低優先度 VM のサポートは現在開発中です

2019年3月29日 に投稿済み

長時間実行されているサービスに対しては、クラスターからいつでも削除できる低優先度 VMSS は使用するべきではありません。しかし、バッチ コンピューティング、存続時間の短いアプリケーションのように、お使いのアプリケーションが、コストを優先させて直ちに削除される VM で処理を継続できる状況があります。このような場合は、オプションとして、低優先度 VM を持つ別のノード タイプを使用できます。

Azure Service Fabric の詳細をご確認ください。

  • Service Fabric
  • Features