クラウド、AI、IoT を使用したスマート ビルディング ソリューションの促進

2019年6月13日 に投稿済み

Senior Program Manager, Azure IoT

モノのインターネット (IoT) に対する取り組みを通して、ソリューションがデバイス中心のモデルから、現実世界のコンテキストを提供する空間認識ソリューションへ発展していきました。Microsoft は、昨年の Realcomm | IBcon で、IoT、人工知能 (AI)、生産性向上ツールを独自に結合させたシナリオに分けて、Azure IoT の空間インテリジェンスの構想を発表しました。それ以来、あらゆる業界の企業のお客様が空間の管理を最適化できるように設計された新しいサービスを導入することで、この構想を進展させてきました。Microsoft では、Azure、Dynamics、Office 全体にわたって、業界最先端のエンタープライズ プラットフォームでスマート ビルディング ソリューションを作成している多数の多様なパートナーの実績を継続的に促進しています。

今年は、建築現場の安全性の提供、建物のより効率的な運用、空間のより効果的な活用、入居者の生産性と満足度の押し上げのために Microsoft の空間インテリジェンスとデバイス セキュリティ サービスを使用して革新的なソリューションを提供している 30 社を超えるパートナーと一緒に Realcomm | IBcon に参加しました。ここでは、各業界でデジタル変革を促進している、これらの選りすぐりのスマート ビルディング パートナーについて詳しく説明します。

構築

IoT は、建物が完成する前であっても、スマート ビルディング ライフサイクルの非常に重要な部分です。建築現場では、従業員の安全性を優先させながら、確実に作業を期限どおりに最高の品質で完了させることが企業にとって必須です。Microsoft では、現場についての情報の提供、物理的な世界のモデル化、適切なコンテキストでのデータの視覚化が可能になるデバイスを建設会社がオンボードできるよう、一体となるさまざまなサービスを提供しています。

PCL Construction は、Job Site Insights アプリケーションによって、建設業界でデジタル変革を活用および先導してきました。Job Site Insights では、現場のさまざまな IoT センサーからデータを取得し、Azure Digital Twins を使用して物理的な世界のコンテキストでそのデータをモデル化し、Azure MapsMicrosoft Office 365PowerBI などのツールとキャンバスを介してそのデータを視覚化して操作します。PCL では、IoT データを収集して分析することで、品質、安全性、効率性、生産性を向上させると同時に、自社を将来に備えた建設業者として位置づけるために、プロセスを改善しています。

PCL の Job Site Insights では、Azure Digital Twins を使用して物理的環境をモデル化し、Azure Maps を使用して地理空間データを視覚化する

PCL の Job Site Insights では、Azure Digital Twins を使用して物理的環境をモデル化し、Azure Maps を使用して地理空間データを視覚化して、従業員の安全性を確保し、プロジェクトをスケジュールどおりに進めます。

建物の運営管理

建物の運営管理者は、予測メンテナンスや処理の効率化などを実現するデジタル フィードバック ループを有効にすることで、コストを削減して利益を増やしています。Harvard Business Review によると、72% の企業幹部が、施設および運営コストを削減して収益性を向上させることをスマート ビルディングの主要な事業目標としていることがわかっています。Microsoft のサービスを利用するパートナーは、自社のソリューションを統合して、業界全体にわたる建物の運営管理者のニーズを解決しています。

ICONICS は、リアルタイムの情報を視覚化、履歴化、分析、集約する自動化ソフトウェア ソリューションを提供しています。ICONICS では、さまざまな Azure IoT サービスを使用して建物の機器や環境センサーからデータを取り込みます。データは、施設の運営者と管理者にダッシュボードとして提示され、エア フィルターの詰まりやパイプの破裂などの問題を解決する必要がある場合に Dynamics 365 Field Service を通じて技術者に警告するために使用できます。ICONICS のデータは、Willow を含む他の Microsoft パートナーによっても使用されています。WillowTwinTM プラットフォームでは、Azure Digital Twins を使用して、大規模なデータの統合、分析、管理が行われ、建物やインフラストラクチャ ネットワークの実績とエクスペリエンスを向上させるための分析情報が提供されます。これらの分析情報は、最適な避難経路を特定するために機械学習を使用して安全シミュレーションを実行したり、適切な出口に人々を誘導するために電子看板をリアルタイムで変更したりするなど、多くの重要なシナリオに使用できます。WillowTwin は一般的に、エネルギー利用の管理、建設業者から運営管理者への建物への引き渡し、ポートフォリオ全体での建物の実績分析、障害の検出とメンテナンスの管理を行うために利用されます。

