開発中

アプリケーションおよびサービスに対するマネージド ID (MI) のサポートが現在開発中

公開日: 3月 29, 2019

Azure Resource Model (ARM) を介してデプロイされたアプリケーションとサービスは、それぞれ独自の Azure マネージド ID を持ちます (https://docs.microsoft.com/azure/active-directory/managed-identities-azure-resources/overview を参照)。これにより、シークレットを Azure Key Vault から簡単に取得でき、お互いのシークレットにアクセスしなくてもマルチテナント アプリケーションを同じクラスターで同時に実行できます。

Azure Service Fabric の詳細をご確認ください。

  • Service Fabric
  • Features

関連製品