Workday から Azure AD への受信ユーザー プロビジョニングが利用可能になりました

2019年1月23日 に投稿済み

Workday 内に存在する豊富な従業員 ID と組織データを安全に活用し、Active Directory および Azure AD への受信ユーザー プロビジョニングを自動化します。フラット ファイルやカスタム スクリプトを使用して従業員データを同期するという伝統的な手法は不要です。Workday を "レコードのシステム" として使用して、Joiner-Mover-Leaver シナリオ全体を対象とするエンド ツー エンドの ID ライフサイクル管理を実装します。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Azure Active Directory
  • Features
  • Security