Managed Service Identity support for App Service and Azure Functions

2017年9月14日

Azure App Service and Azure Functions now support creating and using system-managed identities to work with other Azure resources. This allows apps to easily integrate with services such as Azure Key Vault, without requiring any service principal management from the app or development team.

 

To learn more about Managed Service Identity, see the announcement in the Azure blog.

 

To learn more about working with Managed Service Identity in App Service, see our documentation.

無料アカウント

$200 の Azure クレジットを取得して、人気のサービスを 12 か月無料でご利用ください。

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報