ナビゲーションをスキップする

Azure Monitor に Worker Service SDK、新しい ASP.NET コア メトリックを追加

2019年10月14日 に投稿済み

Program Manager, Azure Monitor

Azure Monitor の Application Insights を使用すると、開発者や IT 担当者が、クラウドやオンプレミス、そしてハイブリッド ソリューション全体でホストされている分散型サービスの監視、デバッグ、診断、改善を行うことができます。

Web アプリケーション用の Application Insights for ASP.NET Core 2.8.0 と、非 Web アプリケーション用の Application Insights for .NET Core Worker Service 2.8.0 のリリースにより、開発者に以下のような新しい価値が提供されます。

  • より多くのアプリケーションの種類をサポート。
  • 新しいアラート対応メトリック。
  • ASP.NET Core 3.0 のサポート。
  • ベンダーを超えた分散型トレース。

より多くのアプリケーションの種類をサポート

Application Insights Worker Service SDK は、新しい ASP.NET Core 3.0 Worker Service テンプレートをサポートしており、GitHub でのお客様のご協力により、この作業を優先させることができました。この SDK を使用することで、.NET Core Worker Service アプリケーションだけでなく、コンソール アプリケーション、キュー処理、バックグラウンド ジョブなど、Web 以外のアプリケーションでも Application Insights のフルパワーを利用できます。ステップバイステップのオンボード ガイドで開始できます。

新しいアラート対応メトリック

イベント カウンターを使用すると、ガベージ コレクションの時間、割り当て率、スレッド プールのキューの長さなどの新しいメトリックを監視し、警告を発することができます。イベント カウンターは、従来の Windows パフォーマンス カウンターを拡張するもので、Linux、MacOS、Windows のクロスプラットフォームに対応しています。Application Insights により、これらのメトリックをすぐに収集できるようになり、それらの監視と警告が容易になります。

さらに、よく使用されている Live Metrics Stream を使って、Linux、MacOS、Windows の CPU 使用率を 1 秒の待機時間で監視できるようになりました。これは、Linux および MacOS 上のライブ メトリック機能が Windows と同等になったことを意味し、クロスプラットフォーム機能の同等性に対する Microsoft のコミットメントを補強するものです。

ASP.NET Core 3.0 のサポート

Application Insights ASP.NET Core 2.8.0 SDK 以上を使用している場合、Application Insights で ASP.NET Core 3.0 アプリケーションがサポートされるようになりました。

ベンダーを超えた分散型トレース

Microsoftは、W3C Trace Context を採用するベンダーのリストに加わりました。これは、W3C Trace Context 標準を評価している他のアプリケーション パフォーマンス監視ベンダーで計測されたサービスに、お客様のトレースが伝播されることを意味します。より多くのベンダーが W3C Trace Context 標準を採用することで、分散型トレースの適用範囲が広がります。

今後の予定

Application Insights ASP.NET Core 3.0 の Azure App Service でのサポートは、11 月のリリースを予定しています。