提供中

Power BI アプリケーションの TLS バージョンを TLS 1.2 にアップグレードする

公開日: 3月 10, 2020

Power BI でのトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.0 と 1.1 のサポートが 2020 年 6 月で終了します。それまでに Power BI アプリケーションの TLS バージョンを TLS 1.2 にアップグレードしてください。 

TLS とは

トランスポート層セキュリティ (TLS) は、インターネットでやり取りされる情報のプライバシーを保護するために設計された業界標準のプロトコルです。TLS は、HTTPS および TCP で通信する Web ブラウザーやアプリケーションの多くで使用されています。 

.NET アプリケーションを使用している場合に TLS バージョンをアップグレードする方法

  • アプリケーションが .NET Framework 4.6 以上で実行されている場合は、既定の構成を変更していない限り、その構成が引き続き機能します。
  • アプリケーションが 4.6 より前の .NET Framework で実行されている場合は、このコード行を使用して、アプリケーションの起動時にプログラムでプロトコルを有効にできます。 
    System.Net.ServicePointManager .SecurityProtocol |= SecurityProtocolType.Tls11 | SecurityProtocolType.Tls12; 

Power BI API SDK では、バージョン 2.1.0 以降で .NET Standard 2.0 がサポートされます。これにより、TLS バージョン 1.2 のサポートが追加されます。最新の SDK バージョンをダウンロードしてください。 

PowerShell を使用している場合に TLS バージョンをアップグレードする方法

[System.Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [System.Net.SecurityProtocolType]::Tls12  

その他のほとんどの言語では、シンプルな構成エントリでアップグレードすることができます。 ベンダーに確認してください。

詳細をご覧ください

  • Power BI Embedded
  • SDK and Tools
  • Security

関連製品