提供中

Power BI Embedded で新しいフィルター エクスペリエンスが利用可能に

更新: 8月 14, 2019

フィルターに、新しい機能と新しいデザインが追加されました。新しいフィルター エクスペリエンスを利用するとき、レポートの他の部分に合わせて [フィルター] ウィンドウを書式設定できます。フィルターをロックしたり、非表示にしたりすることも可能です。 JavaScript SDK – Filters API を使用して、高度なフィルター ウィンドウ機能を定義します。

レポートをデザインするとき、[視覚化] ウィンドウに以前の [フィルター] ウィンドウは表示されなくなりました。フィルターの編集と書式設定のすべての操作を、1 つの [フィルター] ウィンドウで行います。

新しいフィルター エクスペリエンス

レポート デザイナーが、新しい 1 つの [フィルター] ウィンドウで実行できる操作を次に示します。

  • フィルターを適用するフィールドを追加および削除する。
  • フィルターの状態を変更する。
  • レポートの一部として調和するように [フィルター] ウィンドウを書式設定およびカスタマイズする。
  • コンシューマーがレポートを開くときに、[フィルター] ウィンドウは既定で開いているのか、折りたたまれているのかを定義する。
  • [フィルター] ウィンドウ全体、またはレポートのコンシューマーに表示させたくない特定のフィルターを非表示にする。
  • 新しい [フィルター] ウィンドウの表示、開く、折りたたむなどの状態を制御およびブックマークする。
  • コンシューマーに編集させたくないフィルターをロックする。

新しいフィルター エクスペリエンスにより、レポートのコンシューマーがビジュアルをポイントして、そのビジュアルに影響を及ぼすフィルターまたはスライサーの一覧を読み取り専用で表示することもできます。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Power BI Embedded
  • Features

Related Products