機械工学士、電気技師、配管工、空調設備技師が揃った施設管理会社である MacDonald-Miller は、Dynamics 365 Field Service を使用して現場の技術者の管理と派遣を行いながら、独自の Azure サブスクリプションで統合された ICONICS と Willow のソリューションを実行して、日々の運営のためのサービスを顧客に提供しています。現場では、これらの企業の技術者は、ヘルメットに取り付けて、機器での作業中にすべてのテレメトリ、障害、作業指示をリアルタイムで表示できる、RealWear HMT-1 ハンズフリー工業用ウェアラブル ヘッドセットを使用できます。オペレーターは、音声コマンドを使用して、情報をさらに要求したり、Microsoft Teams を使用して通話を開始したり、作業中にメモを入力したりすることもできます。

Infosys は、次世代のデジタル サービスと、Microsoft のサービスを使用したスマート ビルディング ソリューションのコンサルティングにおける、世界的なリーダーです。Infosys の SCALE (持続性、接続性、低コスト、学習 (システム)、体験型) フレームワークは、接続された資産からのデータと分析情報を活用したスマート ビルディングの評価、設計、実装、管理に役立ちます。これらの分析情報は、エネルギー効率の管理、資産のセキュリティと監視の強化、エンド ユーザー エクスペリエンスの向上、建物の運営管理の改善、予測メンテナンス、運営コストの大幅な削減に役立ちます。

空間活用

建物の所有者、運営管理者、入居者は、スマート オフィスの物理的な空間管理に対して強い関心が同じようにあります。米国の多くのオフィスでは共同作業を促す開放的な間取りが採用されている一方で、従業員が移動することが多くなっているため、ホットデスキングやコワーキング スペースがますます一般的になっています。空間が未使用だと賃借料が無駄になり、光熱費とメンテナンスのコストが増加するため、Microsoft のパートナーは空間の活用を最適化できるよう関係者を支援しています。

人々が能力を最大限発揮できるよう設計された建築、家具、技術関連製品およびサービスを専門とするグローバル企業である Steelcase は、空間活用データを収集し、より効果的な職場のための実用的な分析情報に変換する Steelcase Workplace Advisor アプリの基盤として Azure Digital Twins を使用することで、IoT への取り組みを開始しました。最近では、同じ Azure IoT バックボーンを Microsoft Graph 統合によって補完して Steelcase Find を作成しました。これにより、入居者は組織全体において最適な仕事場にすばやくアクセスできるので、検索にかかる時間を減らして共同作業により多くの時間を費やすことができます。

Steelcase では、Azure Digital Twins と Microsoft Graph によって IoT の開発を促進して、施設管理者向けの Steelcase Workplace Advisor アプリ (左) と入居者向けの Steelcase Find アプリ (右) を作成しました。

Steelcase では、Azure Digital Twins と Microsoft Graph によって IoT の開発を促進して、施設管理者向けの Steelcase Workplace Advisor アプリ (左) と入居者向けの Steelcase Find アプリ (右) を作成しました。

居住者の住み心地

建物の入居者は、気を散らすものが少なく、生産性が向上すると同時にパーソナライズされたエクスペリエンスを実現できる、魅力的な空間を求めています。Harvard Business Review によると、スマート ビルディングは優秀な人材を引き付けたり求人活動を推進したりするだけでなく、従業員の生産性を向上させるため、建物の所有者と運営管理者の大部分が上記の区分を注視していることがわかっています。Microsoft のパートナーは、建物の入居者を支援するために、Microsoft のプラットフォームで革新的なソリューションを提供しています。

商業不動産サービスの世界的リーダーである CBRE は、これまで以上に優れたエクスペリエンスとサービスを建物の所有者と入居者に提供することを目指しています。それを実現する 1 つの方法として、CBRE では従業員支援プラットフォームである CBRE Host を導入しています。このプラットフォームでは、従業員の生活に喜びと効率性を加える、部屋のスケジュール管理、サービスの依頼、経路案内などの機能が提供されます。それと同時に、施設管理者はより適切なタイミングでメンテナンスを提供できるようになり、建物の所有者や投資者は空間とサービスの活用に関する分析情報を得ることができます。

