1.0 をブロックするように修正された TLS 構成

更新: 4月 25, 2019

Microsoft は先ごろ、Azure App Service および Azure Functions のアプリすべてが TLS 構成を更新できるようになったことを発表しました。しかし、展開後に、SNI-SSL に関連する、あるエッジ ケースのシナリオが特定されました。このシナリオでは、SSL Labs などの SSL 分析ツールに、上位バージョンが選択されているにもかかわらず、TLS 1.0 がまだ受け入れられていると表示されます。

SSI-SSL に関するこの問題を解決する展開が完了しました。下位バージョンの TLS (主に TLS 1.0) がブロックされることがレポート ツールによって正しく表示されるはずです。

この更新プログラムの詳細とアプリへの TLS 構成の適用方法については、チーム ブログを参照してください。

  • App Service
  • Azure Functions
  • Compliance