ハイブリッド クラウドを可能にする次世代の Azure Stack HCI を発表

2020年7月21日 に投稿済み

Senior Director, Azure Marketing

ワークロードをクラウドに移行するお客様が増えています。その目的は支出削減、効率向上、そしてイノベーションです。同時に、一部のワークロードをオンプレミスに残すことも必要となっていますが、それはコンプライアンス、待機時間、あるいはその他のビジネス面または技術的な理由からです。組織が求めるコスト効果の高いソリューションとは、ハイブリッドを自社のデータセンターで実現すると同時に既存のスキルと投資を活用できるものです。私たちはハイブリッドを求めるお客様のために、より多くの選択肢と最高のソリューションをお届けすることをお約束します。

Azure Stack のソリューションは既に、データセンター、リモート オフィス、エッジ ロケーションでのハイブリッドを必要とするお客様にご利用いただいています。ハイブリッド アプリケーションを柔軟に実行できるように、さまざまな選択肢をご用意しています。Azure Stack Hub は Azure との整合性があり、接続した状態でもそうでない状態でも実行できます。オンプレミスでのハイ パフォーマンス仮想化には Azure Stack HCI を使用できます。Azure Stack Edge は、エッジでインテリジェントにコンピューティングと人工知能を (AI) を実行する Azure マネージド アプライアンスです。

本日、次世代の Azure Stack HCI を発表します。これは Azure のサービスの 1 つであり、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) の価格パフォーマンスにネイティブの Azure ハイブリッド機能を組み合わせたものです。しかもエンタープライズ企業の既存のスキルを活用できます。

Azure stack のビデオ

Azure は当初からハイブリッドを意識

Azure Stack HCI ソリューションは Azure のサービスの 1 つであり、お客様はセキュリティ、パフォーマンス、ハイブリッドの最新の機能強化を利用できます。Azure での統合型の管理と運用が可能であり、お客様は Azure Stack HCI デプロイと Azure のリソースの両方の管理を、Azure portal から直接行うことができます。複数クラスターの大規模な監視が可能で、さらに Azure Stack HCI 上で実行される仮想マシン (VM) の可視化と管理も可能であり、これには Azure Arc が活用されます。

IT 管理者のための新しいデプロイ ウィザードもあり、Azure Stack HCI クラスターをすばやくセットアップして Azure に接続できます。Azure Stack HCI は Azure の中核的サービス (Azure Backup、Azure Security Center、Azure Monitor など) とネイティブで統合されているので、簡単に Azure のハイブリッド管理機能を利用できます。

エンタープライズ規模で、優れた価格パフォーマンス

お客様は柔軟に、リモートまたはブランチ オフィスのような小規模なデプロイを運用することも、データセンター規模にまで拡大することもできます。柔軟な、コア単位のサブスクリプション モデルが採用されているため、お客様のニーズに基づいてコストを最適化できます。たとえば、あるブランチ オフィスのシナリオでは、8 コアのサーバーが 1 つで VM の数は 16 未満とします。この場合の Azure Stack HCI の初期コストは、現在販売されている他の HCI ソリューションの 2.5 分の 1 となります。

また、新しい Azure Stack HCI には、Windows Server 2008 VM を実行するための無料の拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) が含まれています。

私たちが望むのは、お客様が支出を節約すると同時に優れたパフォーマンスを得られるようにすることです。初期のベンチマークの結果によれば、Azure Stack HCI の IOPs (input/output operations per second) は 1,300 万以上であり、TPC-c SQL サーバー ワークロードについては毎秒 100 万件を超える要求を処理しています。どちらも、第 1 世代の Azure Stack HCI が見せていた業界をリードするパフォーマンスを受け継いでいます。

新機能も含まれており、たとえば Stretch Cluster はネイティブの高可用性 (HA) とディザスター リカバリーを実現します。したがって、1 つのクラスターを単一サイトから複数サイトに拡張するのも簡単です。

おなじみの管理と運用

IT チームは Azure、Windows Server、Hyper-V の知識と経験を土台として Azure Stack HCI を運用することができます。使い慣れているツール、たとえば Windows Server 管理センターや Azure portal などを使用してデプロイ内のリソースを管理および監視できます。管理タスクはどれもスクリプト処理が可能であり、クロスプラットフォームの Windows PowerShell フレームワークを使用して処理できます。

