッシュボードも統合されています。接続済みファクトリは、産業用 IoT の概念実証を加速するように設計されているだけでなく、集中管理用のダッシュボードを介してお客様のファクトリ全体に OEE データを提供します。

産業用 IoT のシナリオでは、運用の分析情報を世界規模で数分の 1 秒で提供することによって成長を促進するためのエキサイティングな機会を開くために、時系列データが重要な要素です。夏の終わり頃には、お客様がウォーム パスとコールド パスの両方の分析を、昨年 12 月に発表された従量課金制バージョンの下で単一のオファリングに統合できるようにすることで、Azure Time Series Insights (TSI) の新しい推進力をさらに強化する予定です。これによりお客様は、産業用 IoT のシナリオのための予測可能で費用対効果に優れた、柔軟な分析プラットフォームを手に入れることができます。また、リテンション期間に基づいたストレージ層の構成とリリースされたユーザー エクスペリエンスの機能強化をサポートすることで、さまざまな分析シナリオの提供にも取り組んでいます。

クラウドの境界を越えたエンタープライズ レベルの産業用 IoT ソリューションの構築

昨年は、製造業者のレイテンシーと接続性の要件、およびその特定の規制とコンプライアンス ポリシーを満たすために、Azure Stack 上の Azure IoT Hub (限定プレビュー) を発表しました。Microsoft と連携しているお客様は、ハイブリッド モデルで IoT ソリューションを実行することから利益を得ています。Rockwell Automation は、Microsoft と提携して、インテリジェント クラウドからインテリジェント エッジに及ぶ IoT ソリューションを構築しました。遠隔地にある施設や、ネットワーク接続が不安定になるような状況に陥っている施設があることは、よくあることです。Rockwell Automation は、Azure Stack 上の Azure IoT Hub (限定プレビュー) に参加して、運用環境のエッジに一貫性のあるソリューションを拡張しています。ハイブリッド モデルで Azure Stack 上の IoT を実行することで、ZEISS は、製品、生産、プロセスに関する新しい分析情報を顧客に提供し続けることもできました。ZEISS spectroscopy は、高度なソリューションとコネクテッド技術のおかげで、顧客が必要なときに必要な場所で、製品と生産に関する貴重な分析情報に基づいてプロセスを最適化するのを支援しています。食品業界向けのソリューションでは、脂質、水分、塩分などの重要な品質指標を生産ラインで直接リアルタイムに測定しています。生産管理者はこのデータを活用して、ほぼ即座に品質を最適化しながら、原料とエネルギーをより効率的に使用することができます。また、このデータはクラウドにも送信できるため、生産ラインの状態に関するすべての重要情報をいつでもどこでも必要に応じて利用できます。

リアルタイムの分析情報とアクションを活用するためのデータや接続されたデバイスの力が手元にあるとき、それは製造業者としてワクワクするときでしょう。Hannover Messe でお会いできるのを楽しみにしています。Hannover Messe では、これらの発表をご覧いただいて理解を深めていただくことができます。また、これらのソリューションのパートナー様やお客様の出展もご覧いただけます。ホール 7 の Digital Factory Fair で皆様のお越しをお待ちしております。