ナビゲーションをスキップする

QnA Maker

情報から会話形式のナビゲーションしやすい回答を抽出

データに基づいて会話レイヤーをすばやく作成する

Azure Cognitive Service for Language 機能の 1 つである質問応答により、お客様の既存のデータ上に会話型の質問と回答のレイヤーを作成できます。非構造化ドキュメントを追加したり、FAQ、マニュアル、ドキュメントなどの半構造化コンテンツから質問と回答を抽出したりすることで、ナレッジ ベースを構築できます。お客様のナレッジ ベースの質問と回答からの最適な回答を自動的に取得できます。ユーザー行動から継続的に学習することで、ナレッジ ベースもよりスマートになっていきます。

FAQ、製品マニュアル、ガイドライン、サポート ドキュメント、ポリシーなどの半構造化コンテンツから質問と回答を自動的に抽出

質問のさまざまなバリエーションに対する候補によるナレッジ ベース。関連性に基づいて追加または拒否できます

複雑なマルチターン会話も、新しい言語スタジオや REST API で簡単に作成、編集、トレーニング

ボットは、コーディングの経験なしに作成および発行できます。半構造化ドキュメントまたは URL をアップロードするだけです

おしゃべりを使用してボットに個性を加える

指定のおしゃべりデータセットを追加すると、ボットがより会話的になります。Professional (プロフェッショナル)、Witty (機知に富んでいる)、Friendly (親しみやすい)、Caring (温かい)、または Enthusiastic (熱心) のいずれかのペルソナを選択してください。

おしゃべりに関する詳細情報

リッチ データをサポートし、コンテンツを動的に管理する

組み込みのリッチ テキスト エディターを使用して、お客様のナレッジ ベースにリッチ コンテンツを追加できます。Markdown のフル機能を使用して、直接回答を作成したり、リッチ コンテンツを含むナレッジ ベースをアップロードしたりすることもできます。

ビジネスとコンプライアンスのニーズに合わせて拡張する

質問応答は、ホステッド モデルです。お客様に必要なサイズとスループットに応じて製品の階層をお選びください。すべてのコンポーネントが Azure のコンプライアンスの範囲内にあるという確かな安心が得られます。

50 以上の言語でチャットする

お客様の質問応答ユース ケースに合わせて言語を選択するか、最初のナレッジ ベース作成時に複数の言語でナレッジ ベースを作成するかを選択できます。

エンタープライズ レベルのセキュリティ

  • Microsoft ではサイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

ナレッジ ベースの作成

FAQ ページ、製品マニュアル、その他の半構造化または非構造化ドキュメントからナレッジ ベースを作成する際に、既にお持ちのデータ ソースを簡単に追加できます。

ナレッジ ベースのテストとデプロイ

強化されたチャット インターフェイスを介してナレッジ ベースをテストし、反復して回答の精度を向上させます。十分にテストを行った後、ナレッジ ベースをデプロイし、それをクライアント アプリケーションに対する質問応答エンドポイントとして利用できるようにします。

ボットの作成

ナレッジ ベースを公開したら、会話型ボットを作成して開始します。

フィードバック ループを作成する

アクティブ ラーニングを使用してナレッジ ベースの質を向上します。ユーザーが送信した内容に基づいて質問のバリエーションを生成します。これらの候補を確認し、その関連性に基づいて追加または拒否します。

価格の詳細を確認する

Azure Cognitive Service for Language の価格をご覧ください。質問応答プロジェクトを作成すると、お客様独自の Azure Cognitive Search でお客様がデータをホストできます。Azure Cognitive Search の価格をご覧ください。

作業を開始するために必要なものがそろっています

無料の Azure アカウントにサインアップすることで、すぐにアクセスできるようになり、$200 のクレジットを獲得できます。

クイックスタートとドキュメントを使用してボットを作成する方法について説明します。

セキュリティバックアップ サービスなどの追加の機能や製品を使用して、質問応答を強化しましょう。

ドキュメントおよびリソース

コード サンプルを確認する

コード サンプル

カスタマイズのリソース

Language スタジオ

Language サービスの機能の 1 つである質問応答を、信頼されている企業がどのように活用しているかをご覧ください

Accenture は新しい人材採用を容易に

"QnA Maker enabled Accenture to build corpus at speed to quickly launch an HR chatbot for 100,000-plus people. We were able to leverage QnA Maker and LUIS to build our conversation hierarchy, getting us the best of both."

Sangita Agarwal 氏 (人材テクノロジ プラットフォーム担当マネージング ディレクター、Accenture)
Accenture

スペインの通信会社がデジタル アシスタントを構築

"Using Bot Service and Cognitive Services, such as Language Understanding and the Azure QnA Maker API, made it easy for our developers to put an advanced, conversational experience in the hands of our customers very fast."

Antonio Guzman 氏 (イノベーション部門長、Aura, Telefonica)
Telefonica

保険の購入客と AI チャットボットでつながる

"By using Azure Bot Service and Cognitive Services, such as Language Understanding and QnA Maker, we've been able to continue our own Progressive journey of digital innovation, and do it in an agile, fast, and cost-effective way."

Matt White 氏 (個人保険取得エクスペリエンス担当マーケティング マネージャー、Progressive Insurance)
Progressive

質問応答についてよく寄せられる質問

  • 質問応答では、ディープ ラーニング ランカーによる関連性の強化、データ ソースとしての非構造化文書のサポート、正確な回答の生成機能、エンドツーエンドのリージョン サポートなど、いくつかの新機能が導入されています。
  • 質問応答におけるすべての削除操作は、質問と回答のペア、ファイル、URL、ナレッジ ベース、Azure リソースを含めて永続的に行われます。ナレッジ ベースをエクスポートしてから、その一部を削除することをお勧めします。
  • 質問応答でボットを作成するには、このドキュメントの手順に従ってください。
  • 質問応答では、複数の言語がサポートされています。1 つの言語リソースで複数の言語のナレッジ ベースを作成できます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。