ハードウェアとデプロイの選択肢

私たちはパートナー各社と協力して、お客様のニーズを満たす幅広い検証済みハードウェア ソリューション上で Azure Stack HCI を提供しています。これらの検証済みソリューションの基盤となっているのは、Microsoft とハードウェア パートナー各社によってサポートされている、標準化された参照アーキテクチャです。

より良いお客様エクスペリエンスをお届けするために、Microsoft は Azure Stack HCI 統合システムを新しい購入オプションとして導入します。統合システムは、アプライアンスと同様にデプロイできます。価値実現までの時間を最短にするために工場で事前インストールされており、デプロイが容易です。統合型の更新でスタック全体、つまりファームウェア、ドライバー、エージェント、オペレーティング システムが更新され、他にも多数の独自の機能があります。

Lenovo はいち早く Azure Stack HCI 統合システムを市場に送り出したパートナーです。このことを実現したのはハードウェアとお客様エクスペリエンスにおける同社のイノベーションであり、私たちはこのパートナーシップをほんとうに嬉しく思っています。

“Lenovo と Microsoft の長年にわたるパートナーシップは成長を続けています私たちはともに両社のお客様のエクスペリエンスをレベルアップしていくために、Azure Stack HCI を当社のサーバーとソフトウェア デファインドのポートフォリオに取り入れています。これにはエッジ サーバー プラットフォーム ThinkAgile MX1021 も含まれています。両社のテクノロジを組み合わせることによって、お客様の IT の最新化とハイブリッド クラウドへの行程がさらに加速します。これにはハイブリッド機能と Azure のシームレスな統合が活用されます。" —Kamran Amini 氏 (Vice President and General Manager、Datacenter Infrastructure and Software-Defined Solutions、Lenovo Data Center Group)

Intel も Microsoft とのパートナーシップが長年にわたって続いており、両社のお客様のクラウド移行とハイブリッド化に力を入れています。

"デジタル トランスフォーメーションを求める声が高まっていますが、テクノロジは、お客様が混乱の時代を乗り切っていくのに必要な回復力と再考力を見つけるのに役立つ重要な役割を担っています。Azure Stack HCI には Intel の幅広いポートフォリオからの最新のテクノロジが利用されているため、お客様のインフラストラクチャを短期間で最新化できます。お客様は時代の変化にすばやく適応することができ、クラウドの効率をオンプレミスのワークロードに適用する一方で、信頼できる柔軟性、パフォーマンス、規模を Microsoft と Intel から得ることができます。" —Jason Grebe 氏 (Corporate Vice President、General Manager、Cloud Enterprise Solutions Group、Intel)

また、Azure Stack HCI を既存のハードウェア上で柔軟に実行することもできます (そのハードウェアが Microsoft の検証済みノード ソリューションと一致する場合)。この重要な新しい変更で、お客様が現在のハードウェア投資から最大の価値を引き出すことができると私たちは考えています。

データセンターを最新化する

Azure Stack HCI は、高密度仮想化とストレージでデータセンターを最新化する、さまざまなユース ケースで使用できます。これは、組織のデータセンター コストを削減したい場合に理想的なソリューションとなります。特にレガシのハードウェアまたは SAN 環境を最新のハイパーコンバージド インフラストラクチャで置き換えると、運用費の削減だけでなく、Azure からの中央集中型の管理による効率化からもコスト削減が可能です。

銀行、小売店舗、工場、エッジ ロケーションで、小規模なシステムからサーバー クラスまで、さまざまなハードウェアの選択肢を活用して仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) やハイ パフォーマンス SQL 環境などのソリューションを実行することができます。これを、単一のコントロール プレーンでサポートし、フリートとクラスターの管理を Azure を通して行うことができます。

ご利用ください 

今回の Azure Stack HCI の大きな変更をお届けできることを嬉しく思います。ぜひ、今すぐお試しください。Azure Stack HCI のソリューションをご覧になり、プレビューのフィードバックをお寄せください。私たちはこれからも、業界最高のハイブリッド アプローチをお届けしていきます。