12 か月の前払いプラン

新規登録者の方へのこのプランの提供は終了しました。既存の登録者の方は引き続きこのプランをご利用いただけます。

12 か月間のAzure サービスについて前払いをご利用いただくと、Azure サービスに 5% の割引が適用されます。最低購入額は $6000 です。請求は、ご購入時に行われます。12 か月の期間の終わりに未使用の残高がある場合、その購入分は失われます。

割引の詳細

プランの割引率は、前払い購入額を最大とする、従量課金料金のご利用分に対して適用されます。前払い購入額を超過するご利用分については、標準の従量課金料金で請求されます。

除外

前払い購入額は、Azure のサポート プラン、サードパーティ製の製品、Azure Marketplace で販売されている製品、Azure とは別に販売されている製品 (Azure Active Directory Premium など) の購入にはお使いいただけません (割引も適用されません)。

Azure のストレージ容量は割引対象外です。

この割引率は、Azure Storage、Data Transfer、Content Delivery Network、Media Services、サービスの使用量に応じて価格が変動するその他の Azure サービスの従量課金料金に組み込まれている、段階的な割引と併用することはできません。これらのサービスでは、基本の価格帯に割引が適用されます。

お支払い方法

新しいサブスクリプションを購入するときには、クレジット カード、デビット カード、または請求書でお支払いいただけます。プリペイド カードおよびバーチャル クレジット カードでのお支払いは受け付けておりません。請求書払いを選ばれた場合、与信審査のためにサービスのアクティブ化が遅れることがあります。

従量課金からこのオファーに切り替える場合、サポートされる請求書は 1 つだけです。

変更に関するポリシー

前払いのご購入額は、プラン期間中いつでも、アカウント ポータルで増やすことができます。前払いのご購入額を増やしてもプラン期間は変わりませんので、ご注意ください (終了日は変わりません。前払いのご購入額の未使用分は失われます)。変更内容は、翌月の請求サイクルから有効になります。

たとえば、6 月の始めに $8200 の前払い購入を行ったとします。Azure サービスで $8200 を使用できる期間は 12 か月です。9 月までに $8200 のほとんどを使用してしまい、さらに購入額を追加したい場合、追加することは可能です。ただし、すべての前払い購入額を使用できる期間は、当初の 12 か月間のみです。前払い購入額を使い果たした時点で、それ以降のご利用分は標準の販売料金で請求されるようになります。

契約期間の途中に追加された前払い購入額は、Azure アカウントでの初回サインアップ時または初回購入時に設定された標準月次請求サイクルで、アカウントに課金および追加されます。

12 か月の期間中に前払い額を減らすことはできません。

キャンセルに関するポリシー

法律で定められている場合を除き、払い戻し (前払い購入の未使用分の払い戻しを含む) が行われることはありません。

最初の 30 日間にサブスクリプションをキャンセルした場合は、キャンセル月に発生したすべてのご利用分もお支払いの対象となります。

それ以外の時点でサブスクリプションをキャンセルした場合は、ご購入いただいた残りの期間分およびキャンセル月に発生したすべての超過分がお支払いの対象となります。

更新に関するポリシー

既定では、サブスクリプションは期間終了時に自動更新されます。次の期間の前払い購入額も同額になります。現在の期間の終了時に未使用の残高は、次の期間に繰り越されず、現在の期間の終了時に失われます。新しいサブスクリプション期間に対する割引は、更新の時点でこのプランに対して有効になっている割引と同じになります。自動更新はいつでも取りやめることができます。自動更新を取りやめた場合、サブスクリプションは期間終了時に期限切れになります。

前払いプランを更新しない場合、お客様のサブスクリプションは、期間の終了時に標準の従量課金制サブスクリプションに移行されます。

プランの利用

このプランは、次のいずれかの国や地域にお住まいのお客様を対象としています。請求はここに記載されている通貨で行われます。

使用量のクォータ

次の月間使用量クォータが適用されます。これらの上限を超える量が必要な場合は、ご遠慮なくカスタマー サービスまでお問い合わせください。お客様に必要な使用量を把握したうえで、これらの上限を適切に調整させていただきます。

Cloud Services および Virtual Machines

Standard クォータは、Standard S (A1) コンピューティング インスタンスの場合は同時に 20 個まで。他のサイズのコンピューティング インスタンスの場合は次のコンピューティング インスタンスのクォータ変換表に定めるとおり。

次の種類の 1 コンピューティング インスタンス 相当する Standard S (A1) インスタンスの数
XS (A0) 1
S (A1) 1
M (A2) 2
L (A3) または A6 4
XL (A4) または A7 8

Storage

ストレージ アカウントは同時に 5 個まで

Active Directory

150,000 オブジェクト

1 個のオブジェクトは、一意の識別名によって表される、ディレクトリ サービス内の 1 つのエントリです。オブジェクトの例としては、認証目的に使用されるユーザー エントリなどがあります。

特定の月で上記のクォータを超過した場合は、クォータ超過分の料金をお支払いいただきます。弊社はクォータを超過した月のお客様のアカウントを無効にする権利を保有していますが、その処置を実施する前に、複数回電子メールでお客様にご連絡いたします。この他にも、料金の滞納などの理由により、お客様のアカウントを無効にさせていただく場合があります。詳細については、法的情報ページで公開されている、Azure Platform のオンライン サービスの使用権をご確認ください。

サービス レベル アグリーメント

Microsoft は、充実したサービス レベル アグリーメント (SLA) を提供しています。SLA の詳細については、SLA のページを参照してください。SLA は、プレビュー期間中のサービスには提供されません。

リソースに対する責任

サービス リソースの使用レベルを増やせるのは (実行するコンピューティング インスタンスの追加や、使用するストレージ量の増加など)、これらのサービス リソースが利用可能な場合に限られます。「使用量のクォータ」のセクションに記載されたクォータは、そのクォータに達するまで十分なリソースが提供されることを確約するものではありません。

このプランにおいて、料金が発生しておらず、90 日以上非アクティブ状態が続いているサブスクリプションについて、Microsoft は、ホストされるサービス、仮想マシン、Web サイトを含む任意のコンピューティング リソースを削除する権限を有しています。この場合、データは削除されず、いつでも再デプロイが可能です。また、コンピューティング リソースが削除される場合は、事前に通知されます。

90 日ごとに次のいずれかを実行すると、コンピューティング リソースは削除されません。

  1. Azure ポータルまたは新しい Microsoft Azure ポータルにログインする。
  2. ホストされるサービスに Azure API を使用してアクセスする。