ナビゲーションをスキップする

エンジニアリング エクセレンスを促進するために、Microsoft が文化的変革を指導する専任チームを設立

Microsoft のチームが高いパフォーマンスを発揮できるよう支援するために、One Engineering System (1ES) チームが行っている実験的な取り組みを見ていきましょう。

物語を全部読む

課題: 高いパフォーマンスを引き出す方法を理解する

Microsoft One Engineering System (1ES) チームは、利用可能な最善のツールを標準化して社内のすべてのエンジニアを支援するために、指導的役割を果たすことを任務として 2014 年に設立されました。その後数年間で、チームはエンジニアリング チーム間の標準のツールキットの確立で大きな成功を収めました。ソース管理の問題が減り、ビルド時間が短縮され、信頼性が向上しました。しかし、1ES チームはこれらの成果を達成したものの、効率をさらに向上させる機会が残されていることに気付きました。望ましい結果を得るには、ツールの範囲を超えて焦点を広げ、取り組みを拡大して人とプロセスを含める必要があることが明らかになりました。チームの任務は、Microsoft と同様に大規模で多様性を持つ企業において、文化の変革をどのように推進すればよいかという新たな課題へと発展しました。

"If you want things to change, you're much better off starting with 'What motivates our internal customers? Why would they want to sign on to this? And how can we best meet them where they're starting from?'"

1ES、プリンシパル PM マネージャー、Cindy Alvarez

実験的な取り組みとしての変革のアプローチ

1ES のチームは、まず社内の顧客のモチベーションに耳を傾け、その目標に向かって努力することを学びました。次に、できるだけ早く変化を拡大するためには、最大規模のチームから始めるのではなく、意欲的な中型のチームから素早く勝利を得ることに集中することで、より大きな成功を収めることができることを学びました。このようなチームの向上は、他のチームにも伝染し、全社的に着実かつ持続可能な発展をもたらします。最後に、実験と継続的な学習の文化を採用することは、人々が新しいことを試し、発言し、より良いプロセスとパフォーマンスの強化につながる方法で貢献するために必要な心理的安全性を生み出します。

1ES は、「カルチャー変化を引き起こすための 5 つのステップ: チームが適応し働き方を変えるための力を与える」ガイドに、他のチームと共有するプロセスをまとめています。

"It's not about size … It's about focusing on quick wins and substantial impact over rolling out substantial change to as many as possible, all at once. Today, we value continuous learning and steady progress over rushing to scale."

1ES、プリンシパル PM マネージャー、Cindy Alvarez

成功に基づく多面的なアプローチの採用

さまざまなチームの多様なニーズに対処し、機能を確認するために、1ES は複数のエンゲージメント モデルを使用します。ある取り組みでは、エンジニアを最長 9 カ月間チームに参加させ、内部からカルチャーの変化を促します。また、1 週間から 2 週間程度の期間で、ベストプラクティスの構築や改善のためのフレームワークの確立を行い、コーチングやメンタリングなどのサービスを通じて「良好な」状態を示すことで、短期間で成果を上げることに重点を置いたアプローチもあります。また、社内プロジェクトをよりオープンソースのように機能させ、Microsoft 全体のエンジニアリング人材の潜在能力を引き出す取り組みも行っています。

現在も 1ES は、ワークアイテム追跡のための Azure Boards、ビルドとデプロイのオーケストレーションのための Azure Pipelines など、ツールの標準化に注力しており、その他の最新ツールの採用も進めています。カルチャーの変化を促進することに重点を置いたこのチームの努力は、大きな成功を収めています。このチームと一緒に仕事をしたチームは、より良いコラボレーションを行い、より速く出荷できるようになりました。最も重要なのは、従業員の満足度が向上していることで、ある著名なチームの例では 93% も向上しています。1ES チームは、より協力的で持続可能なエンジニアリング文化を目指して、試行錯誤を繰り返し、ひとつひとつの成功を積み重ねていくことを大切にしています。

チームの実験的な取り組みとこれまでに学んだ教訓を見ていきましょう。

物語を全部読む
どのようなご用件ですか?