ナビゲーションをスキップする

クラウドへの取り組みを強化する 3 つの方法: Azure でのアプリの破壊、準備、最適化

2021年11月3日 に投稿済み

General Manager, Microsoft Azure

今週開催される Microsoft Ignite カンファレンスでは、お客様のクラウド導入の行程を継続的に強化するための新しい方法をご紹介します。まず、Azure Chaos Studio のプレビューを発表します。これは、制御されたカオス エンジニアリングによって障害を追跡、測定、軽減し、クラウド アプリケーションの回復性をシステム的に向上させることができる、フル マネージドの実験サービスです。2 つ目は、Microsoft はワークロードをホスティングするための環境であり、コードによって事前プロビジョニング済みである Azure のランディング ゾーンを使用して、デプロイするアプリケーションを見失うことなくお客様のクラウド環境の準備をガイドするための、より優れ、より簡単で、より包括的なアプローチを構築し続けています。3 つ目は、お客様の組織のクラウドへの投資を最大化するために、クラウドのビジネス ケースを構築するためのクラウドの経済に関する新たなガイダンスを、Azure の財務および技術に関する重要なガイダンスとともに提供することです。

1.Azure Chaos Studio: アプリケーションの障害を追跡、測定、軽減する 

お客様のミッションクリティカルな Azure アプリが、さまざまな障害シナリオにどのように対応するか、自信を持って把握していますか? 本日 Microsoft は、Azure Chaos Studio のプレビューを発表します。これを使用すると、お客様は実際の停止をシミュレートする障害をモデル化して意図的に導入し、そのシナリオの下でお客様のアプリケーションがどのように動作するかを検証することができます。 これは、Microsoft のエンジニアがクラウド サービスの回復性を構築するために使用しているツールと同じものです。Chaos Studio を使用すると、実際の障害に対してアプリがどのように反応するかを確認しながら、お客様の条件に合わせて構築することができます。カオス エンジニアリングの分析情報を取得して、開発の後期から運用まで、発見されづらい問題の検出を加速できます。これらをすべて、Azure 内で行うことができます。

Azure Chaos Studio では、以下のことが可能です。

  • ツールやスクリプトを管理することなく、アプリケーションの回復性についての把握に時間を費やすことができます。
  • リソース内を破壊するエージェントベースの障害や、コントロール プレーンのリソースを破壊するサービスベースの障害が含まれており、すばやく作業を開始できます。
  • CI/CD パイプラインの統合により、いつでもどこでも製品の品質を検証し、両方を使用した継続的な検証を通じ、運用の品質を監視することができます。

Microsoft は、お客様やお客様のチームが、このようなシナリオでアプリケーションがどのように動作するかを理解し、アプリケーションの信頼性を高めるために情報に基づいた意思決定を行うための一貫した戦略を実行するのに役立つように、包括的で継続的に拡張される障害タイプのライブラリを構築する作業を続けています。これには、CPU、メモリ、ディスクのリソース負荷障害、待機時間を追加したりリソースへのアクセスをブロックしたりするネットワーク障害、Cosmos DB のフェールオーバー、VM シャットダウン、Redis の再起動などのサービス特有の障害などが含まれています。 

2.Azure ランディング ゾーン: 目標とする最終的な状態に注目する

新しいクラウド プロジェクトに取り組む際には、クラウド アプリケーションに対応した環境を準備することが成功の鍵となります。まったく新しいアプリケーションを作成する場合でも、既存のアプリケーションをモダン化する場合でも、クラウド技術を採用することは、目標とする最終的な状態に向かって旅をするようなものです。Azure ランディング ゾーンの概念アーキテクチャは、Azure 向けの Microsoft クラウド導入フレームワークに記載されている Microsoft のベスト プラクティスとリファレンス実装に基づいた、基本となるアーキテクチャ計画です。 そのスケールアウトされたコントロールにより、お客様の組織に最適なクラウド運用モデルに合わせて安全にイノベーションを進めし、さまざまな段階を経て、ご自分のペースで目的地に到着することができます。

