提供中

Azure SQL Database - マネージド インスタンスに対するサブネット委任の適用

公開日: 4月 01, 2020

Azure SQL Database マネージド インスタンスの委任されていないサブネットへのデプロイは、2020 年 5 月 1 日に終了する予定です。 その日以降、マネージド インスタンスは、Microsoft sql\managedInstance リソース プロバイダーに対して委任されたサブネットにのみデプロイできるようになります。

マネージド インスタンスのサブネットでサブネットの委任を有効にする方法についてご確認ください

空のサブネットへのマネージド インスタンスのデプロイ

  • Azure portal を使用してマネージド インスタンスをデプロイしている場合は、既にすべてが設定済みになっています。
  • PowerShell を使用してマネージド インスタンスをデプロイしている場合は、こちらのサンプルを確認してお客様のスクリプトのカスタマイズにお役立てください。
  • ARM テンプレートを使用する場合は、こちらの記事をお読みください。

マネージド インスタンスが既に含まれているサブネットへのデプロイ

マネージド インスタンスが既に含まれているサブネットを Microsoft.Sql\managedInstance リソース プロバイダーに委任するには、こちらの手順を行ってください。

2020 年 7 月 1 日より、マネージド インスタンスを含んでいるその他のすべてのサブネットは、自動的にマネージド インスタンス リソース プロバイダーに委任されます。

  • Azure SQL Database
  • Management
  • Retirements