新しい Azure Maps および SDK によるエンタープライズのモビリティの始動

2月 11, 2019 に投稿済み

Principal PM Manager, Azure Maps

モビリティ空間は、今日の市区町村および都市部が直面している最も複雑な課題の最前線に位置しています。人とモノの移動は、混乱の原因であるのと同様にチャンスの原動力でもあり、交通、汚染、不安定な暮らしの現存の課題を悪化させています。今日、Azure Maps は、弊社のプラットフォームのオファリングを拡張し続け、新しい機能セットを SDK およびクラウドベース サービスの形式で導入し、エンタープライズ、パートナー、市区町村が、これらのモビリティの課題を可視化し、分析し、最適化する際に役に立つソリューションをビルドできるようにしています。

弊社が導入しているサービスは、現代のエンタープライズのお客様のニーズ、つまり堅牢なセキュリティ サービスで守られている、強力かつリアルタイムの分析およびシームレスの画面を横断するエクスペリエンスに特化して設計されています。

まず、弊社は、次のサービスをパブリック プレビューから一般利用に公式に移行しています。該当するサービスは、Route Range {Isochrones}、Get Search Polygon、Satellite、Hybrid Imagery です。さらに、複数の新しいサービスを導入しています。また、素晴らしい一連の陰影起伏図タイルとイメージ コンポジターを導入して弊社のマップ キャンバスを拡張し、弊社のマップとのやり取りをより美しく、便利で強力にしています。モビリティ アプリケーションなどの今日の業界が使用する強力な分析を提供する空間演算サービスも導入するとともに、より多くの情報を得たうえで賢く、迅速に意思決定を行うために必要なツールを Azure のお客様にもたらす新しい Android SDK や Web SDK も導入しています。プライバシーやセキュリティが最重要視されているため、Azure Maps は Azure Active Directory とネイティブに統合され、弊社のサービスにアクセスする際のセキュリティを向上する一方、弊社のお客様のロールおよび制約を可能にしています。

これらのサービスは、マップ データの処理とホスティングのコストをすべてオフロードする機能をAzure のお客様に提供する一方、豊富な一連のマップおよびマッピング サービスの優位性を維持し、今日可能な最速のマップ データ リフレッシュ レートを確保します。このデータとサービスのリフレッシュ レートは、マップ製作のワークロードを Azure クラウドに移行することを約束した TomTom との最近発表したパートナーシップによって強化され、刺激からエンド ユーザーへの時間を大幅に短縮しました。

Android SDK (プレビュー)

Azure Maps Web SDK はモバイル プラットフォーム上の Web コントロール内で動作できるが、多くの開発者は、その他のネイティブ コンポーネントと相互運用し、ネイティブ コード (Java != JavaScript) にこれらの機能を備えるネイティブ サポートを望んでいます。Android 上で動作するアプリケーションに依存しているお客様の支援を受けて、Azure Maps は、マップとトラフィックのレンダリング、描画、イベント ハンドリング、弊社のさまざまなマップ キャンバスの使用を備えた Android SDK を配信しています。Azure Maps サービスの API による検索とルーティングなどその他の Azure Maps サービスへも接続できます。

Azure Maps

空間演算 (プレビュー)

データ分析はモノのインターネット (IoT) の中核です。Azure Maps の空間演算は、位置情報を取得し、すぐさまこれを分析し、その時間と空間で発生している進行中のイベントをお客様にお知らせし、ほぼリアルタイムの分析とイベントの予測モデリングを可能にします。現時点で、空間演算には次のサービスが含まれています。

ジオフェンシング。 ジオフェンスは、特定の領域の周囲にある「見えないフェンス」です。これらの「フェンス」は、カスタマイズ可能な多角形の形状の座標で存在し、一時的な制約に関連付けられ、関係がある場合のみ評価されます。さらに、ジオフェンスのAzure Maps データ サービスを保存できます (詳細は下記)。Azure Event Grid と組み合わせると、オブジェクトの位置がジオフェンスに対して変化したとき (入場、退場、ジオフェンスとの距離の変化など) に通知を作成できます。

