提供中

Durable Functions の新しいバージョンの提供を開始

更新: 11月 05, 2019

サーバーレス環境でステートフル関数とワークフロー オーケストレーションを可能にする Azure Functions ランタイムの拡張機能である、Durable Functions のバージョン 2.0 の一般提供を発表します。この最新のメジャー リリースには、C# と JavaScript の両方をサポートする次の機能が含まれています。

  • 持続エンティティにより、同時実行性の高いステートフルなサーバーレス アプリケーションを構築できる、アクターのようなプログラミング モデルが Azure Functions で実現されます。
  • Durable Functions のオーケストレーションでは、HTTP 要求を行い、その結果を返す別のアクティビティ関数を呼び出すのが一般的です。オーケストレーターでは、オーケストレーション トリガー バインドを使用して、HTTP API をネイティブに使用できるようになりました。

ドキュメントで詳細を確認する

  • Azure Functions
  • Features
  • Services
  • Microsoft Ignite

Related Products