Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

製品

    9月 2019

    09/12

    Azure Cognitive Services Text Analytics—New sentiment analysis capability is now available

    Cognitive Services Text Analytics has a new sentiment analysis capability supporting Japanese and Simplified Chinese languages in addition to the previously announced English language model.

    • Text Analytics
    • Cognitive Services
    • Services

    8月 2019

    08/08

    Cognitive Services—Azure Active Directory 認証とカスタム サブドメインのプレビュー開始

    ターゲット可用性: Q4 2019

    Azure Active Directory (Azure AD) 認証を使用すると、Azure AD またはユーザー プリンシパルを使用して Cognitive Services に対する認証を行うことができます。この機能により、Cognitive Services へのアクセスの管理において高い柔軟性を発揮し、資格情報のローテーションに既存のポリシーを使用したり、カスタム パスワード標準を適用したりしやすくなります。

    • Cognitive Services
    • Features
    • Security
    • Services

    7月 2019

    07/26

    Cognitive Services Form Recognizer の名前の変更

    2019 年 9 月 1 日から Cognitive Services Form Recognizer の事前構築済みおよびカスタムの測定名が変更されます。

    • Cognitive Services
    • Services
    07/23

    US Gov 向け Cognitive Services Speech のリソース GUID の変更

    2019 年 9 月 2 日より、US Gov リージョン向け Speech Services の、Custom Speech エンドポイント ホスティングのリソース GUID (測定 ID とも呼ばれる) が変更になります。

    • Cognitive Services
    • Services
    07/15

    Cognitive Services Form Recognizer の事前構築済み機能

    Form Recognizer は、フォームの構造を学習してテキストとデータをインテリジェントに抽出できます。

    • Cognitive Services
    • Features
    07/10

    Cognitive Services Text Analytics Sentiment v3 のパブリック プレビューの提供開始

    Text Analytics API のセンチメント機能の最新リリース (v3) は、テキスト ドキュメントのポジティブ、ニュートラル、ネガティブなセンチメントを検出する点で大幅に機能が向上しました。カナダ中部、東アジア、米国中部でパブリック プレビューの提供が開始されています。

    • Cognitive Services
    • Text Analytics
    • Features
    • Services

    6月 2019

    06/20

    パブリック プレビュー:イマーシブ リーダー (Azure Cognitive Service)

    イマーシブ リーダーは、包括的な機能をアプリに埋め込んで、年齢や能力に関係なくテキストを読んで理解するユーザーの力を高めたいと考えている開発者を対象とした Azure Cognitive Service の 1 つです。

    • Cognitive Services
    • Services
    06/06

    Cognitive Services Text Analytics の名前付きエンティティの認識が利用可能になりました

    Azure Cognitive Services Text Analytics API の一部として、英語とスペイン語をサポートする名前付きエンティティの認識が一般提供されたことを発表いたします。

    • Text Analytics
    • Cognitive Services
    • Services

    4月 2019

    04/02

    Anomaly Detector が利用可能になりました

    Azure Cognitive Services 内の新しいサービスである Anomaly Detector の一般提供が開発者向けに開始されました。異常検出機能をアプリに簡単に組み込むことができるので、問題をすばやく特定し、損失と顧客への影響を最小限にすることができます。

    • Cognitive Services
    • Services
    04/02

    Cognitive Services の Custom Vision が利用可能になりました

    貴社の最先端のコンピューター ビジョン モデルを、独自の用途向けに簡単にカスタマイズできます。ラベル付けした画像をいくつかアップロードするだけで、あとは Custom Vision Service におまかせください。1 回クリックするだけで、トレーニング済みのモデルをデバイスでの実行用や、Docker コンテナーとしてエクスポートできます。

    • Cognitive Services
    • Services

    1月 2019

    01/18

    Azure Cognitive Services Custom Speech モデル ホスティングのリソース GUID の変更

    2019 年 4 月 1 日以降、Azure Cognitive Services Custom Speech モデル ホスティングのリソース GUID と計算単位が変更されます。

    • Cognitive Services
    • Services

    12月 2018

    12/19

    Cognitive Services Speech Services のニューラル テキスト読み上げ機能のプレビュー開始

    Cognitive Services Speech Services のニューラル テキスト読み上げ機能のプレビューが開始されました。この機能を使用して、人の声とほとんど区別のつかない声をアプリにデプロイします。

    • Cognitive Services
    • Text to Speech
    • Services
    12/11

    スキルセットを無制限に実行できるようにするために Cognitive Services サブスクリプションを接続する

    2018 年 12 月 21 日から、Cognitive Services サブスクリプションと Azure Search のスキルセットを関連付けることができるようになります。スキルセット実行の料金は、Cognitive Services サブスクリプションの一部として請求されます。2018 年 12 月 21 日からは、ドキュメント クラッキング ステージの一部である画像の抽出に対する請求も開始されます。ドキュメントのテキスト抽出に関しては、追加コストはありません。

    • Cognitive Services
    • Azure Search
    • Services
    12/04

    Text Translator のカスタム翻訳機能

    Translator Text Cognitive Service のカスタム翻訳機能の一般公開を発表

    • Cognitive Services
    • Translator Text
    • Features
    • Microsoft Connect
    12/04

    Language Understanding コンテナー サポート: プレビュー

    Language Understanding Cognitive Service コンテナー サポートの発表 (プレビュー)

    • Cognitive Services
    • Language Understanding
    • Features
    • Microsoft Connect

    11月 2018

    11/14

    Azure Cognitive Services コンテナーがプレビュー段階に入りました

    Cognitive Services のコンテナー サポートを利用して、Azure Cognitive Services をオンプレミス、エッジに展開します。Cognitive Services コンテナーを使用すると、開発者は Azure で利用できるものと同じインテリジェント API を使用できますが、それに加えて Docker コンテナーの持つ柔軟性を享受できます。

    • Cognitive Services
    • Services
    11/14

    Azure Cognitive Services で新たに強化された機能

    新たに強化された機能には、Custom Vision Service のロゴ検出と、翻訳の改善が含まれます。

    • Cognitive Services
    • Services

    10月 2018

    10/17

    Azure Cognitive Services が新しいリージョンで使用可能になる

    Azure Cognitive Services を新しいリージョンで利用できるようになりました。Content Moderator、Computer Vision、Face、Translator Text、Language Understanding (LUIS) の各サービスが米国政府のリージョンで一般公開になりました。

    • Cognitive Services
    • Services

    9月 2018

    09/24

    Azure Cognitive Services—音声サービスの一般提供開始

    音声変換、音声合成、Custom Speech、音声翻訳の機能を 1 つのサービスに統合した音声サービスの一般提供が開始されました。

    • Cognitive Services
    • Speech Services
    • Microsoft Ignite
    • Services

    7月 2018

    07/16

    Public preview: Speech SDK 0.5.0 for Cognitive Services

    Version 0.5.0 of the Speech SDK for Cognitive Services has been released with support for UWP, .NET Standard, and Java; feature updates; and bug fixes.

    • Cognitive Services
    • SDK and Tools

    関連資料

    四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

    2019 年第 2 四半期

    Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

    ブログ

    Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

    フィードバックの提供

    Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

    自分のリージョンで製品が利用可能か確認する