Azure Kubernetes Service での Windows Server コンテナー サポートのプレビューのお知らせ

5月 17, 2019 に投稿済み

Principal PM Manager, Container Platform

Kubernetes はアプリ開発の世界を席巻しています。今月初め、Azure Kubernetes Service (AKS) が Azure のコンピューティング サービス史上、最も早く成長していることをお伝えしました。 Siemens HealthineersFinastraMaerskHafslund のようなお客様が、デプロイの容易さ、インフラストラクチャをメンテナンスする手間をかけずにアプリケーションの管理やスケーリングができることなど、AKS の利用によるベネフィットを実感しています。  コミュニティと利用者が拡大するにつれて Kubernetes 自体も進化しており、よりエンタープライズに適した機能が追加され、使用シナリオが広がっています。  Windows Server コンテナーの運用レベルのサポートのリリースが、その進化の証です。

本日は、Azure Kubernetes Service (AKS) の最新バージョン 1.13.5 および 1.14.0 の Windows Server コンテナーのプレビューについてお知らせいたします。 これにより、Windows Server コンテナーをデプロイし、AKS で調整することができます。Azure で Windows Server アプリケーションの移行と最新化を行うための新しいパスが有効になります。

お客様は Linux または Windows で実行されているアプリケーションをお持ちです。私がお客様からサポートを求められているのは、Windows と Linux のコンテナーを同じ Kubernetes クラスターで全く同じ API、ツール、サポートによって並列で管理する機能です。これによって、幅広いシナリオが新たに可能になります。たとえば、既存の仮想ネットワークに Windows ノード プールを追加できるようになります。また、リバース プロキシや Redis キャッシュを実行している Linux コンテナーと Windows コンテナーの IIS アプリケーションを同じ Kubernetes クラスターだけでなく、同じアプリケーションの一部としてもデプロイできるようになります。モニタリング操作とデプロイのパイプラインはこれらすべてで整合します。

AKS で Windows Server コンテナーを実行する (プレビュー) ということは、Kubernetes アプリケーションの開発と管理をはるかに簡単にする、次のような既存の多くの Azure のサービスと機能の利点を引き続き享受できることも意味します。

  • すべてのコンテナーのベース イメージを事前にステージングする Azure Container Registry を使用して Linux と Windows のコンテナーのライフサイクルを簡単に管理する。ネットワークの待機時間を短縮したり、厳格なコンプライアンスのニーズを満たしたりするため、Container Registry ではユーザーの所在地に近いデータ センターにコンテナー イメージの自動的な geo レプリケーションを行うことができます。
  • 標準化されたデプロイ パイプラインを使用してあらゆる OS でのアプリケーション配信を高速化する。AKS と Azure DevOps を統合することで、わずかな手順で検証、テスト、カナリア、運用までを簡単に自動化することができます。
  • Azure Monitor を使用した包括的な監視によって、Kubernetes クラスターとワークロードのパフォーマンスと正常性の分析情報を得る。

今が Azure Kubernetes Service の Windows Server コンテナー (プレビュー) を使い始めるチャンスです。新しい機能と操作に関するフィードバックをお待ちしております。 Kubernetes を初めてお使いになる方は、Kubernetes の共同創業者、Brendan Burns による Kubernetes ホワイトボードの短いビデオをご覧ください。Windows と Linux の両方で Kubernetes が動作するしくみがわかります。

この場を借りてすべての共同作成者とお客様にお礼申し上げます。皆様のお力添えがなければ、このお知らせはできませんでした。  私たちは広範で活気あふれる Kubernetes コミュニティの一員であることを誇りに思います。