Azure Service Fabric アプリケーションのマネージド ID のパブリック プレビュー

2019年8月13日 に投稿済み

Azure Service Fabric アプリケーションで、ユーザー割り当てのマネージド ID とシステム割り当てのマネージド ID がサポートされるようになりました。これにより、サービス プリンシパルの資格情報の管理を必要とせずに、Azure AD 認証をサポートする他の Azure リソース (Key Vault など) へのアクセスが可能になります。

Azure Service Fabric のマネージド サービス ID の詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

  • Service Fabric
  • Features
  • SDK and Tools
  • Services
  • Security