Trace Id is missing
メイン コンテンツにスキップ
クラウド サービスをセキュリティで保護する

VPN は安全でセキュリティで保護されていますか?

この入門ガイドでは、VPN サービスがユーザーにより高いオンラインの安全性とセキュリティを提供する方法について説明します。データを非公開にして保護するプロバイダーを選択する方法について説明します。

VPN とは?

仮想プライベート ネットワーク (virtual private network) を表す VPN は、インターネットの閲覧中に閲覧アクティビティ、ID、場所を非表示にできるオンライン サービスの一種です。

通常、インターネットにアクセスするために、コンピューターはインターネット サービス プロバイダー (ISP) へのパブリック接続を作成します。VPN の場合は、VPN プロバイダーが所有するコンピューターとリモート サーバーの間にプライベート接続を作成します。このデジタル接続 (トンネル) は、他のユーザーがデータを見ることができるようにデータを暗号化します。また、他のユーザーが追跡できないように、IP アドレスもマスクします。その結果、オンライン エクスペリエンスの安全性とセキュリティ、匿名性が向上します。

VPN とは何かを理解したので、VPN を使用することの安全性の利点と、セキュリティで保護された VPN プロバイダーを選択するときに注意する必要がある機能の種類について説明します。

複数のモニターで作業している女性
ラップトップでダッシュボードが開いている

VPN は安全ですか?

サード パーティのサーバーにデータを送信することは、特に以前に行ったことがない場合は、怖いと思うでしょう。プロバイダーがその約束を果たしているかどうかを確認するにはどうすればよいでしょうか? VPN はどれほど安全なのでしょうか?

ダーク Web 上で見つけたように思われるかもしれませんが、VPN テクノロジは完全に法的で安全で、データを保護したいと思うユーザーは誰でもアクセスできます。組織は、ネットワークにプライバシーのレイヤーを追加するために VPN を使用し、個人ユーザーは、特に公共の Wi-Fi ネットワーク上で詐欺師から情報を盗まれるのを防ぐために VPN を使用することができます。ID の盗難やその他の形式のサイバー犯罪の増加に伴い、そうした追加レイヤーは単なるおまけではなく、保護を維持するために必要なものです。

安全な VPN プロバイダーの選択

評判の良いプロバイダーを選ぶ限り、VPN を使用している間のインターネット閲覧は、使用していない場合よりもはるかに安全です。安全な VPN に求められる機能をいくつか挙げてみます:

最先端の暗号化。セキュリティは VPN にとって最も重要な機能です。だからこそ、業界をリードする最新の暗号化テクノロジを採用しているプロバイダーを選ぶべきなのです。AES 256 ビットの暗号化は、銀行や国の省庁で使用されているもので、現在のゴールド スタンダードであり、ほとんどの VPN プロトコルでサポートされています。強力な暗号化方法を使用すると、データを読み取るアクセス許可を持たないユーザーにはデータは読めません。

IP アドレス マスクに関するオプション。IP アドレスを偽装または再ルーティングする機能は、VPN が提供するもう 1 つの重要な機能です。適切なプロバイダーを使用すると、IP アドレスをプロバイダーのリモート サーバーの IP アドレスに切り替えることができます。世界中にサーバーがあればあるほど、選べる場所 (IP アドレス) が増えることになります。

強制終了スイッチ。VPN 接続が不意に切断された場合、IP アドレスが漏洩する可能性があります。強制終了スイッチ機能を使用すると、切断されるとすぐにアプリケーションや、場合によってはインターネットさえも切断されます。これにより、データ漏洩から保護され、ID が保護されます。

ゼロログ ポリシー。ISP と同様、VPNネットワークに接続している間、VPN プロバイダーは、共有されたデータにアクセスしたり、これを販売したり、譲渡したりする可能性があります。そのため、透明なログ ポリシーまたはゼロログ ポリシーを使用する会社を選択することが不可欠です。ゼロログ VPN またはログなしの VPN では、セキュリティで保護された接続を介して送信されるすデータは一切格納または収集されません。ログイン資格情報、使用状況ログ、検索履歴、さらには IP アドレスなどがその対象です。このポリシーは、潜在的なデータ侵害に直面しても ID を保護するだけでなく、プロバイダーが金銭的利益のためにお客様の情報を使用または開示していないことを保証します。

