Trace Id is missing
メイン コンテンツにスキップ

Event Hubs

何百万ものデバイスから利用統計情報を受信します。

あらゆる年齢や能力のユーザーをサポート

Event Hubs は、シンプルで信頼性と拡張性の高いフル マネージド型のリアルタイム データ インジェスト サービスです。任意のソースから毎秒数百万のイベントをストリーミングすることで、動的なデータ パイプラインを構築し、ビジネスの課題に迅速に対応できます。緊急時には、 geo ディザスター リカバリー および geo レプリケーション機能を使用してデータ処理を続けます。

他の Azure サービスとシームレスに統合することで、有益な分析情報を利用可能にすることができます。コードを変更することなく、既存の Apache Kafka クライアントおよびアプリケーションが Event Hubs と通信できるように設定できます。これにより、自分のクラスターを管理する必要なく、マネージド Kafka エクスペリエンスを実現できます。リアルタイムのデータ インジェストとマイクロバッチ処理を同じストリームで利用できます。

ユーザーに配布され、テスト実行される Smart Hotel アプリの AppCenter デモ。

Event Hubs が選ばれる理由

Event Hubs が選ばれる理由

インフラストラクチャの管理に煩わされることなく、ご利用のデータから分析情報を引き出すことに専念できます。リアルタイムのビッグ データ パイプラインを構築し、ビジネスの課題に迅速に対応できます。

  • シンプル

    リアルタイム データ パイプラインをたった数回のクリックで構築できます。Azure データ サービスとシームレスに統合することにより、より速く分析情報を得ることができます。

  • セキュア

    リアルタイム データを保護できます。Event Hubs は、CSA STAR、ISO、SOC、GxP、HIPAA、HITRUST、PCI によって認定されています。

  • スケーラブル

    使用状況に応じてスループットを動的に調整し、使用分だけを支払います。

  • オープン

    AMQP、HTTPS、Apache Kafka® など広く使われているプロトコルがサポートされていて、あらゆる場所からデータを取り込み、プラットフォームの垣根を越えて開発することができます。

1 秒間に何百万ものイベントを取り込む

短い待ち時間と構成可能な保有期間で、何十万ものソースからデータを継続的に受信します。

リアルタイム処理とマイクロバッチ処理を同時に実現する

 Blob Storage  または  Data Lake Storage  にシームレスにデータを送信する ことで、 Event Hubs Capture を使った長期保有やマイクロバッチ処理が実現します。

柔軟なスケールが可能なマネージド サービスを利用

いつ、どれほどスケーリングするかをしっかり制御しつつ、ストリーム配信するデータをメガバイトからテラバイトへと容易にスケーリング できます。

Apache Kafka エコシステムと簡単に接続する

 Azure Event Hubs for Apache Kafka® を使えば、ご利用の Kafka のアプリケーションおよびクライアントに Event Hubs をシームレスに接続できます。

サーバーレスのストリーミング ソリューションを構築する

 Stream Analytics  にネイティブに接続して、エンドツーエンドのサーバーレス ストリーミング ソリューションを構築できます。

Azure Stack Hub でイベントを取り込み、ハイブリッド クラウド ソリューションを実現

Azure Stack Hub で大規模なデータをローカルに取り込んで処理し 、Azure サービスを活用してデータをさらに処理、視覚化、または保存することで、ハイブリッド クラウド アーキテクチャを実装します。

Event Hubs を使ったサーバーレス ストリーミング

Event Hubs と Stream Analytics を使ってエンドツーエンドのサーバーレス ストリーミング プラットフォームを構築できます。

Event Hubs と Stream Analytics を使って構築されるエンドツーエンドのサーバーレス ストリーミング プラットフォーム

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

Azure 無料アカウントで作業を開始する

1

無料で始めましょうUSD200 相当のクレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスが常に無料です。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを引き続き利用できます。そして料金は月々の無料利用分の超過分だけをお支払いいただきます。

Event Hubs を使用しているお客様

準備が整ったら Azure の無料アカウントを設定しましょう