提供中

Azure Service Map でデータが専用のデータ型で格納されるようになりました

Published date: 12月 17, 2019

Service Map では、コンピューター関連およびプロセス関連のデータが専用のデータ型で格納されるようになったため、簡単にクエリを実行できるだけでなく、データ インジェストをすばやく提供することができます。

今後数か月の間、ServiceMapComputer_CL および ServiceMapProcess_CL テーブルを使用して新しい VMComputer および VMProcess テーブルを使用できるようにしているワークフローの移行をサポートするために、Microsoft は古いテーブルにデータを送信します。この間、古いカスタム ログ テーブルに格納されているデータは無料になります。

詳細およびサンプルのクエリについては、ドキュメントをご覧ください。

  • Azure Monitor
  • Virtual Machines
  • Virtual Machine Scale Sets
  • Cloud Services
  • Service Fabric
  • Features