パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドとは

クラウド サービスのデプロイ オプションの紹介

ハイブリッド クラウド コンピューティング

ハイブリッド クラウドは、オンプレミスのインフラストラクチャ (プライベート クラウド) とパブリック クラウドを組み合わせたクラウド コンピューティングの一種です。ハイブリッド クラウドを使用すると、データとアプリを 2 つの環境間で移動できます。

多くの組織では、規制やデータ主権の要件を満たすこと、オンプレミスのテクノロジへの投資を最大限に活用すること、低待機時間の問題に対処することなど、ビジネス上の理由から、ハイブリッド クラウド アプローチを選択しています。

ハイブリッド クラウドは、エッジ ワークロードが含まれるように進化しています。エッジ コンピューティングを使用すると、クラウドのコンピューティング能力を、データが置かれている場所に近い IoT デバイスで利用できます。ワークロードをエッジに移動することにより、デバイスのクラウドとの通信時間が短縮され、待機時間が少なくなり、長いオフライン期間があっても確実に運用することができます。

ハイブリッド クラウド プラットフォームの利点

ハイブリッド クラウド プラットフォームは、柔軟性の向上、さらに多くのデプロイ オプション、セキュリティ、コンプライアンス、既存のインフラストラクチャからのさらなる価値の利用など、多くのメリットを企業にもたらします。コンピューティングと処理の需要が変動した場合、ハイブリッド クラウド コンピューティングによって、企業はオンプレミスのインフラストラクチャをパブリック クラウドにシームレスにスケール アップできるため、どのようなオーバーフローにも対処できます。この場合でも、サードパーティーのデータセンターにデータ全体へのアクセス権が付与されることはありません。組織は、特定のワークロードをクラウドで実行しながら、クライアントのニーズや規制要件を満たすために機密性の高いデータを自社のデータセンターに保管することで、パブリック クラウドが提供する柔軟性と革新性を得ることができます。

これにより、コンピューティング リソースをスケーリングできるだけでなく、短期間の需要の急増に対処する場合や、ローカル リソースをより機密性の高いデータやアプリケーションのために解放しなければならない場合に、多額の設備投資をする必要がなくなります。長期間使用しない可能性があるリソースと機器を追加で購入し、プログラミングして保守するのではなく、一時的に使用するリソースの額を支払うだけで済みます。

ハイブリッド クラウドの利点:

  • 制御 - お客様の組織は、低待機時間を必要とする機密性の高い資産やワークロードのプライベート インフラストラクチャを維持できます。
  • 柔軟性 - 必要な場合には、パブリック クラウドの追加のリソースを活用できます。
  • コスト効率性 - パブリック クラウドにスケーリングでき、必要な場合にのみ追加のコンピューティング機能の料金をお支払いいただけます。
  • 手軽さ - 段階的な移行が可能で、ワークロードを徐々に移行できるため、クラウド移行の負荷が軽減されます。

デプロイ オプション (パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド) について理解する

すべてのユーザーにとって最適な 1 つの種類のクラウド コンピューティングはありません。さまざまなクラウド コンピューティング モデル、種類、サービスが、急速に変化する組織のテクノロジ ニーズに合わせて進化してきました。

クラウド サービスをデプロイするには、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドという 3 つの方法があります。デプロイ方法は、お客様のビジネス ニーズによって異なります。

パブリック クラウドとは

パブリック クラウドは、最も一般的な種類のクラウド コンピューティング デプロイです。クラウド リソース (サーバーやストレージなど) は、サードパーティーのクラウド サービス プロバイダーが所有および運用し、インターネット経由で提供されます。パブリック クラウドの場合、すべてのハードウェア、ソフトウェア、およびその他の支援インフラストラクチャがクラウド プロバイダーによって所有され、管理されます。Microsoft Azure はパブリック クラウドの一例です。

パブリック クラウドの場合、お客様は同じハードウェア、ストレージ、ネットワーク デバイスを他の組織またはクラウドの "テナント" と共有し、Web ブラウザーを使用してサービスにアクセスし、アカウントを管理します。パブリック クラウドのデプロイは、Web ベースの電子メール、オンラインの Office アプリケーション、ストレージ、および環境のテストと開発を提供するためによく利用されます。

パブリック クラウドのメリット

  • 低コスト - ハードウェアやソフトウェアの購入が不要で、利用するサービスの料金のみを支払います。
  • メンテナンス不要 - サービス プロバイダーがメンテナンスを提供します。
  • ほぼ無制限のスケーラビリティ - オンデマンドのリソースを利用して、ビジネス ニーズを満たすことができます。
  • 高い信頼性 - 大規模なサーバー ネットワークが、障害から保護します。

プライベート クラウドとは

プライベート クラウドは、単独の企業や組織が専用的に使用するクラウド コンピューティング リソースによって構成されます。プライベート クラウドは、組織のオンサイトのデータセンターに物理的に配置することもできますし、サードパーティーのサービス プロバイダーによってホストすることもできます。ただしプライベート クラウドでは、サービスとインフラストラクチャは常にプライベート ネットワークに保持され、ハードウェアとソフトウェアは組織専用になります。

