提供中

最大 12 TB のメモリを提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシン (VM) の東南アジア リージョンでの一般提供開始

公開日: 10月 25, 2019

最大 12 TB のメモリを提供する Azure Mv2 仮想マシンの東南アジア リージョンでの一般提供が開始されました。

Azure Mv2 シリーズ仮想マシンは、ハイパースレッドで、Intel® Xeon® Platinum 8180M 2.5GHz (Skylake) プロセッサが搭載されており、3TB、6 TB、12 TB のメモリ構成で最大 416 vCPU を提供します。これは、これまでの Azure で提供される最大メモリの仮想マシンです。Mv2 シリーズ仮想マシンは、非常に優れたコンピューティング性能によって大規模なメモリ内データベースとワークロード (SAP HANA や SQL Hekaton など) をサポートします。 

Mv2 シリーズの価格と利用可能なリージョンの詳細については、Azure Virtual Machines の料金ページを参照してください。

Mv2 シリーズの VM は、SAP HANA OLTP および OLAP の運用環境ワークロードについて、SAP によって認定されています。これにより、お客様は、3 TB から 12 TB のメモリに仮想マシン上でシームレスにほんの数分でスケールアップできます。SAP HANA 用の Mv2 シリーズ VM を利用する方法の詳細については、Microsoft Mechanics のビデオをご覧ください。Azure 上の SAP HANA の実行の詳細については、SAP on Azure ソリューションに関する Web サイトを参照してください。

 

詳細情報

  • Virtual Machines
  • Services

関連製品