メイン コンテンツにスキップ

Windows for IoT

開発者ツール、長期的なサポート、企業向け仕様のセキュリティを使用して、インテリジェント エッジ ソリューションを構築します。

インテリジェント IoT デバイスの構築

信頼できる永続的な Windows 基盤の上に最先端のテクノロジを構築して運用することで、組織を強化できます。Windows の信頼性を解き放ち、IoT のパワーを引き出しましょう。信頼性の高いオペレーティング システム上で使い慣れた開発および管理ツールを使用して、IoT ソリューションを迅速に作成、デプロイ、スケーリングすることができます。Azure IoT でデバイスをクラウドにシームレスに接続し、分析情報を活用することで、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供し、より深い顧客エンゲージメントを実現し、ビジネス成果を向上させることができます。
Video container

Xbox や Windows ゲームを駆動するのと同じグラフィックスとメディアの基盤が使用され、リッチで魅力的なユーザー エクスペリエンスを作成

Windows for IoT デバイスを構築して管理するための強力で使い慣れた開発ツール

10 年間のライフサイクル サポートにより、デバイスの再認証を減らし、デバイスの実行可能性を向上させ、セキュリティ リスクを減少させる

オープン クラウド プロトコルのサポートと、Windows for IoT に Azure のインテリジェンスをもたらす、すぐに使えるエクスペリエンス

現在のスキルセットで今すぐ開発を開始

正しいパスで Windows for IoT プロジェクトを開始することで、市場投入までの時間を短縮しましょう。組織のニーズ、リソース、目的に基づいて開発ツールを選択します。開発者の既存の知識と経験を活用して、 Visual Studioなどの 強力なツールを使用して Windows for IoT デバイスを構築および管理します。初日から、ビジネス向けの完全な IoT ソリューションの構築を開始します。
コードを表示する複数の画面を持つデスクの前に座っている人。
Visual Studio を表示する 2 つの画面を持つデスクで作業している人。

オペレーティング システムを信頼する

10 億台以上のアクティブな Windows デバイスを基盤として構築された、より安全な IoT ソリューションを作成することができます。Windows for IoT に組み込まれたエンタープライズレベルのセキュリティでデバイスを保護し、デバイスのロックダウンで予測可能なエクスペリエンスを提供できます。最新の IoT 環境の複雑さに適応するセキュリティ モデルを使用して、ゼロ トラストアプローチを採用します。

EFLOW を使用して Windows と Linux の長所を活用する

Azure IoT Edge for Linux on Windows (EFLOW)を使用すると、Linux ベースのデプロイ、 クラウドネイティブの運用ワークロードを Windows for IoT で実行し、既存の Windows 管理資産をエッジに保持します。Windows または Linux を選択しなくても、対話型 UX と高パフォーマンスハードウェアを必要とするアプリケーションを構築できます。
大きな金属プレートをビルドする機械製の腕。
大きな機械の前に立っている人が、首の周りの首紐の上の携帯デバイスを使用しています。

Azure IoT を使用してインテリジェントな IoT ソリューションを構築する

Azure IoT オープン クラウド プロトコルのサポートとすぐに使えるエクスペリエンスにより、デバイスからクラウドの接続を簡素化できます。Azure AIAzure Cognitive Servicesを使用して、リアクティブ、プロアクティブ、またはコグニティブ アプリ を構築します。Windows と Azure 機械学習を使用してエッジの AI でソリューションを拡張し、実際のビジネスの分析情報を促進し、新しいビジネス チャンスを生み出しましょう。
IoT シグナルの製造

IoT Signals レポートの最新エディションを読む

本記事では、これまでのレポートの成果を踏まえ、IoT の現状についての新たな知見や分析情報を明らかにしています。

安全な基盤の上に構築

壁に 「保護、防御、対応」という言葉が表示されたオフィスで作業している人々。

オペレーティング システムを信頼する

  • 10 億台を超えるデバイス上の OS として信頼されています。
  • Windows for IoT に組み込まれている企業向け仕様のセキュリティを使用して、デバイスを保護します。
  • デバイスからクラウドまで、最新の Microsoft セキュリティ テクノロジを使用してデータを保護します。

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のあらゆるクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

  • Windows for IoT の価格

    Windows for IoT は、Microsoft パートナーを通じてのみ販売されています。

Azure 無料アカウントで作業を開始する

1

無料で始めましょうUSD200 相当のクレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスが常に無料です。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを利用し続けることができます。料金は、月々の無料利用分を超えて使用した分だけをお支払いいただきます。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

ストーリーを読む

"プラットフォームは、これまでなかった—顧客との小売業者のハンドシェイクのように—、そのやり取りをカスタマイズできます。"

Scott Negley 氏 (ディスペンサー製品担当ディレクター、Dover Fueling Solutions)

Dover の燃料ソリューション

ローン プロセスの短縮

"IoT-PREDICT は Windows 10 IoT Enterprise に基づいて構築されているため、お客様は非常に簡単にデプロイできます。"

John Savage 氏 (創設者兼 CTO、ActionPoint)

ActionPoint

人材とタスクを自動的にペアリングする

" Seeker を拡張すると、Windows エコシステムのデバイス互換性も拡張されます。問題ではありません。"

Bargav V. Maganti 氏 (共同創設者、Monarc)

Monarc
タブに戻る

Windows for IoT についてのよく寄せられる質問

  • Windows for IoT を使用するソリューションを開発する方法について詳しくは、Windows for IoT Development Center を参照してください。

  • Windows for IoT に移行するためのオプションについては、 Microsoft パートナーにお問い合わせください。サポートは、Windows Embedded 7 のさまざまなエディションで異なるタイミングで終了することに注意してください。製品とサービスのライフサイクル情報ページで特定の製品の詳細を検索します。

  • Windows Server IoT は、エンタープライズの管理性とセキュリティを IoT ソリューションに提供する、フルバージョンの Windows Server です。Windows Server IoT は、世界中の Windows エコシステムのすべての利点を共有します。これは、Windows Server と同等のバイナリであり、お客様の汎用サーバーで使用されているのと同じ開発および管理ツールを簡単に使用することができます。Windows Server IoT は、特別な専用使用権のもと、OEM チャネルを通じてのみライセンス供与されます。 詳細情報

  • Windows for IoT は、MPU クラスの処理能力や優れたユーザー エクスペリエンスを備えた最高クラスのソリューションをデバイスに提供します。Azure Sphere は、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドに関する Microsoft のセキュリティイノベーションと専門知識を活用して IoT デバイスを強化することで、このソリューションを補完します。

  •   データシート を読んで、バージョンを比較してください。

  •  ドキュメントで、Windows for IoT の購入について説明します。

準備が整ったら—Azure の無料アカウントを設定しましょう

Azure を無料で試す

セールス担当者とチャット