セキュリティで保護された認証。コンピューターがプロバイダーのサーバーに接続するときは、まず Web ポータルまたは VPN クライアントを介してログインして ID を認証する必要があります。優れた VPN は、モバイル アプリを通じてログインを認証する多要素認証 (MFA) や、USB メモリを挿入するだけで安全にログインできる物理的なセキュリティ キーなど、認証のための追加オプションを提供しているはずです。

信頼できる評判。他のトップ ソフトウェア企業と同様に、優れた VPN プロバイダーは、堅牢なネットワーク インフラストラクチャ、強力なセキュリティ レコード、オープンな透明性、知識豊富でアクセスしやすいサポート チームで有名でなければなりません。

透明な価格。オンライン セキュリティに関する認識の高まりにより、VPN スペースは新しいプロバイダーで大きな増加を見てきました。また、その多くは無料でサービスを提供しています。しかし、これらのサービスを有料のサービスとどのように比較しますか? 無料 のVPN は安全ですか?

プレミアムな VPN には月額料金が必要な場合がありますが、サービスとセキュリティの品質は価格に見合います。サービスが有料サブスクリプション モデルで動作する場合、料金はインフラストラクチャ、メンテナンス、サポートのコストに当てられます。無料 VPN は、プレミアム プロバイダーと同じ機能を提供すると謳っていることもありますが、その機能を有料で提供するために、データをサードパーティの広告主のために収集して販売しているかもしれません。VPN を調査するときは、透明なビジネス モデルを使用して VPN を選択することをおすすめします。多くの場合、無料のサービスはこれを満たしません。可能な限り、そうしたものを避けてください。

VPN はセキュリティで保護されていますか?

VPN の活用方法 VPN ではどのようなセキュリティが提供されますか? 安全で評判のよいプロバイダーを見極めるポイントがわかったところで、VPN 接続を利用するセキュリティ上のベネフィットを探ってみましょう。ここでは、VPN によりオンライン活動がどのようにプライベートで、保護されているかを説明します:

組織とリモート ワーカーのセキュリティ。多くの組織では、VPN を使用して会社のデータを保護し、ネットワークに接続されていないユーザーがそれを見ることができないようにします。これは、職場のメールや銀行情報などの機密情報を扱う場合に不可欠です。VPN を使用すると、リモート ワーカーがサイトにいない場合でも、会社のリソースにアクセスできます。

パブリック Wi-Fi 上のプライベート接続。セキュリティで保護されていないネットワークでは、誰にでも個人情報が見えてしまいます。VPN 接続は、データを暗号化し、ID を非表示にすることで、これに対する防御を行います。これは、パブリック Wi-Fi でのモバイル ブラウズに特に必要です。

コンテンツ ブロックと移行を安全に回避する機能。ユーザーが VPN サーバーに接続すると、サーバーには、拠点としている場所をどこにでも切り替える、つまりスプーフィングする機能が備わっています。場所のスプーフィングは、ファイアウォール、コンテンツ ブロック、政府機関の形式をバイパスし、制限と監視のない閲覧エクスペリエンスを可能にするのに役立ちます。

サード パーティの追跡に対する保護。一意の IP アドレスは、閲覧履歴を追跡するために使用されます。これは、販売、特定、または侵害される可能性があります。インターネット サービス プロバイダーからリモート VPN に接続を再ルーティングすると、VPN によって実際の IP アドレスがダミー IP に置き換わり、インターネット サービス プロバイダー、広告主、詐欺師、状態が追跡できなくなります。

サイバー犯罪に対する保護。IP マスクと場所のスプーフィングは、ID の盗難、ドクシング、DDoS 攻撃、およびその他の形式のサイバー犯罪からの保護にも役立ちます。ID が隠されたままの場合、誰もそれを盗んだり暴露したりすることができず、誰も攻撃することはできません。

VPN はどれほど安全ですか?