対象となる Azure ランディング ゾーンの概念アーキテクチャが、お客様が既に使用を予定している運用モデルやリソース構造に適合する場合、Microsoft は既製のデプロイ エクスペリエンスを利用して、そのデプロイを支援することができます。クラウドへの移行、既存アプリのモダン化、Azure 上でのクラウドネイティブ アプリの構築など、あらゆるプロジェクトにおいて、クラウドに適切にスケールアウトしたガバナンスとセキュリティを備えたお客様のクラウド環境の準備を成功させるために、Microsoft は Azure ランディング ゾーン アクセラレータを開発しました。これらは Azure portal ベースのテンプレートで、お客様は標準やベスト プラクティスに基づいた概念アーキテクチャの完全な実装を提供する管理グループやポリシーなど、主要なコンポーネントが配置された事前構成済みの環境実装をデプロイすることができます。環境アーキテクチャに関するいくつかの質問に答えてテンプレートをポイントアンドクリックするだけで、お客様の Azure portal エクスペリエンスでご自分のニーズに合わせてカスタマイズし、自動かつ迅速に環境をデプロイすることができます。

3.クラウドの経済性: クラウドへの投資を成功させるために

「70 % 以上のお客様が、コストの最適化をクラウドの取り組みの最重要課題としています。」1 調査と多くのお客様との対話を通じて、Microsoft はお客様のビジネス戦略と目標の定義をガイドするための新しいコスト管理アプローチを公開しました。更新されたアプローチをご覧いただければ、お客様の投資のクラウドの経済性を理解することができます。また、お客様のビジネス ケースを構築したり、クラウドへの投資を最適化したりするための財務ツールやテンプレートも用意されています。

また、Excel モデルを利用した Power BI テンプレートを作成しました。これは、お客様がクラウドへの移行を計画する際に、早い段階でコストを予測するのに役立ちます。Power BI テンプレートとオンプレミスのコンピューティング ユニット リストを使用すれば、Azure ハイブリッド特典や予約インスタンスなどの Azure のオファーや特典を利用して、従量課金制価格を節約し、コストを最適化する方法を理解することができます。

この新しいビデオ ガイダンスでは、お客様のクラウド支出の見積もりと管理に関する、あまり知られていないヒントを紹介しています。Azure Cost Management ポータルから、Power BI によるカスタム ビューやレポート作成、お客様の既存の財務システムにコスト データをフィードする API ベースの統合にいたるまで、Microsoft はお客様のクラウド支出を把握し、クラウドへの投資を最適化するためのサポートをいたします。

次のステップ

お客様が Azure サービスを継続的に導入されるのに合わせて、Microsoft は、お客様のデジタル トランスフォーメーションの行程をガイドし、お客様が組織に向けて設定したビジネス インパクトや目標を実現できるよう、技術的およびビジネス的なコンテンツやツールを進化させ、改善していきます。

  1. 混乱を制御する。Azure Chaos Studio を使用して、破壊してみましょう。依存関係やリスクを分析し、お客様独自のカオス シナリオの仮説を立てます。さまざまなタイプの障害を挿入して、ご自分のアプリがどのように反応するかを試してみましょう。ご自分の結果から学び、Azure Well-Architected Framework の信頼性ガイダンスを使用して問題を軽減できます。次は、異なる障害の種類を試したり、異なるアプリケーションをターゲットにしたりしてみましょう。
  2. Azure ランディング ゾーン アクセラレータを試す。Azure 向け Microsoft クラウド導入フレームワークの一部であるこの Azure portal ベースのデプロイにより、概念アーキテクチャの完全な実装に加えて、管理グループやポリシーなどの主要コンポーネントの構成が提供されます。
  3. 適切なオファーや特典を使用してコストを見積もる。コスト見積もりツールをはじめとするこれらのツールを使用すれば、ご自分のコストを予測し、従量課金制料金に対して節約する方法を見つけ、コストを最適化することができます。こちらのビデオで、コスト見積もりの使用方法を確認してください。

さらに、Azure 移行およびモダン化プログラム (AMMP) は、何千ものお客様のクラウド移行とモダン化の促進を支援してきました。お客様からのご要望に基づき、AMMP は、SAP、Azure Arc とのハイブリッド、セキュリティ、アプリケーション モダン化などの追加シナリオのサポートを拡大しています。AMMP のサポートの最新の強化について詳しくご確認ください。

その他のクラウド有効化ツール、プログラム、リソースをご覧になり、お客様の組織全体がクラウドから継続的な価値を得るための明確な道筋をご確認ください。


1Flexera 2020 State of the Cloud Report

Azure。目的を持って創造する。