これには複数の適用例があります。輸送およびロジスティクスでは、貨物船がルートの途中通過目標地点に到達したときにアラートを作成するために使用できます。これはデリバリー アラートの作成および海賊事故の予測に不可欠です。ドローンでは、ジオフェンスはドローンが飛行を許可されている区域を制限できます。

Azure Maps のジオフェンシング

ただし、ジオフェンシングは輸送に限定されるものではありません。農業では、家畜の群れが牧草地から出たときにリアルタイム通知が可能になります。建設業では、建設現場の外に行くはずのない高価な設備が外に出たときまたは設備が損傷するかもしれない場所に設備が置かれたときに通知を受信できます。また、現場への訪問者が現場の危険なゾーンに立ち入ったときに警告するためにも使用できます。この使用法は、スコットランドの IoT テクノロジー会社である Tagdat が実装しています。サービス業では、大学の寮にある自動販売機がよくなくなります。サービス会社は、自動販売機が敷地から外に出た場合に通知を受けることができます。ジオフェンシングは、オブジェクトが移動したときに通知および分析を提供する極めて強力なサービスです。また、移動すべきオブジェクトが移動しないときにも使えます。

このサービスを使用しているお客様の別の例は、GovQA です。この組織は、「私たちは、ジオフェンシングを使用して、お客様の事前定義された制限外である要求をいつ要求者が送信しようとしたかを識別しています。この制限は、システムのセットアップ時に市区町村または国によって定義されます。このサービスによって、市区町村は、GovQA 内のルールおよび構成を使用して要求を正しく処理し、要求者と適切に通信できます」と述べています。

バッファー。 指定した距離に基づいて、ポイント、線、多角形の周囲に領域を構築します。植物から一定の距離を保つ必要がある送電線との距離で領域を定義したり、ルートからの逸脱を管理するための船舶管理のルート バッファーを作成します。

最も近いポイント。 基準のポイントと指定された複数のポイントとで距離が最も近いポイントを返します。このサービスは、最も近い店舗や充電ステーションを素早く特定するために使用できます。また、モビリティ シナリオでは、最も近いデバイスを特定するために使用できます。

Azure Maps の最も近いポイント

大圏距離。 大圏距離つまり球体表面上にある 2 点間の最短距離を返します。ドローンによるデリバリー サービスでは、この API を使用して、カラスが飛行するかのように、地球の曲率を考慮して基準点と目的値の距離を計算できます。そのため、デリバリーの正確な時間推定を考慮して運用を最適化できます。

多角形内のポイント。 場所が指定した一連の多角形および複数の多角形ジオメトリの内部にあるかどうかを示すブール値を返します。例えば、多角形内のポイントの API を使用して、売り家がお客様の好みのエリア内かどうかを判定できます。

データ サービス (プレビュー)

データはマップに不可欠です。お客様のデータを Azure Maps サービスに近づけると、遅延が低減し、生産性が上がり、アプリケーションを輝かせる強力で新しいシナリオが作成されます。このように、Azure Maps は、ジオフェンシングやイメージ コンポジションなどその他の Azure Maps サービスで使用できる最大 50MB の地理空間データをお客様がアップロードし保存する機能を備えるようになります。 

Azure Active Directory の統合 (プレビュー)

セキュリティおよびロールベースのアクセス制御は現代のエンタープライズにとって最大の問題でした。そのため、Azure Active Directory (AD) が Azure Maps のコア機能であることを発表できることをうれしく思います。Azure AD を使用してお客様の情報を保護し、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を提供して安全なアクセスを実装します。  パブリック アプリケーションでも、ログインする必要があるアプリケーションでも、Azure AD および Azure Maps は、アプリケーションおよび Azure AD ユーザーを認証してお客様のセキュリティ ニーズをサポートします。また、この Azure AD の実装は、Azure Maps サービスへのアクセスを認可できる自動管理 ID を使用して、Azure サービス (Azure App サービス、Azure Functions、Virtual Machines など) を提供するAzure リソースのマネージド ID をサポートします。 