VPN は強力なプロトコルとミリタリーグレードの暗号化を誇るかもしれませんが、だからといって無敵というわけではありません。Cookie の追跡、ウイルス、またはマルウェアを防止することはできません。また、フィッシング詐欺から保護することもできません。データ リークが発生する可能性があります。しかし、最も重要なのは、VPN を実行する会社と同じくらい安全だということです。古いプロトコルを使用し、IP をリークし、データをログに記録する VPN プロバイダーは、信頼できるものではありません。VPN では絶対セキュリティを保証できませんが、信頼性の高いセキュリティを選択し、システムのセキュリティ保護を積極的に行うと、違いの世界が生まれる可能性があります。

複数の画面でレポートを分析する人
デスクトップとノート PC を操作する 3 人のユーザー

VPN 保護とは?

VPN の全体的な安全性とセキュリティのベネフィットは明らかですが、一般ユーザーにとっては、プライベート ブラウズやプロキシ サーバーなどの無料のプライバシー ツールを利用できるのに、VPN は少し大げさに思えてしまうかもしれません。VPN は日常的に使用するために必要ですか? VPN は本当に機能しますか?

ほとんどの Web ブラウザーにはプライベート ブラウズ機能が用意されています。これにより、ユーザーの閲覧履歴がセッションごとにローカル デバイスに保存されなくなります。これにより、データは他のローカル ユーザーから非公開になりますが、サイバー犯罪や ISP などのサード パーティのエンティティによってよるデータへのアクセスを阻止できるわけではありません。というのは、プライベート ブラウジングでは、オンライン アクティビティを追跡するために使用される IP アドレスを隠したり偽装したりすることができないためです。プライベート ブラウズではある程度のプライバシーが提供される場合がありますが、匿名性は確立されません。

プロキシ サーバーは、より高いレベルの保護を提供し、実際には VPN と同じように機能します。プロキシ サーバーは、オンライン アクティビティをリモート サーバーに再ルーティングします。これにより、IP アドレスがマスクされ、場所が非表示になり、コンテンツ ブロックを回避でき、サード パーティによる追跡が防止されます。プロキシ サーバーと VPN の違いは、そのセキュリティにあります。優れた VPN では、最高レベルの暗号化テクノロジを使用してデータをプライベートに保ち、接続をセキュリティで保護しますが、プロキシ接続では標準レベルのセキュリティのみが提供されます。また、プロキシは、それが構成されているアプリケーション内でのみ保護を提供できるということに注意することも重要です。Web ブラウザーでプロキシを有効にしているとしても、デスクトップ クライアントでは動作しません。

組織全体を対象とするサポート プラン
閲覧アクティビティを隠します データの暗号化 IP マスク 保護のレベル サイドステップ コンテンツの制限 サード パーティの追跡を禁止する
InPrivate ブラウズ
included

ブラウザー

プロキシ サーバー
included
included

ブラウザー、アプリ

included
VPN
included
included
included

システム全体

included
included

VPN が提供するのは、すべてのアプリケーションにおけるデータ、ID、自律性の強力な保護です。他のプライバシー ツールには、これは備わっていません。VPN 接続は、解読されたことがないレベルの暗号化で、安全性の高いプロトコルを介して行われます。これは、IP マスクと場所のスプーフィングの匿名性と組み合わせて、オンライン プレゼンスをほぼ追跡不可能にします。自分または組織が機密情報を処理する場合、VPN は必須です。しかし、インターネット上でより自由で安全でセキュリティに保護されたエクスペリエンスをお探しの場合は、VPN が最も大きな心の安心をもたらします。

よく寄せられる質問

  • VPN は、強力な暗号化、IP マスク、ログ記録と価格に関する透明性を備えた信頼できるプロバイダーを選択している限り、完全に安全で合法でアクセス可能です。

  • プレミアムなサービスを使用するのが最善です。サービスの実行コストを支払うために、無料の VPN プロバイダーは、使用量を制限したり、機能を利用したり、サード パーティの広告主にアクセスしてデータを販売したりする場合があります。無料の VPN にも代償が伴うということです。

  • VPN は絶対的な安全性を保証するものではありませんが、個人データを保護する方法としては最適です。また、サード パーティの追跡、政府の検閲、サイバー犯罪に対する強力な保護を提供することもできます。

Azure 無料アカウントで開始する

人気のサービスを 12 か月間無料で利用でき、55 を超えるサービスが常に無料です。最初の 30 日間に使用できる 200 米国ドルのクレジットも含まれています。

Azure dashboard