ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure Monitor Logs ワークスペースでの削除と回復のエクスペリエンスの改善

公開日: 5月 22, 2020

ワークスペースの削除

必要に応じてワークスペースを回復できるように、ワークスペースの論理的な削除機能を追加しました。このような状況では、ワークスペースが 論理的な削除状態になり、データおよび接続されているエージェントを含め、14 日以内の回復が可能になります。また、論理的な削除の動作を上書きして、ワークスペースを完全に削除することもできます。 

Microsoft は、ユーザーがそのコンテンツを認識していない場合、ワークスペースが誤って削除される可能性があることを認識しています。そのため、インストールされているソリューションの数と、データ型ごとに過去 7 日間の日々取り込まれたボリュームを示すワークスペースに関するコンテキストを Azure portal に追加しました。

画像

ワークスペースの回復

これまでは、REST 要求または PowerShell を使用して、論理的な削除期間中にお使いのワークスペースを回復することができました。Azure portal に新しい回復エクスペリエンスが追加されました。これにより、論理的な削除状態のワークスペースがすべて表示されるようになり、簡単に回復することができます。 詳細情報

画像

 

  • Azure Monitor
  • Log Analytics
  • Features
  • Services

関連製品