CBRE Host は Microsoft Azure Digital Twins と Microsoft Graph によって稼働しています。センサーの接続に依存しない一方で、重要な共有パートナーである Rigado と Yanzi Networks によって、Azure IoT プラットフォームに構築されたゲートウェイ、アクセス ポイント、占有および快適センサー、デバイス管理機能のためのターンキー パッケージを通じて Host のデプロイが促進されています。Host の発展に伴って進行している重要なテストには、複合現実サービスである Azure Spatial Anchors の統合が含まれています。それによって、従業員、ゲスト、建物の管理者がスマートフォン、タブレット、または HoloLens を使用して環境内で仮想アンカーを探してアクティブ化し、物理的な世界のコンテキストでリアルタイム データを取り込むことができます。

CBRE Host は、ニーズに合った利用可能な部屋を見つけて、建物内で入居者を案内することで、入居者が生産性を向上させるのに役立ちます。

CBRE Host は、ニーズに合った利用可能な部屋を見つけて、建物内で入居者を案内することで、入居者が生産性を向上させるのに役立ちます。

Sagegreenlife のリビング ウォールは、人工的な空間に自然の利点と美しさをもたらします。同社は、水利システムをリモートで監視し、壁面緑化の成果が最適になるような方法を必要としていましたが、社内に専門知識を持った開発者がいなかったため、Microsoft と Cradlepoint に支援を求めました。現在では、Sagegreenlife は Azure IoT Central と Cradlepoint LTE ネットワーク ソリューションを使用して、植物の健康状態に影響する前に問題を検出して解決します。この IoT ソリューションによって、Sagegreenlife は特別な顧客エクスペリエンスを提供し、組織全体に新しい分析情報を提供し、セキュリティが強化された、使いやすい、カスタマイズ可能なプラットフォームでビジネスを調整できます。

Sagegreenlife は Azure IoT Central を使用して、水利システムを監視し、壁面緑化の成果を最適化しています。

Sagegreenlife は Azure IoT Central を使用して、水利システムを監視し、壁面緑化の成果を最適化しています。

デバイスのセキュリティ

世界の商業不動産物件全体で、建物のシステムを制御するシナリオを実現するマイクロコントローラーベースの BACnet デバイスが数百万個あります。BACnet メッセージング プロトコルをセキュリティで保護するために多大な取り組みが行われていますが、デバイス自体で乗っ取りやなりすましに対する脆弱性のためのセキュリティが不十分なことが多く、建物のネットワークで予期していない動作につながる可能性があります。L&T Technology Services は、Azure Sphere チームと提携して、BACnet デバイスを保護できると同時に、メッセージング プロトコルを Azure IoT Hub と IoT Central によって取り込むことができる MQTT メッセージに変換する、ガーディアン モジュールの実装を構築しました。L&T が提供する機能を使用すると、デバイスの製造元や建物の管理組織は、"セキュリティが強化されたデバイスの 7 つのプロパティ" をソリューションに組み込むことができます。

次のステップ

Microsoft では建物の所有者、運営管理者、入居者のためのデジタル フィードバック ループを開発者が作成できるツールを継続的に提供してきたので、過去 1 年にわたるパートナーのイノベーションと勢いの推進は喜ばしいことです。Microsoft は、物理的な世界をモデル化して理解し、空間データから分析情報を得て、建物の所有者、運営管理者、入居者のための革新的なエクスペリエンスを作り出す、強力なサービスとプラットフォームを使用したスマート ビルディング ソリューションをパートナーが提供できるよう継続的に支援します。パートナーと合わせて、スマート ビルディング ソリューションを促進するための 5 つの重要な知識もご紹介します。Realcomm | IBcon 2019 で、30 社を超えるパートナーを Microsoft のブース、Microsoft のパートナー パビリオン、パートナー ブースでご確認ください。

関連情報

パートナーの一覧

パートナーのロゴを選択すると、それぞれの Web サイトにアクセスして特定のソリューションの詳細を確認できます。

パートナーのロゴ
  Edge Technologies KGS SWITCH
AXIONIZE 左隅に緑の四角形がある Hewlett Packard Enterprise のロゴ 青の L&T Technology Services のロゴ 文字の上に赤の三角形がある青の Tridium のロゴ
BENTLEY ICONICS MDM TRIMBLE
赤の Bosch のロゴ ICS エメラルド グリーンと黄色の PCL Construction のロゴ VIEW
 エメラルド グリーンの CBRE のロゴ INFOSYS REALWEAR WILLOW
COGNIZANT 青の Intel のロゴ RELOGIX WIPRO
COHESION IOTIUM RIGADO YANZI
DOMAIN 6 LTRON SAGEGREENLIFE  
青と白の Eaton のロゴ JOHNSON STEELCASE