パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドとは

オプションを理解する

クラウド コンピューティングの基本前提 (インターネット経由でのコンピューティング サービスの提供) を理解したら、クラウド リソースのデプロイにはさまざまな方法があることがわかります。デプロイのオプションには、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびハイブリッド クラウドがあります。3 つのシナリオのいずれでも、コスト効率性、パフォーマンス、信頼性、スケールなどの同様のメリットがもたらされますが、どのデプロイ手段を選択するかは、ビジネス ニーズによって異なります。

パブリック クラウドとは

パブリック クラウドは、クラウド コンピューティングをデプロイする最も一般的な方法です。クラウド リソース (サーバーやストレージなど) は、サードパーティーのクラウド サービス プロバイダーが所有および運用し、インターネット経由で提供されます。Microsoft Azure はパブリック クラウドの一例です。パブリック クラウドでは、すべてのハードウェア、ソフトウェア、およびその他の支援インフラストラクチャがクラウド プロバイダーによって所有され、管理されます。パブリック クラウドでは、同じハードウェア、ストレージ、ネットワーク デバイスを他の組織やクラウドの "テナント" と共有します。 ユーザーは Web ブラウザーを使用してサービスへのアクセスやアカウント管理を行います。パブリック クラウドのデプロイは、Web ベースの電子メール、オンラインの Office アプリケーション、ストレージ、および環境のテストと開発を提供するためによく利用されます。

パブリック クラウドのメリット

  • 低コスト - ハードウェアやソフトウェアの購入が不要で、利用するサービスの料金のみを支払います。
  • メンテナンス不要 - サービス プロバイダーがメンテナンスを提供します。
  • ほぼ無制限の拡張性 - オンデマンドのリソースを利用して、ビジネス ニーズを満たすことができます。
  • 高い信頼性 - 大規模なサーバー ネットワークが、障害から保護します。

プライベート クラウドとは

プライベート クラウドは、単独の企業や組織が専用的に使用するコンピューティング リソースによって構成されます。プライベート クラウドは、組織のオンサイトのデータセンターに物理的に配置することもできますし、サードパーティーのサービス プロバイダーによってホストすることもできます。ただしプライベート クラウドでは、サービスとインフラストラクチャは常にプライベート ネットワークに保持され、ハードウェアとソフトウェアは組織専用になります。このようにプライベート クラウドでは、リソースをカスタマイズして特定の IT 要件を満たすことが簡単にできます。通常プライベート クラウドは、政府機関、金融機関、および環境におけるコントロールの強化を望む、ビジネスに不可欠な業務に携わる中規模および大規模組織によって使用されます。

プライベート クラウドのメリット

  • より高い柔軟性 - クラウド環境をカスタマイズして、特定のビジネス ニーズを満たすことができます。
  • セキュリティの向上 - リソースが共有されないため、より高いレベルのコントロールとセキュリティが可能です。
  • 高い拡張性 - プライベート クラウドでも、パブリック クラウドの拡張性と効率性を利用できます。

ハイブリッド クラウドとは

ハイブリッド クラウドはよく、"両方の世界のいいとこ取り" と呼ばれており、オンプレミスのインフラストラクチャやプライベート クラウドとパブリック クラウドを組み合わせることで、組織はどちらのメリットも得ることができます。ハイブリッド クラウドでは、データやアプリケーションはプライベート クラウドとパブリック クラウドの間で移行できるため、柔軟性が高く、より多くのデプロイ オプションを利用できます。たとえば、Web ベースの電子メールのように大容量でセキュリティ レベルが低いニーズにはパブリック クラウドを使用し、財務報告のように機密性が高く、ビジネスに不可欠な業務にはプライベート クラウド (または他のオンプレミスのインフラストラクチャ) を使用できます。ハイブリッド クラウドでは、"クラウド バースティング" もオプションに含まれています。これは、アプリケーションやリソースをプライベート クラウドで実行している場合に、需要の急増 (例: オンライン ショッピングや納税申告などの時期的なイベント) に合わせて、パブリック クラウドに "バースト" して、追加のコンピューティング リソースを活用できることを指します。

ハイブリッド クラウドのメリット

  • コントロール - 機密性の高い資産に使用するプライベート インフラストラクチャを、組織で保持できます。
  • 柔軟性 - 必要な場合には、パブリック クラウドの追加のリソースを活用できます。
  • コスト効率性 - パブリック クラウドに拡張でき、必要な場合にのみ追加のコンピューティング機能の料金を支払います。
  • 手軽さ - 段階的な移行が可能で、ワークロードを徐々に移行できるため、クラウド移行の負荷が軽減されます。

デプロイのオプション

ご覧のように、クラウドでは各組織のニーズに合ったさまざまなデプロイ オプションを提供しています。クラウド コンピューティングの詳細はこちらをご覧ください。

無料アカウント

Bring your next great idea to life with the Azure Free Account

今すぐ利用を開始する

Visual Studio

サブスクライブすると、1 年あたり最大 $1800 までの追加の Azure サービスが利用できます

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報