提供中

Azure DevOps — 割り当てベースの課金とその他の新機能

公開日: 10月 01, 2019

Azure DevOps の最新の更新プログラムでは、ユーザー割り当てベースでの課金を導入しました。この機能では、Basic または Basic + Test Plan ライセンスの数が、ユーザーの追加または削除時に変更されます。つまり、お客様が使用しているライセンスに対してのみ支払いが発生することになります。また、新しい設定も追加され、新規ユーザーに Basic へのフル アクセス権を与えるか、制限付きで無料の利害関係者アクセスを与えるかを選択することができます。

さらに、月単位での課金から日単位での課金に変更しました。これは、ユーザーに数週間、または数日間有効の有料アクセス権を付与した場合は、1 か月分支払うのではなく、有料のアクセス権が割り当てられた期間に対してのみ支払いが発生します。

詳細については、新機能の一覧をご覧ください。

全般:

Azure Boards:

Azure Repos:

Azure Pipelines:

Azure Test Plans:

レポート:

Wiki:

 

  • Azure DevOps
  • Features

関連製品