ナビゲーションをスキップする
プレビュー

パブリック プレビュー:アラート、Pacemaker クラスター (RHEL OS)、SAP HANA のデータ サイズ

公開日: 7月 19, 2021

SAP on Azure の利用者は、Azure Monitor for SAP Solutions (AMS) で次の新機能を使用できるようになりました。

  • Azure portal を使って数回のクリックで、SAP アプリケーション、SAP HANA、Microsoft SQL Server、高可用性 (Pacemaker) クラスターに対して、あらかじめ定義されているアラートのリストからしきい値に基づくアラートを設定する。 
  • RHEL OS での高可用性 (Pacemaker) クラスターを監視する。クラスターの正常性、ノードの正常性、リソースの正常性、場所の制約などを表示する。RHEL バージョン 8.4 と 8.2 がサポート対象。 
  • SAP HANA の "データ サイズ" に関連する追加のテレメトリを表示する。 データベースの増大量やメモリの増大量を表示し、VM の制限に達するまでの日数を確認する。最大のテーブルの増大量やファイル システムの使用率などを表示することで、増大の潜在的な原因をさらに確認できる。

上記のすべての機能は、現在パブリック プレビューとしてご利用になれます。これらは、以下のリージョンでご利用になれます: 米国東部、米国東部 2、米国西部 2、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ。AMS は無料の製品です (ライセンス料は設定されていません)。お客様は使用料金を支払う必要があります。

詳細については、AMS のドキュメントをご覧ください。

  • Features