このようにプライベート クラウドでは、リソースをカスタマイズして特定の IT 要件を満たすことが簡単にできます。通常プライベート クラウドは、政府機関、金融機関、および環境におけるコントロールの強化を望む、ビジネスに不可欠な業務に携わる中規模および大規模組織によって使用されます。

プライベート クラウドのメリット:

  • より高い柔軟性 - お客様の組織はクラウド環境をカスタマイズして、特定のビジネス ニーズを満たすことができます。
  • 制御の向上 - リソースが他のユーザーと共有されないため、より高いレベルの制御とプライバシーを実現できます。
  • スケーラビリティの向上 - プライベート クラウドは多くの場合、オンプレミスのインフラストラクチャと比較してより高いスケーラビリティを提供します。

よく寄せられる質問

  • ハイブリッド クラウドの実際の例をご紹介します。

    • 多くのお客様がハイブリッド クラウドを活用して、パブリック クラウドが提供するグローバルなスケール、信頼性の向上、AI 対応のセキュリティ、コスト削減を実現しています。規制の厳しい業界では、データ所在地要件で、特定のデータ セットはオンプレミスで保管し、他のワークロードはパブリック クラウドに存在することが義務付けられている場合があります。
    • アプリケーションがオンプレミスまたはプライベート クラウドに存在する場合、オンライン ショッピングや確定申告のような季節性イベントなどの、突然の需要の急増が容量のオーバーロードを引き起こす場合があります。需要が急増した場合に、組織はパブリック クラウドの追加のコンピューティング リソースをすぐに利用することができます。これは "クラウド バースト" と呼ばれることもあり、ハイブリッド クラウド環境を使用すると、オンプレミスのインフラストラクチャをパブリック クラウドに "バースト スルー" することができます。
  • ほとんどのクラウド コンピューティング サービスは、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サーバーレス、およびサービスとしてのソフトウェア (Saas) の 4 つのカテゴリに大別されます。これらはお互いに重なりあって構築されるため、クラウド コンピューティング "スタック" と呼ばれることもあります。

    クラウド コンピューティングの一般的な用語の辞書を確認する

  • これは、最も基本的なクラウド コンピューティング サービスのカテゴリです。IaaS は、お客様がサーバーと仮想マシン (VM)、ストレージ、ネットワーク、オペレーティング システムなどの IT インフラストラクチャを、クラウド プロバイダーから従量課金制でレンタルします。

    IaaS の詳細

  • サービスとしてのプラットフォームとは、ソフトウェア アプリケーションの開発、テスト、配信、管理のためのオンデマンド環境を提供するクラウド コンピューティング サービスのことです。PaaS は、開発者が Web アプリケーションやモバイル アプリケーションをすばやく、より簡単に作成できるように設計されています。開発に必要となるサーバー、ストレージ、ネットワーク、データベースによる基盤インフラストラクチャのセットアップや管理の心配はいりません。

    AKS に関する詳細

  • PaaS とオーバーラップするサーバーレス コンピューティングは、アプリの機能のビルドに重点を置いています。これを行うために必要なサーバーとインフラストラクチャを継続的に管理するために時間を費やす必要はありません。お客様の代わりにクラウド プロバイダーが、セットアップ、キャパシティ プランニング、およびサーバー管理を処理します。サーバーレス アーキテクチャは、イベント駆動型で高いスケーラビリティを誇り、特定の関数やトリガーが発生したときにだけリソースを使用します。

    サーバーレス コンピューティングに関する詳細

  • サービスとしてのソフトウェアは、インターネット経由でソフトウェア アプリケーションを配信するための手法であり、この配信はオンデマンドで、通常はサブスクリプションに基づいて行われます。SaaS では、クラウド プロバイダーがソフトウェア アプリケーションおよび基盤インフラストラクチャのホスティングと管理を行い、ソフトウェアのアップグレードやセキュリティ パッチ適用など、すべての保守作業を担当します。ユーザーはインターネット経由で、通常は自分の携帯電話、タブレット、または PC の Web ブラウザーを使用してアプリケーションに接続します。

    SaaS に関する詳細

  • エッジ コンピューティングを使用すると、顧客はエッジの場所で VM、コンテナー、データ サービスを実行できます。クラウド コンピューティングの能力をデータが存在する場所に近い IoT デバイスで利用できるようにすることで、企業は機械学習や AI を活用して新たなビジネス チャンスを切り開くことができます。IoT デバイスとシステムをお客様のユーザー、データ、またはその両方により近くで接続することで、応答性が高く文脈を認識できるアプリでリアルタイムの分析情報とエクスペリエンスを提供することができます。

    インテリジェント クラウド コンピューティングとインテリジェント エッジに関する詳細情報

  • Azure のハイブリッドは、柔軟性と選択性を重視しているので、どのように言っても構いませんし、その両方が正しいです。

Azure でのハイブリッド クラウド ソリューションの構築の概要

オンプレミス、マルチクラウド、エッジ環境全体で、ご自分のシナリオに合った包括的なアプローチを見つけてください。Azure ArcAzure Stack などのユニークなハイブリッド オファリングを詳しくご覧ください。お使いのハイブリッド環境のどこでもイノベーションを実現できる柔軟性を備えており、Microsoft の信頼できるクラウドでシームレスかつ安全に運用することができます。

ハイブリッド クラウド ソリューションの概要

準備が整ったら、いつでもすぐに無料アカウントをセットアップできます