新しい Windows Virtual Desktop 機能により、リモートでの作業が高速になります

2020年5月1日 に投稿済み

Senior Product Marketing Manager, Microsoft Azure

世界的な健康上の危機の中にあって、あらゆる規模の組織がリモート ワークを実現できるよう、過去数か月にわたり飛躍的な速度で移行が行われています。優先順位を考査し、機敏性をもってリソースを移行している企業の従業員は、新しい場所やデバイスから接続を維持することができ、生産性の向上に不可欠なビジネス継続性を実現することができます。

Microsoft は、何千もの組織が Windows Virtual Desktop に移行し、世界中のユーザーが Azure 上にリモート デスクトップやアプリをすばやくデプロイしている様子を見てきました。サービスとその新しい更新プログラムのプレビューが開始され、作業を簡単に開始することができ、ユーザーに毎日必要なセキュリティで保護されたアクセスが実現します。

Azure Portal を使用してすぐに開始することができ、新しい管理エクスペリエンスでエンドツーエンドのデプロイ、管理、最適化を加速できます。

逆接続テクノロジを使用してセキュリティとコンプライアンスを強化したり、Azure Firewall を使用してお使いの仮想マシンから Azure 内の特定の IP アドレスへのインターネット エグレス トラフィックを制限したりすることができます。また、その他いくつかの新しい追加機能を利用することもできます。

来月予定されているアップグレード版 Microsoft Teams エクスペリエンスのオーディオ/ビデオ リダイレクト (AV リダイレクト) を使用すると、仮想化環境で実行されている会話の待機時間を短縮することができます。

本日の発表内容の詳細については、Julia White と Brad Anderson の Microsoft 365 ブログをご覧ください

Windows Virtual Desktop の使用を開始し、Windows Virtual Desktop Tech Community で技術的なエキスパートとつながりましょう。