ナビゲーションをスキップする
提供中

一般提供:Azure Site Recovery を使用した VMware マシンのディザスター リカバリーの簡略化

公開日: 10月 08, 2022

本日、Azure Site Recovery を使用して VMware 仮想マシンを保護し、災害から迅速に回復するための、よりシンプルで信頼性の高い最新の方法の一般提供を正式に発表します。現在、次の機能強化が提供されています。

ステートレス ASR レプリケーション アプライアンス

構成サーバーとそのオンプレミス コンポーネントは、ステートレス ASR レプリケーション アプライアンスに変換されました。これにより、マスター ターゲット サーバーやプロセス サーバーを設定することなく、任意のアプライアンスを選択できるようになり、検出やフェールバックのプロセスが簡素化されました。

ASR レプリケーション アプライアンスとモビリティ エージェントの自動アップグレード

従来のアーキテクチャでは、さまざまな構成サーバー コンポーネントやモビリティ サービスを手動で更新することが大きな問題でした。 簡素化を目的として、Microsoft は自動アップグレードをサポートするようになりました。更新プログラムが届き次第、すべてのアプライアンス コンポーネントとモビリティ サービスが自動的に更新されるようになりました。また、それも営業時間外に行われます。

さらに、自動アップグレードの場合、マシンのルート/管理者の資格情報は不要になり、初期インストールにのみ必要になります。

簡単な管理のスケーリング

アプライアンスは単一の管理単位となり、すべてのコンポーネントは Azure 上でホストされるマイクロサービスに変換されました。これにより、トラブルシューティングが簡単になるだけでなく、スケーリング管理もよりスムーズに行えるようになります。アプライアンスをスケールアウトするには、別のアプライアンスと voila を設定するだけで済みます。

アプライアンスの高可用性

アプライアンスの回復性についても多くの質問が寄せられていますが、こちらもカバーされています。モダン化されたアーキテクチャでは、アプライアンスの定期的なバックアップを取る必要がありません。別のアプライアンスを立ち上げて、すべてのマシンを新しいアプライアンスに切り替えるだけです。レプリケートされたアイテムは、完全なレプリケーションを再度行うことなく、新しいアプライアンスに切り替えられます。

モダン化されたアーキテクチャについての詳細を確認し、今すぐモダン化されたエクスペリエンスに移行しましょう。

  • Azure Site Recovery
  • Features
  • Management
  • Microsoft Ignite