ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure IoT デバイス シミュレーションの新しい更新プログラム

公開日: 12月 04, 2018

デバイス シミュレーションを使用すると、実物と同様な外観を持ち、同様に動作するシミュレートされたデバイスの構築が容易になります。デバイス シミュレーションを使用して、シミュレートされたデバイスのデータを収集、処理、分析、および操作することで、ほぼエンド ツー エンドで対象のソリューションをテストできます。シミュレートされたデバイスによって収集中のデータを、対象のソリューションでどの程度適切に処理、管理、および表示できるかを評価します。

  • データが実際のものであるかどうかが重要ではなく、システム内のデータの流れの確認のみが必要な場合、サンプル デバイスとサンプル シミュレーションを使用して直ちに実行を開始できます。
  • シミュレートされたデバイスの動作をその場で調整することで、すぐにプロトタイプを起動して実行し、驚くべきスピードで反復処理を行うことができます。高価なハードウェアに投資を行う前に、アイデアの有効性を実証できます。プロトタイプ デバイスを生成する UI を使用して、カスタム デバイスが数秒で作成されます。
  • 実際のデバイスの動作をシミュレートすることで、ソリューションが期待どおりに機能することを検証します。JavaScript を使用してデバイスの複雑な動作をスクリプト化し、できる限り最も正確な、シミュレートされたデバイスのテレメトリが確保されます。
  • 通常時、ピーク時、およびピーク時を超える負荷条件をシミュレートすることによって、対象ソリューションへの信頼を深めることができます。
  • ユーザー固有のニーズを満たすようにオープン ソース コードを変更することで、デバイスのシミュレーションをカスタマイズします。

詳細情報

  • IoT Hub Device Provisioning Service
  • Features
  • Services
  • Microsoft Connect