ナビゲーションをスキップする
提供中

容量に対するワークスペースの割り当てをトラッキングする Power BI Embedded 状態 API

公開日: 1月 17, 2019

Power BI Embedded の状態 API を使うと、容量に対するワークスペースの現在の割り当て状態 (例: CompletedSuccessfully) を確認できます。状態 API の確認は、以下のような場合に便利です。

  • 複数地域のコンプライアンス:新しいワークスペースをホーム テナント以外のリージョンの容量に割り当てる場合、ワークスペース内のすべてのデータを移動すると時間がかかることがあります。この API を呼び出すと、この操作の状態を確認することができます。
  • "ダウンタイムなし" での容量の拡大と縮小:先月公開したスクリプトを使用する場合、ワークスペースが別の容量に移動中であるかどうかを確認できると、スケールアップ、スケールダウン、一時停止中にコンテンツを利用できるようにする際に役立つことがあります。
  • Power BI Embedded
  • Features

関連製品