Trace Id is missing
メイン コンテンツにスキップ

Microsoft Dev Box

開発者向けに最適化されたクラウドベースのワークステーションで生産性と満足度を高める

開発者の主要なユース ケースをサポートするために構築されたクラウド ワークステーション

Microsoft Dev Box は、事前構成済みでプロジェクト固有の開発者ボックスへのセルフサービス アクセスを開発者に提供する Azure サービスです。オンデマンドで接続し、複数の開発ボックスで作業して、構成の競合を回避します。物理デバイスを使用して Microsoft Intune で開発ボックスを管理し、セキュリティ、コンプライアンス、コスト効率を最大化します。

一般提供が開始された Microsoft Dev Box の最新機能について読む

開発者の生産性を高め、開発者ワークフローと統合するために構築されたクラウドベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャ

プロジェクトベースの構成により、開発者のオンボード時間を数日から数分に短縮

リージョン固有の開発ボックスは、開発チーム メンバーが世界中のどこにいても忠実性の高いエクスペリエンスを確実に得られるようにするのに役立ちます

Microsoft Intune を使用すると、組織は物理ワークステーションと同じ方法でクラウド ワークステーションを利用できるようにします

開発ワークステーション エクスペリエンスを変革する

クラウド内の開発用に最適化されたワークステーションを使用して、オンボーディングを高速化し、コーディングを数分で開始できます。Dev Box は、IT 監視を維持しながら、開発者が必要とするすべてのツールと資産を使用して、事前に構成され、コーディングする準備ができています。開発者のワークフローとツールに合わせて開発ボックスを調整しましょう。最も近い Azure リージョンにデプロイするように事前構成された開発ボックスを使用して、世界中のどこにいても、忠実性の高い接続を体験できます。

リストから開発ボックス プールを選択しているユーザー
開発ボックスを追加しているユーザー

プロジェクト ベースの事前構成済み開発ボックスを作成する

現在のタスク用のコード リポジトリとツールがプレインストールされた開発ボックスをすばやく起動します。イメージを管理したり、IT から支援を受けることなく、チームによって構築された開発ボックス プールのライブラリから選択できます。複数のプロジェクト ベースの開発ボックスを同時に実行して並列で動作し、構成の競合を排除します。あらゆるデバイスで最も要求の厳しいタスクに対応するために、ハイ コンピューティングと日常の開発ボックスを切り替えます。

開発者のセキュリティとコンプライアンスを最大化する

開発ボックスによる詳細なポリシー管理とガバナンスを有効にすることで、開発者、ワークステーション、ワークロードをセキュリティで保護します。Microsoft Intune を使用して物理デバイスと共に開発ボックス管理を一元化し、プロジェクトごとにそれぞれの開発ボックスのアクセス制御とアクセス許可を既定でゼロ トラストに設定します。ワークフローを分離し、生産性を制限せずに孤立したソース コードを回避する

組み込みのセキュリティとコンプライアンス

Azure 無料アカウントで作業を開始する

1

無料で始めましょう30日間以内に使用できる 200 米国ドル 相当のクレジットを取得できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスを常時無料で利用できます。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを引き続き利用できます。料金は、月々の無料利用分を超えて使用した分だけをお支払いいただきます。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

「オンプレミスで作業している場合、開発者がノート PC を入手し、セットアップし、適切なツールを使用できるようになるまで、2 ~ 3 週間かかる場合があります。... Dev Box を利用すると、...必要なすべてのツールを備えた開発環境を数分で作成することができます。」

Michael Anderson 氏 グローバル IT、Enterprise Technology Services Inventory Automation and Development 担当ディレクター

タブに戻る

Microsoft Dev Box に関してよく寄せられる質問

  • Microsoft Online Services の SLA をお読みください。

  • Microsoft Dev Box は、次の Azure リージョンで利用できます:オーストラリア東部、カナダ中部、インド中部、東アジア、米国東部、米国東部 2、東日本、韓国中部、北ヨーロッパ、米国中南部、英国南部、西ヨーロッパ、米国西部 3。

  • インターネットに接続された最新のデバイスのほとんどは、Windows 10、Windows 11、Mac OS、iOS、Android でサポートされているデバイスを含む開発ボックスにアクセスできます。開発ボックスには、Microsoft リモート デスクトップ アプリを介して、または HTML5 対応ブラウザー内で直接アクセスできます。特定の機能では、特定のハードウェアが必要になる場合があります。

  • Dev Box は Windows サポートを始めるので、windows OS で動作するすべてのツールを開発者ボックスにインストールできます。開発チームが任意のツールを使用して任意の技術スタック上に任意のアプリケーションを構築できるようにすることを最終目的としています。Dev Box では、Linux 用 Windows サブシステムを使用して Linux 上で実行されるクロスプラットフォーム アプリケーションの開発とデバッグもサポートされています。

  • いいえ。Dev Box を使用するにはインターネット接続が必要です。本サービスが Windows 365 と相互運用可能な場合は、Windows 365 の将来のリリースで予定されているオフライン サポートなど、クラウドベースのサービスのイノベーションを活用できます。

  • Dev Box を使用するには、各ユーザーに Windows 11 Enterprise または Windows 10 Enterprise、Microsoft エンドポイント マネージャー、および Microsoft Entra ID P1 (旧 Azure Active Directory P1) のライセンスが付与されている必要があります。これらのライセンスは、個別に利用できることに加えて、Microsoft 365 F3、Microsoft 365 E3、Microsoft 365 E5、Microsoft 365 A3、Microsoft 365 A5、Microsoft 365 Business Premium、および Microsoft 365 Education 学生使用特典サブスクリプションに含まれています。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう

Azure を無料で試す