CloudSimple による Azure VMware ソリューション

Azure でネイティブに VMware ワークロードを実行

VMware ベースの環境を数分でプロビジョニング

CloudSimple による Azure VMware ソリューションを使用して、VMware ベースのエンタープライズ ワークロードを Azure に再デプロイして拡張します。使い慣れた VMware ツールを引き続き使用して、Azure でワークロードを管理します。ネットワーク、セキュリティ、データ保護ポリシーが損なわれることはありません。Azure と VMware のリソース、Azure ネットワーク サービス、およびセキュリティ ツールの統合管理を利用して、あらゆる規模でネイティブの VMware 環境を実行します。Azure でのみ利用可能な革新的な節約プログラムでコストを削減します。

VMware ワークロードを Azure に移行または拡張するときに、環境を再設計することなく、ネイティブの VMware テクノロジを維持できます。

Azure と VMware のリソースを統合管理し、クラウドとオンプレミスのアプリケーションを同様に管理できます。

製品とサービスの大規模な Azure エコシステムを活用して、既存のアプリケーションを最新化し、新しいアプリケーションを構築できます。

Windows Server と SQL Server 向けの比類のない Azure の価格と特典を利用できます。

Azure に移行する際に VMware への投資を活用

データセンターの限界に達したときや、既存のデータセンターを統合または廃止したときに、追加容量をオンデマンドで利用できます。使い慣れた VMware ツール (vCenter、vSphere Client、vMotion、vRealize Operations、Power CLI )、または一般的な DevOps ツールチェーンを使用して、環境を引き続き管理します。ハイパーバイザーの変換やアプリケーションのリファクタリングを回避することで、vSphere ベースのアプリケーションを Azure に再デプロイしたときに運用の継続性が確保されます。ソフトウェア定義データセンター (SDDC) ホストをワンクリックで追加または削除できます。

詳細はこちら

VMware 環境を Azure とシームレスに統合

VMware ワークロードを Azure に簡単に移行し、弾力性、スケール、迅速なプロビジョニング サイクルによって生産性を向上させることができます。API 呼び出しまたは CLI を使用して Azure portal で vSphere VM を表示および作成し、デプロイを自動化して、シングル サインオンを有効にします。コンピューティング、監視、バックアップ、データベース、IoT、AI の幅広い Azure サービスでワークロードを強化します。Azure DevOps ツールチェーンを VMware 環境で利用し、独自のペースでアプリケーションを最新化できます。

今すぐ開始

Azure の分離された専用のクラウド インフラストラクチャへのデプロイ

Azure のオペレーティング プラットフォームとバックエンド インフラストラクチャの運用を活用して、VMware vSphere、vSAN、NSX-T の各プラットフォームをネイティブかつ大規模に実行できます。フル マネージド、シングル テナントのベアメタル Azure インフラストラクチャ上でワークロードを実行することで、ハードウェア インフラストラクチャの調達、展開、管理の煩わしさが解消されます。Azure ExpressRoute や VPN サービスなど、さまざまな接続オプションから選択し、保護された高速かつ低遅延の接続を使用して保存データと転送中のデータを暗号化します。

Azure ExpressRoute の詳細について説明します。

IT コストを削減

マネージド インフラストラクチャでコストを削減し、ビジネス ニーズの変化に応じて環境をオンデマンドで拡張または縮小します。Azure ハイブリッド特典を利用して Azure 上で Windows Server および SQL Server の既存のオンプレミス ライセンスを再利用し、コンピューティング リソースを予約価格で事前に購入することで、月額の従量課金でコストを削減できます。延長セキュリティ更新プログラムのオファーを利用することで、Windows Server と SQL Server 2008 および 2008 R2 のワークロード用にセキュリティ更新プログラムを 3 年間延長できます。

CloudSimple による Azure VMware ソリューションを最大限に活用するために必要なすべてのもの

無料の Azure アカウントにサインアップし、30 日間、任意の Azure サービスを探索するための $200 のクレジットを取得します。
ご使用の環境で CloudSimple による Azure VMware ソリューションをテストします。今すぐ開始しましょう。
AIAnalytics などの他の機能を使ってアプリケーションを最新化します。

CloudSimple による Azure VMware ソリューションについてよく寄せられる質問

  • CloudSimple による Azure VMware ソリューションは、Microsoft が販売およびサポートしています。また、VMware によって完全に検証され、サポートされています。
  • vCenter、vSphere Client、vRealize Operations、NSX Manager、Power CLI、API 呼び出しなど、VMware のオンプレミス環境の管理に現在使用している VMware ツールを使用します。また、Terraform、Ansible、Puppet、Chef などの一般的な DevOps ツールチェーンも使用できます。
  • CloudSimple による Azure VMware ソリューションには、vSphere、NSX-T、HCX、vSAN など、お客様が使い慣れたテクノロジが含まれています。詳細については、テクニカル ドキュメントをご覧ください。
  • Azure portal または Azure Resource Manager を使用して VMware vSphere ベースの VM を表示および作成するか、統合された Azure API を使用してアプリケーションを開発し、Azure と VMware ソリューションにデプロイします。
  • CloudSimple による Azure VMware ソリューションは、米国東部と米国西部の各 Azure リージョンでご利用いただけます。このサービスは現在、米国東部、米国西部、西ヨーロッパのリージョンでご利用いただけます。
  • 99.9% の SLA が保証されています。詳細については、サービス レベル アグリーメント (SLA) を参照してください。
  • CloudSimple による Azure VMware ソリューションは、次のサブスクリプションの種類でのみサポートされています。Enterprise Agreement、Microsoft クラウド ソリューション プロバイダー (CSP)、従量課金制 003P。

CloudSimple による Azure VMware ソリューションを試す

今すぐ開始