IoT Edge の概要

クラウド インテリジェンスをエッジ デバイスに拡張

IoT ソリューションを次のレベルへ

Azure IoT Edge はクラウドの機能をエッジに拡張するサービスであり、クラウドとエッジによるハイブリッドなモノのインターネット (IoT) ソリューションを実現します。IoT Edge なら、コードとサービスのオーケストレーションが容易であるため、クラウドとエッジ間をコードとサービスが安全に移動でき、IoT デバイス全体にインテリジェンスを行き渡らせることができます。Microsoft Azure とサードパーティ サービスを簡単に統合したり、既存のサービスを強化したりして、自社のビジネス ロジックでカスタム IoT アプリケーションを作成できます。デバイスは生成するデータに基づいてローカルで動作させることができ、その一方で、クラウドのメリットを活用して安全かつ大きな規模で構成、デプロイ、管理することもできるため、両方の長所を活かせます。

人口知能と高度な分析をエッジで実現

IoT Edge を使用すれば、高度な分析や機械学習、人工知能をクラウドに構築し、物理デバイスにデプロイできます。Azure とサードパーティ サービスのエコシステムが、エッジ デバイスでの新しい IoT アプリケーションの実現をお手伝いします。Azure Stream Analytics、Microsoft Cognitive Services、Azure Machine Learning を活用して、より少ない時間と労力でより高度な IoT ソリューションを作成しましょう。

IoT ソリューションのコストを削減

データをローカルで処理するようにエッジ デバイスをプログラミングして、どの IoT データをキャプチャしてクラウドに送信するかを決めます。その後、必要なデータだけを送信し、クラウドに保存して分析できます。デバイスからクラウドに送信するデータの量を削減することで、帯域幅のコストや、他のビジネス アプリケーションでのデータの保存と分析にかかるコストを削減できますが、それでも洞察の強化からメリットを得られます。

開発を簡略化

高度な IoT ソリューションの開発にかかる労力は、すでにある技術やリソースを活用して軽減できます。Visual Studio などの使い慣れたプログラミング ツールや、C、Node.js、Java、Microsoft .NET、Python といった複数のプログラミング言語を使用して、IoT ソリューションの最適化と監視が可能です。また必要に応じて、修正を適用することもできます。さらに、クラウドで使用しているものと同じプログラミング モデルで IoT アプリケーションを作成し、テストしてから、エッジ デバイスに配信することができます。

オフラインや断続的な接続時でも動作

IoT Edge なら、オフラインの場合や断続的にしかクラウドに接続できない場合でも、エッジ デバイスを確実かつ安全に動作させることができます。再度接続されると、進行中の接続に関係なく、最新の状態に自動で同期され、引き続きシームレスに機能します。

関連製品およびサービス

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニング、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニング

Cloud Services

高可用性と無限の拡張性を備えたクラウド アプリケーションと API を作成

革新に改革を

GitHub で今すぐ開始