ナビゲーションをスキップする

オンデマンド容量予約による容量アクセスの保証 — プレビュー開始

2021年9月8日 に投稿済み

Principal Program Manager

Microsoft のお客様は、ミッションクリティカルなワークロードやサービスのホストに Azure を利用しています。そのうちの大部分は、従来のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) アプローチを使用して仮想マシンをデプロイしており、多くの場合、Azure Virtual Machine Scale Sets やサードパーティ製のツールを使用してオーケストレーションされています。

お客様は、オンデマンドでコンピューティング容量を提供するのに Azure を利用しています。しかし、状況によっては、より具体的な保証がお客様に必要な場合もあります。

  • ビジネスクリティカルなアプリケーション - 特定のビジネス プロセスは、一時的な停止であっても中断される可能性があります。
  • ディザスター リカバリー (DR) — 自然災害が発生した場合、企業は別の場所で復旧し、運用を再開するための容量保証を必要とします。
  • 特別なイベント — 大幅な容量の増加が予想される場合、容量保証を得ることで、最高レベルのビジネス パフォーマンスを維持することができます。

これまで、Azure Virtual Machines の容量に関するサービス レベル アグリーメント (SLA) を取得する唯一の方法は、稼働中か停止中かにかかわらず、実際の仮想マシン (VM) をデプロイすることでした。この方法では、すべての VM を最新の状態に保つための管理の負荷が発生し、プライマリ ワークロードに VM が必要ない場合など、他のビジネス目的でコンピューティング容量を使用することができなくなります。

オンデマンド容量予約の導入

本日、Azure Virtual Machines のオンデマンド容量予約のプレビューを発表します。この新機能により、Azure VM の実行に必要なコンピューティング容量を、VM 自体とは別にデプロイおよび管理することができます。オンデマンド容量予約には、定義済み SLA が付属する予定です (一般提供時に予定)。

これにより、容量に関するお客様のニーズをより適切に管理するための新たな選択肢が生まれます。具体的には、上で説明したとおりです。

  • ビジネスクリティカルなアプリケーションでは、オンデマンド容量予約を利用すれば、たとえば更新を実行するために VM をオフラインにする場合など、お客様の容量を保護することができます。
  • ディザスター リカバリー - 自然災害が発生した際に、シームレスな復旧を実現するために、コンピューティング容量を別に確保することができるようになりました。また DR が有効でない場合には、このコンピューティング容量を他のワークロードの実行に再利用することができます。また、VM のメンテナンスは、コア イメージを最新の状態に保つことで処理でき、DR テスト以外で VM のデプロイやメンテナンスを行う必要はありません。
  • 特別なイベント — 事前に容量を確保することで、お客様のビジネスが追加の需要に対応できることが保証されます。

オンデマンド容量予約は、デプロイ可能なオブジェクトとして動作します。つまり、コンピューティング リソース プロバイダーを使用して、VM のサイズ、場所、数量を指定します。予約が正常に完了したら、お客様は予約容量に VM を割り当てることができます。期間のコミットメントが必要ないため、予約はオンデマンドです。オンデマンド容量予約は、不要になった時点でいつでも削除することができます。

期限のコミットメントがないということは、VM サイズ (後でデプロイするオペレーティング システムのコストは含まれない)、場所、予約数の基本的な価格に基づいて、従量課金制で予約を行うことができるということです。Azure の課金システムでは、購入した予約 VM インスタンス (RI) から利用可能な期間割引が自動的に適用されます。VM の使用に RI を適用するルールは、現在の予約および仮想マシンのものと同じです。価格の詳細については、オンデマンド容量予約のドキュメントもご覧ください。

オンデマンド容量予約と RI の比較を次に示します。

オンデマンド容量予約と予約仮想マシン インスタンス (RI) の違いを示すイメージ図

* SLA 保証は、一般提供の後にのみ適用されます。

この機能の一般提供が開始されると、お客様がオンデマンド容量予約を正常に作成した場合、SLA は該当する RI の容量優先オプションよりも優先されるようになります。RI のサイズを柔軟に設定することで、割引される使用量を最大化することができます。

既存および将来の機能

プレビュー期間中、各サブスクリプションを登録することで、API や Azure portal のインターフェイスにアクセスできます。

プレビューでは、次の汎用 Azure VM ファミリがサポートされます。

  • バースト可能 (B)
  • 汎用 (Dav4 を含む Av2、Dv2 以降の世代)
  • 汎用、メモリ最適化 (Eav4 を含む Ev3 以降の世代)
  • コンピューティング最適化 (Fv1 以降)

今後、さらに多くの VM シリーズがサポートされる予定です。今年後半の追加発表をお待ちください。リージョン サポートには、一般提供が開始されている Azure Public Cloud の場所が含まれます。Microsoft では近い将来、Azure for US Government と Azure China にもサポートを拡大する予定です。

予約容量を使用する機能は、今後数か月のうちに、より多くのシナリオに拡張される予定です。たとえば、Azure Site Recovery との直接統合 (近日中にプレビューを開始予定) にもご注目ください。

関連資料

オンデマンド容量予約についてもっと知りたい方は、こちらの概要ビデオをご覧になり、それがどのように機能するかをご確認ください。

また、オンデマンド容量予約に関するドキュメントを読むこともできます。これには、サンプル コードが含まれています。