提供中

Azure Sphere の更新プログラム 19.10 の提供を開始

公開日: 11月 07, 2019

Azure Sphere パブリック プレビュー バージョン 19.10 の提供が Retail フィードで開始されました。19.10 リリースには、OS の品質リリースと、大幅な機能強化を含む新しい Azure Sphere SDK が含まれています。

新しいユーザー サインインおよび認証モデル: 19.10 SDK では、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) に対応する新しいユーザー認証モデルがサポートされています。RBAC では、Microsoft アカウントまたは職場/学校アカウントを使用したサインインをサポートし、組織が個々のユーザーに特定のロールを割り当てることができるため、認証を簡単かつより柔軟に行うことができます。Azure Sphere を既に使用している場合は、新しい RBAC モデルへの 1 回限りの移行を実行する必要があります。組織に属している場合は、他の Azure Sphere ユーザーに対して不要な中断が発生しないように、移行を慎重に計画する必要があります。  詳細については、Azure Sphere 19.10 SDK に関するオンライン ドキュメントの「About migration (移行について)」をご覧ください。

クラウドでの Azure Sphere デバイスへのアプリの読み込みを大幅に簡素化: 新しいクラウド管理モデルにより、デプロイの作成とデバイスの整理が簡単になります。製品デバイス グループデプロイを作成するだけです。  アプリケーションの SKU、フィード、イメージ セットを設定する必要もなくなります。 新しいクラウド管理モデルの詳細については、「デプロイの基本」をご覧ください。

既定で CMake を使用: 既定では、Azure Sphere アプリは CMake を使用してビルドされるようになりました。CMake は、高レベルのアプリおよびリアルタイム対応アプリの開発や、Visual Studio またはコマンド ラインでの開発など、すべての開発に使用できるクロスプラットフォームのビルド システムです。Azure Sphere サンプル アプリケーションも、CMake を使用するようにすべて更新されました。SDK では (msbuild および vcxproj に基づく) 既存のプロジェクトが引き続きサポートされますが、これらは今後のリリースではサポートされなくなります。  この変更 (既定で CMake を使用) は、Azure Sphere SDK for Linux および Visual Studio Code 用 Azure Sphere 拡張機能の今後のプレビュー リリースに向けた準備です。

SDK for Visual Studio を Visual Studio 2019 に最適化: CMake のサポートが大幅に強化され、他の機能強化も行われています。Visual Studio 2017 は、SDK の今後のリリースではサポートされなくなります。Visual Studio 2019 にアップグレードすることをすべてのユーザーにお勧めします。

詳細については、「What's new (新機能)」をご覧ください。

Azure Sphere では、Retail Azure Sphere OSRetail Evaluation Azure Sphere OS の 2 つのクラウド更新フィードが管理されています。Retail フィードは実稼働可能な OS を提供し、エンドユーザーのインストールへの広範なデプロイを目的としています。新しい各 OS は、Retail Evaluation フィードで 14 日間提供され、その後 Retail フィードにリリースされます。これは下位互換性テストを目的としています。

各種ドキュメントおよび Azure Sphere の使用を開始する方法の詳細については、Azure Sphere の Web サイトをご覧ください。Azure Sphere の開始について Microsoft の担当者に相談する場合は、こちらからご連絡ください。

  • Azure Sphere
  • Operating System
  • SDK and Tools

関連製品