Azure Maps Web SDK 2.0

今日、弊社は、Azure Maps サービスにアクセスして Azure Maps Control と連携して使用する新しいモジュールを発表します。この新しいサービス モジュールを使用すると、Azure Maps サービスと直接ネイティブに連携できます。この新しいモジュールは、前述の Azure Active Directory を採用すると、新しいバージョンを作成し、これを 1 つの Web SDK にカプセル化するというニーズを確かなものにします。今後、弊社は、Web 開発者向けのサービスを Azure Maps Web SDK 2.0 に含めます。Azure Map Control 1.x は引き続き動作します。ただし、2.0 のイノベーションを進めていきます。1.x から 2.0 へのアップグレード パスはバージョン番号を変更することによって非常に簡単です。新しい Azure Maps Web SDK 2.0 の一部として、いくつかの新しいクライアント機能も含めています。

Azure Active Directory (AAD)。 Azure Maps は、Azure Active Directory をネイティブにサポートし、Azure Maps へのアクセスの安全性が維持されるようになりました。ネイティブ AAD 統合によって、アプリケーションで Azure Maps を呼び出すときのアクセスが確実に保護されるようになりました。

サービス モジュール。 この新しいサービス モジュールは、AAD のサポートおよび Azure Maps サービスにアクセスするための大幅にクリーンな API インターフェイスを追加します。これは、Web SDK と NodeJS の両方で動作します。Azure Maps のサービス モジュールは、製品の Azure ファミリーの一部であるため、Azure SDK を統合するイニシアチブに沿って設計され、 AAD のサポートを追加するために必要でした。

行程のグラデーション。 ロケーション サービスの開発で、線の行程全体をグラデーション カラーで描く必要があるときがあります。Azure Maps Web SDK 2.0 は、線をカラーのグラデーションで塗りつぶして線のある区分から次の区分への移行を示す機能をネイティブにサポートするようになりました。例として、これらのグラデーションの線は、時間と距離の変化やオブジェクトを接続した線のさまざまな温度を表すことができます。

Azure Maps の行程のグラデーション

影付きレリーフのマップ スタイル。 次に、新しい影付きレリーフのマップ スタイルについて説明します。この美しい、新マップ スタイルは Azure Maps Web SDK 2.0 ですぐに使用できます。

多角形塗りつぶしパターン。 マップ上の多角形表示はきわめて多くの方法で実行できます。多くのシナリオにおいて、マップに多角形を作成する必要があります。Azure Maps Web SDK 2.0 では、形状、境界線、塗りつぶしをネイティブに制御できます。塗りつぶしとして、単一色の塗りつぶしに加えてパターンをネイティブにサポートするようになりました。パターンは、特定の領域を強調表示して、目立たせる固有の方法を提供します。特に、その領域がその他の色の影が付いている多角形に囲まれている場合に有効です。例として、パターンを使用して、移行中の領域、その他の領域と大きく異なる領域 (財政状況、汚染、土地の利用法など)、モビリティの側面を強調している領域 (飛行禁止領域、許可が必要な領域など) を示すことができます。

Azure Maps の多角形塗りつぶしパターン

影付きレリーフのマップ スタイル

Azure Maps は、道路、濃いグレー、夜、衛星写真/ハイブリッドを含むいくつかのマップ スタイルが完成した状態になっています。弊社は、新しいマップ スタイルである影付きレリーフを追加し、既存のマップ スタイルを補完します。影付きレリーフは、エレガントに設計されたマップ キャンバスが地球の等高線で完成しています。Azure Maps Web SDK は、影付きレリーフ キャンバスが完成した状態になっていて、すべての機能がそのうえでシームレスに動作します。

Azure Maps の影付きレリーフ マップ スタイル

イメージ コンポジション

Azure Maps は、ポイント、線、多角形で注釈を入れたラスター マップ イメージをお客様がレンダリングできる新しいイメージ コンポジターを導入しています。多くの状況で、それぞれのポイント データとともにリクエストを送信してマップ イメージをレンダリングできます。より複雑な実装では、マップ イメージ コンポジターを前述の Azure Maps データ サービスに保存したデータと組み合わせて使用できます。

Azure Maps のイメージ コンポジション

弊社はお客様からのフィードバックをいつでも歓迎します。以下の自由にコメントを記入し、スタック オーバーフローまたは弊社の Azure Maps フィードバック フォーラムに質問を投稿してください。